【徹底比較】おすすめの無料ニュースアプリとは?人気の4種類をピックアップ

【徹底比較】おすすめの無料ニュースアプリとは?人気の4種類をピックアップ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/8/22 09:56
関連するアプリ一覧ページ: ニュース ニュースキュレーション

    目次

  1. 早速比較! それぞれの特徴を一覧化!
  2. 各アプリが対応している主要ジャンル
  3. アプリを乗り換えるコツ~秘訣はメモにあり?~
  4. 併用して弱点を補おう

ニュースアプリは多数リリースされています。多すぎて、どのアプリを使っていいかわからない方も多いのではないでしょうか? 今回は『スマートニュース』『グノシー』『Yahoo!ニュース』『ニュースパス』を筆者が使い分け、それぞれの特徴を比較するとともに使い分けや切り替えのためのポイントをまとめてみたいと思います。

早速比較! それぞれの特徴を一覧化!

今回比較する4アプリはそれぞれ特徴を持っています。これらの特徴を元に「操作性」「付加機能」「ニュースジャンルの手広さ」「動作の軽さ」「カスタマイズ性」5項目を比較して一覧表を作成いたしましたので、まずはご確認ください。

それぞれに特徴があることがわかりますね。以下ではおすすめの使用スタイルを上げながらより詳細な特徴をご紹介します。

地下鉄をよく利用する方にはオフラインで記事が読める『スマートニュース』がおすすめ

『スマートニュース』はオフライン状態(圏外や機内モードなどのデータ通信ができない状態)でも記事が読めるというのが最大の特徴です。日に4回のニュース配信を受信しておけば、通信が切れても記事本文は閲覧できるのです。

(記事中の画像は表示されません)

地下鉄のように通信タイミングが限られる方の他、通勤電車内で圏外になってネットができなくなることが多い方、飛行機での移動が多い方にもおすすめできます。

サクサクニュースを確認したい方には動作の軽い『グノシー』がおすすめ

『グノシー』は非常に軽快な操作を実現しています。その軽さは他のアプリと比較すると実感できるレベルで、本記事を書こうとした際少し驚きました。スマートフォンは様々な機能・アプリが並行して動作し、かつメモリなどの性能がギリギリになっているため、軽いか重いかは他の機能・アプリにまで影響を与えてしまいます。『グノシー』はこの点で優秀で、アプリ自体の軽さももちろん、他のアプリを止めてしまうような影響がかなり少なくなるよう作られています

(バックグラウンドでゲームアプリが動いているが、どちらの動作にも支障は出ていまない)何かのついでにニュースをチェックする、ぱっと動かしてさっとニュースをチェックしてまた別の作業に移るという方におすすめできます。

付加機能を重視したい方にはYahoo!の機能が使え防災情報まで網羅する『Yahoo!ニュース』がおすすめ

『Yahoo!ニュース』は大手ポータルサイトYahoo!との連携や防災情報の通知機能が搭載されています。デフォルトで設定した地域を中心とした道路情報・鉄道運行情報が確認できる他、アプリ内にwebブラウザ機能が搭載されており、Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方はワンタッチで様々な付加機能にアクセスできます。更に「地震情報」や「豪雨予報」といった防災情報の通知機能も搭載されているため、本当に多機能なアプリとなっています。

(交通情報はYahoo! JAPAN IDがなくても利用できます)

多少重くて複雑な操作が必要でもすべてをカバーするニュースアプリが欲しくて、Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方におすすめできるアプリです。

自分だけのニュース一覧を多用したい方にはフォロー機能でタブを管理できる『ニュースパス』がおすすめ

『ニュースパス』には高性能なタブ編集機能「フォロー」があります。ジャンルやカテゴリに特化したタブを複数追加し切り替えて貴方好みのニュースを閲覧しやすくする機能です。同種の機能は他のアプリにも大なり小なりついていますが、『ニュースパス』のフォロー機能が優れている点は、フォローしたタブのみを表示する「フォロー」画面が存在していることです。他のアプリでは通常画面と共用であるがためにタブの配置や操作に少なからず影響が出ているのですが、『ニュースパス』では「フォロー」画面に切り替えてさえしまえばその煩わしさから開放されます。

自分の見たいニュースだけを次々見たい方におすすめできるアプリです。

各アプリが対応している主要ジャンル

好みの話題を手軽に深掘りできるのがニュースアプリの特徴です。しかし、ニュース配信されたものしか読めない都合上、深掘りするにはそのジャンルにニュースアプリが対応している必要性があります。

そのため、あなたの好みな話題がニッチな場合、そのジャンルに対応しているかどうかはニュースアプリを選ぶ上で一番重要な点となります。

ここでは各アプリの対応ジャンルを出来る限り調べ、リストアップしました。設定を行わなければ独立表示させられないものも多数含まれているため、お好みのジャンルから利用するアプリを選んだ場合には導入後に設定する必要がある場合があることをご了承ください。

