ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニアのアイコン

アプリ「ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア」の魅力を紹介!

ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア

無料

更新日:2018/6/7

『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略

    目次

  1. 歴代のFFキャラが一同に会する!コマンドバトルで最強パーティーを使いこなそう
  2. プレイ動画もチェック
  3. 「ディシディア」の世界観で新たな冒険!オリジナルストーリーを堪能しよう!
  4. ゲームの流れ
  5. 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』の序盤攻略
  6. 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビュー

歴代のFFキャラが一同に会する!コマンドバトルで最強パーティーを使いこなそう

▲全キャラボイス付きの豪華仕様 | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲全キャラボイス付きの豪華仕様

どのキャラを編成するかはあなた次第!シリーズ初のRPGが登場!

『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』は、2017年2月よりスクウェア・エニックスより配信されているスマートフォン向けRPGゲームアプリです。 
2008年に発売された「ディシディア ファイナルファンタジー」を踏襲した世界観となっており、リリース以来、各タイトルでバトルをメインとしてきた「ディシディア」シリーズ初のRPG仕様となっています。 
プレイヤーは歴代のFFキャラで好きなパーティーを組み、育成とコマンドバトルを行いながら魔物たちを倒していくというFFシリーズファンには垂涎のストーリーを楽しむことができます。

プレイ動画もチェック

初代から零式まで!随時追加される新キャラたち!

▲主役からサブ、敵まで幅広く登場する | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲主役からサブ、敵まで幅広く登場する

本作に登場するキャラは、初代「ファイナルファンタジー」のウォーリアオブライトから、歴代の戦士たちが次々と登場しています。2018年9月現在でも、定期的なアップデートにより新キャラが追加されており、どのキャラでも育成・バトルすることが可能となっています。どのキャラクターを育成していくかはプレイヤー次第となっているので、属性や特徴を把握しながら最適なパーティーを組んでいきましょう。 
思い入れのあるキャラが必ず1人は登場するため、FFシリーズファンはぜひチェックしてみてください。

FFらしさ溢れるコマンドバトルに「ブレイブ攻撃」を組み込んだオリジナルターンバトル

▲ブレイブを奪って攻撃力を上げよう | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲ブレイブを奪って攻撃力を上げよう

『オペラオムニア』では、FFシリーズではお馴染みのターン制コマンドバトルを採用しています。ただし、ここに「ブレイブ攻撃」「HP攻撃」を使い分けるというオリジナルな要素を投入しており、今までのFFとは違う印象を与えます。 
「ブレイブ攻撃」では相手のブレイブポイントを奪い、自分の攻撃力として蓄積します。溜めたブレイブポイントは「HP攻撃」で消費され、その数値分だけ相手に攻撃することができます。 
敵のブレイブポイントを全て奪いつくすと「ブレイブブレイク」状態になり、一定の時間動きを制限したり、自陣キャラ全員に「ブレイクボーナス」としてブレイブポイントが分配されるなど、さまざまなメリットがあります。ただし敵の攻撃によりプレイヤーキャラ達も同様にブレイクされてしまうため、数値に注意してバトルに挑みましょう。

「ディシディア」の世界観で新たな冒険!オリジナルストーリーを堪能しよう!

▲魔物の進行により時空が崩壊する危機に陥った世界 | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲魔物の進行により時空が崩壊する危機に陥った世界

 

▲サポートキャラのモーグリと共に次元のひずみを塞ぐ旅が始まる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲サポートキャラのモーグリと共に次元のひずみを塞ぐ旅が始まる

物語は、本筋であるFFの世界とは異なる破壊神「スピリタス」庇護神「マーテリア」が治めるもう1つの世界を舞台にしています。そこで日夜戦いに明け暮れていた戦士たちに、クリスタルから与えられた憩いの場がありました。その憩いの場に突如として誕生した次元のひずみ、そこに押し寄せる魔物の軍勢…時空の崩壊を防ぐべく召喚されたモーグリは、世界を救うために「光の意思」を持つ戦士たちを探す旅に出ます。さまざまな場所で出会う「光の意思」を持った戦士たちとともに、魔物を倒し、世界を救うというのが本筋のストーリーとなっています。

ストーリーを進行しながら仲間を集めよう!

▲右下のキャラアイコンエリアを進めるとキャラ入手が可能 | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲右下のキャラアイコンエリアを進めるとキャラ入手が可能

 

▲メインマップ進行でも仲間が増える | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲メインマップ進行でも仲間が増える

コマンドバトルで使用するキャラたちは、主にメインストーリーを進行していくと入手することができます。章内のマップにキャラ入手の分岐が登場したらぜひチェックしてみましょう。 
チュートリアルから登場するキャラは「ウォーリアオブライト」「ビビ」「レム」の3人ですが、1章では「クラウド」「ティファ」「ホープ」など5人が、さらに2章では「ジタン」「ヴァン」など4人が登場するなど、どんどん獲得していきましょう。それぞれ使用する武器やアビリティが異なっているので、自分なりに使いやすいメンバーを育成してバトルに挑みましょう。

イベントで加入する新キャラも要チェック!

メインストーリー以外にも、定期的に開催されるイベントでさまざまなキャラを獲得することができます。ストーリー加入キャラよりも強力な場合が多いので、しっかりとチェックしましょう。 
新キャラは基本的にキャラ加入の特別イベントストーリーをクリアすることで入手可能ですが、もし手に入れ損ねても「断章追加」やストーリーに再登場する場合もあります。ただし「断章追加」の具体的な開催時期は未定となっており、狙ったキャラが登場するとも限らないので気長に待つ必要があります。そのためなるべくイベント開催時に獲得しておきましょう。

ゲームの流れ

▲ホーム画面。入手したキャラが5体まで登場する | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲ホーム画面。入手したキャラが5体まで登場する

ホーム画面では、各種メニューに進行することができる他、現在メインユニットとして設定しているキャラ3体+ランダムで2体のキャラが表示されます。編成ユニットは全部で10チーム組めるので、用途によっていろいろなチームを作ってみましょう。

▲右端のタブをタップすると各種メニューが表示される | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲右端のタブをタップすると各種メニューが表示される

 

▲クエストは章ごとに島が分かれている | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲クエストは章ごとに島が分かれている

ホーム画面から「クエスト」を選択すると、メインストーリーのマップが表示されます。章ごとに島が分かれており、赤枠で光っているマスが未進行エリアとなっています。赤枠のマスが複数表示されている場合はどこから進めても問題ありませんが、途中出現する「ゲート」では、一定の条件を満たさないとゲートが開かず先へ進めない仕様となっているので、ゲートに表示されている条件は必ずクリアしましょう。

「…」で表示されているマスは会話による進行、その他メインクエストやサイドクエストなど複数のマスがあるので、いろいろな場所へと進行してみましょう。なお本作では体力などの消費なくクエストを進行できるので、プレイヤーのスタイルに合わせてどんどん先へ進めることも可能となっています。

▲ストーリーパートではキャラ同士の会話も楽しめる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲ストーリーパートではキャラ同士の会話も楽しめる

会話パートでは、ストーリーの進行に合わせてさまざまなキャラが登場します。メインシリーズでは見られない、時空を超えたキャラ同士のさまざまな会話が見られるところも本作の魅力の1つです。

▲初回クリアでガチャに使えるジェムをゲット | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲初回クリアでガチャに使えるジェムをゲット

会話パート、バトルパートそれぞれに初回クリア報酬が設けられています。ここで獲得できる課金アイテムのジェムは、ガチャを回したり、装備枠やアーティファクト枠を拡大するなどさまざまな用途があるので、クエストを進行して積極的に回収しておきましょう。

▲準備画面ではミッションや敵情報を確認できる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲準備画面ではミッションや敵情報を確認できる

進むマスを決めると準備画面へと移ります。ここでは各ステージのミッション、スコア、登場する敵の情報が確認できます。特に敵情報では、相手の属性、攻撃タイプの相性、弱体効果、アビリティが確認できるので、しっかりとチェックしておきましょう。