また、ニュースパスに関しては対応ジャンルが多岐にわたる上に細かなジャンル分けによるフォロータブ編集を前提にしたアプリであるため、筆者の調査方では主要ジャンルレベルでもリストアップができなかったため省略させていただかざるを得なくなりました。その分、対応ジャンルはここに挙げられないほどに多岐にわたっています。

スマートニュース:ゲーム・アニメ・マンガ・テレビ・アイドル・野球・サッカー・競馬・バスケットボール・グルメ・トラベル・キャリア・ヘルスケア・ライフハッカー・美容・恋愛・ファッション・政治・経済・ビジネス・国際・IT・映画・音楽・自動車・トレンド・テレビ・テクノロジー

グノシー:IT・経済・ビジネス・政治・社会・エンタメ・芸能・ファッション・科学・テクノロジー・スポーツ・旅行・インテリア・料理・グルメ・恋愛・美容・アニメ・ゲーム・おもしろ・おでかけ・国際・テクノロジー

Yahoo!ニュース:政治・社会・人・国際・中国・台湾・韓国・北朝鮮・アジア・オセアニア・北米・中南米・ヨーロッパ・中東・アフリカ・経済・市況・株式・産業・音楽・映画・ゲーム・アジア・韓流・スポーツ・野球・サッカー・モータースポーツ・競馬・ゴルフ・格闘技・IT・科学・ヘルス・環境・文化・アート・地域別ニュース

ニュースパス:多数過ぎてリストアップ不能。

グノシーが一歩後塵を拝する形となりましたが、各ニュースアプリともに主要ジャンルは網羅的に抑えており、必要十分なジャンル分けも行えることがわかります。そんな中でひときわ異彩を放つのがニュースパスです。ニュースパスのジャンル分けは基本的にピンポイントレベルの細かさとなっており、それらをフォロー画面で管理することでニュースを閲覧していくスタイルとなっているため、対応ジャンルのリストアップも難しい状態です。ニュースの深掘りに特に向いたアプリであることがわかります。

アプリを乗り換えるコツ~秘訣はメモにあり?~

今使っているアプリから別のアプリに乗り換えたいという方もいるかと思います。しかし、いざ乗り換えてみようとトライしてみると思ったよりも難しく感じることが多いですよね。

ここではニュースアプリを乗り換えるときのコツをご紹介します。

多用するタブ・機能の情報をメモしておく

ニュースアプリの乗り換えを考える方は多くの場合、ニュースアプリをそのままで使っているわけではなく、様々なカスタマイズを加えていると思います。使い倒したからこそ気になる点が生まれて乗り換えを考えるというわけですね。

ニュースアプリのカスタマイズといえばジャンルタブの追加です。これによって自分好みのニュースをフィルタリングして閲覧できるため、ニュースアプリを使う方は大抵タブをカスタマイズしています。このタブが新しいニュースアプリに存在しない場合、一気に使いづらく感じることになります。

また、これは何も追加タブに限ったことではありません。各ニュースアプリごとに初期設定で表示されているタブは異なるため、あるものと思っていたタブが新しいニュースアプリにはなくて目当てのニュースを探しにくくなる、と言うのもよくある話です。

そのため、乗り換えを考えた際には多用するタブをリストアップしてメモ書きしておくことをおすすめします。

こうすることで乗り換えた直後にタブのカスタマイズが可能となります。これだけで一気に新しいニュースアプリが使いやすくなることは間違いありません。

併用して弱点を補おう

以上で比較は終了となります。ここでは最後に筆者なりのアプリの使い方を記して終わりたいと思います。

基本的に各ニュースアプリには各ニュースアプリなりの利点欠点が存在しています。例えば多機能な『Yahoo!ニュース』は機能を活用するためにYahoo! JAPAN IDを所有していることが前提となりますし、『グノシー』は軽い代わりにカスタマイズ性に若干の難が感じられます。

これらの弱点を補う方法として、筆者は「各アプリを併用する」という手を利用しています。細かな情報は『ニュースパス』のフォロー機能を利用して集め、電車移動中には『スマートニュース』で圏外になっても安心してニュースを閲覧し、ゲームアプリと並行してニュースを読む際は『グノシー』の軽さを活かし、『Yahoo!ニュース』は通知をオンにすることでいざという時の災害情報を得られるよう待機しておく……。

1つのニュースアプリで不便を感じた際には、すぐに乗り換えるのではなくその「不便さ」をカバーできる別のニュースアプリをインストールして補ってみるという手段を取ったほうが複数のニュースアプリの利点を存分に活かすことができます。

まずはぜひともニュースアプリを使ってみてください。それだけであなたのスマートフォンライフはぐっと便利になるはずです。

 

関連するアプリ一覧ページ: ニュース ニュースキュレーション

カテゴリ

最新アプリランキング

ストアに接続中...