▲バトルではブレイブ攻撃、HP攻撃、アビリティを駆使して戦う | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲バトルではブレイブ攻撃、HP攻撃、アビリティを駆使して戦う

 

▲ブレイブ攻撃で攻撃力を高めてHP攻撃 | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲ブレイブ攻撃で攻撃力を高めてHP攻撃

バトルでは、「ブレイブ攻撃」「HP攻撃」に加え、各キャラごとに異なった「アビリティ」を使用してバトルに挑みます。

基本的には「ブレイブ攻撃」で相手のブレイブポイントを奪い、「HP攻撃」で相手のHPを削っていくという流れです。先述した通り「ブレイブブレイク」状態にすると、敵のHPを削りやすいのでまずは集中的に1体ずつ仕留めていきましょう。

▲吹き飛ばしアイコンが出たらすかさずHP攻撃しよう | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲吹き飛ばしアイコンが出たらすかさずHP攻撃しよう

 

▲追撃で一気に技を叩き込む | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲追撃で一気に技を叩き込む

集中攻撃を行うと、「吹き飛ばし」や「追撃」を行うこともできます。どちらも通常攻撃にプラスしてダメージを与えることができるので、タイミングを見逃さないようにしましょう。

なお「追撃」では、制限時間以内に「ブレイブ攻撃」か「HP攻撃」を選択することができます。相手のメーター状況によって臨機応変に選択しましょう。

▲相手によって耐性や弱点が異なるので注意 | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲相手によって耐性や弱点が異なるので注意

 

▲弱点攻撃を行うと効果的にダメージを与えられる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲弱点攻撃を行うと効果的にダメージを与えられる

属性には「火」「氷」「雷」「水」「土」「風」「聖」「闇」の8種類があり、キャラのアビリティや敵に付帯されています。属性によって相性の良し悪しがあるので、アビリティを使って攻撃する際は注意しましょう。

また武器の種類も「短剣」から「ムチ」まで全11種類あり、こちらも耐性などの相性があるのでチェックしておきましょう。弱点による攻撃を行うと、より効果的に相手をブレイクさせたり、ダメージを与える効果が高まります。

▲スコアは敵を素早く倒したり、HPダメージを受けないほど高くなる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲スコアは敵を素早く倒したり、HPダメージを受けないほど高くなる

全ての敵を倒すとバトルが終了となり、そのステージのスコアとミッションの結果が表示されます。

目標スコアを超えたり、ミッションをクリアするとジェムを獲得できるので、なるべく条件達成を目指してステージクリアしていきましょう。

▲キャラ達に経験値が分配されるので育てたいキャラで戦おう | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲キャラ達に経験値が分配されるので育てたいキャラで戦おう

バトルで使用したチームには、経験値が分配されます。レベルが上がると新たなアビリティを習得したり、パラメーターをアップすることができるので、育てたいキャラがいる場合は積極的にバトルで利用しましょう。

『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』の序盤攻略

装備強化

▲装備は強化が可能 | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲装備は強化が可能

本作では装備品によって各キャラを強化することができます。キャラによって使える武器の種類が決まっており、武器によっては「相性マーク」と呼ばれるキャラアイコンが表示されています。相性マークの付いた装備は「相性装備」と呼ばれ、該当キャラに装備することでオーラを纏いパワーアップを図ることができます。

また「相性性能」と呼ばれる特定の能力を発揮するので、相性装備はなるべく相性キャラに装備するようにしましょう。

装備品は違う装備を素材にして強化することができます。素材として利用した装備品は消えてしまうので注意しましょう。使わなくなった武器を素材にしても良いですが、強化アイテムを使うとより効率的にレベルアップすることができます。

限界突破

▲同じ装備であれば限界突破できる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲同じ装備であれば限界突破できる

また同じ武器同士を強化すると限界突破することができます。限界突破すると上限レベルやCPを上げることができるので、ある程度武器を確保して余力が出てきたら挑戦してみましょう。なお星5の武器に関しては、「パワーピース」と呼ばれる特殊アイテムを利用しても限界突破できます。

パッシブ化

▲パッシブ化して相性性能を装備しよう | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲パッシブ化して相性性能を装備しよう

武器を3回限界突破+最大レベルまで育成すると、パッシブ化します。パッシブ化とは相性性能をパッシブとしてキャラ自体に装備させることで、該当する武器以外の武器を利用しても相性性能の恩恵を受けられます。パッシブ化すると武器のレアリティも上がるため、より強力な装備に育成したい場合は積極的にパッシブ化させていきましょう。

▲アビリティも変更できるので自分の使いやすい編成にしよう | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲アビリティも変更できるので自分の使いやすい編成にしよう

キャラクターにはそれぞれ自由に武器や防具、アビリティ、パッシブを装備させることができます。自分なりに使いやすい編成を自由に組み合わせて、キャラを育成してみましょう。

クリスタルやアーティファクトでキャラクター強化!

▲クリスタルはキャラごとに異なる色を使う | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲クリスタルはキャラごとに異なる色を使う

キャラのパラメーターをアップする際に、クリスタルを使用することができます。キャラごとに決まった色のクリスタルを使い、レベル上限の解放やHP、CP値のアップ、アビリティ能力の強化などが可能となっています。クリスタルはミッションや「サイクルクエスト」と呼ばれる曜日クエストで入手できるので、メインクエストを攻略しつつ時間のあるときにサイクルクエストで回収しておきましょう。

▲アーティファクトでもパッシブが獲得できる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲アーティファクトでもパッシブが獲得できる

装備と同じく、アーティファクトと呼ばれるアイテムを限界突破+レベルマックスにすることでパッシブを習得することができます。アーティファクトは基本的に防具扱いとなっていますが、一般の防具や強化アイテムでは強化できず、アーティファクト同士で強化する必要があるので注意しましょう。パッシブは最大5つまで習得できるので、こちらも併せてチェックしましょう。

召喚獣をセットしよう!

▲お馴染みの召喚獣も登場 | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲お馴染みの召喚獣も登場

ストーリーの進行とともに、召喚獣が解放されます。召喚獣は素材とギルを使用して契約を結ぶ必要があり、パーティーにつき1体編成することができます。

召喚獣はバトルにおいてゲージを溜めると使用することができ、敵を攻撃したり、ブレイブを回復したりとさまざまなスキルを備えているので、効果的に利用しましょう。

イベントと連動したガチャもチェック!

▲ストーリーガチャではイベントストーリーに関連した武器が出現率UPで排出される(画面は2018/9/10時点) | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲ストーリーガチャではイベントストーリーに関連した武器が出現率UPで排出される(画面は2018/9/10時点)

ガチャは基本的に武器を排出するのみで、キャラガチャはありません。武器ガチャはイベントストーリーに連動して、そのキャラ専用の星5武器の確率アップ、または特定のキャラの星5相性武器の確率アップなど定期的に入れ替えがあるので内容を確認して回しましょう。

ミッションとログインボーナスで各種アイテムを回収しよう

▲毎日欠かさずチェックしよう | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲毎日欠かさずチェックしよう

 

▲サポートアイテムやジェムをゲットできる | 『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビューと序盤攻略
▲サポートアイテムやジェムをゲットできる

ミッションやログインボーナスではさまざまなアイテムを獲得することができます。中でもサポートアイテムは、一定時間獲得経験値が2倍になるなどキャラ育成で大いに役立つアイテムとなっているので、回収してどんどん利用しましょう。

『ディシディアファイナルファンタジー オペラオムニア』のレビュー

ターン制コマンドバトルといういかにもFFらしい要素の中に、ブレイブ攻撃など「ディシディア」シリーズならではの要素も組み込まれており、どちらのファンでも楽しめる内容になっていました。歴代のキャラたちがいろいろな会話を繰り広げているところも新鮮で、FFで遊んだことがあればあるほどより楽しめると感じました。

装備の強化、アーティファクトやパッシブ化など、育成要素が豊富なので、ライトユーザーには少々分かりづらい部分もあるかもしれません。

 

総合評価 4.0

スペック・仕様

カテゴリ