Where's My Avocado? Draw linesのアイコン

アプリ「Where's My Avocado? Draw lines」の魅力を紹介!

Where's My Avocado? Draw lines

無料

更新日:2019/1/7

Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略

こちらの記事もおすすめ!

ニュースのヘッダー画像
2019/10/21 05:00

    目次

  1. 種を転がしてアボカドに戻す、可愛いドローイングパズル
  2. プレイ動画もチェック
  3. 暇つぶしや知育に使えるお絵かきゲーム
  4. ゲームの遊び方
  5. 序盤攻略のコツ
  6. コレクター心をくすぐるアバターたち
  7. 『Where's My Avocado? Draw lines』のレビュー

種を転がしてアボカドに戻す、可愛いドローイングパズル

▲画面内に線を描いて種を転がそう | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲画面内に線を描いて種を転がそう

ラインを描いて種と実を合体させるカジュアルゲーム

『Where's My Avocado?』は、アボカドの種を転がして本体と合体させるドローイングパズルです。画面内には、指で自由に線を書き込めます。書き込んだ線は、ゲーム内の重力に合わせて動くので、落下させた勢いで種を転がしてアボカドを完成させます。

落書き感覚でゲームに取り組めるので、年齢を問わずに脳トレとして楽しめる魅力があります。

プレイ動画もチェック

ルールが無いから年齢を問わず楽しめる

種転がしは、画面内にラインを書いて行います。自由に線を書き込めるので、落書き感覚で攻略に取り組めます。直観的にステージを進められ、小さな子供でも簡単に楽しめるのが特徴です。

また、線は何度でも書き込めるので、ちょっとした失敗も後からリカバーできます。画面内に線をいっぱいに書き込んでみるのも一興なので、クリア以外の遊び方をしてみてもいいでしょう。

ヒントやスキップ機能も搭載

ステージを進めていくと、トラップやワープなどのギミックも登場します。種を転がす場所が重要になるので、直感だけでは解けないステージも増えてきます。

そんな時は、ステージそのものを飛ばせるスキップ機能や、線の引き方を教えてくれるヒント機能を活用すると、ストレス無く攻略を進められます。

暇つぶしや知育に使えるお絵かきゲーム

▲線の書き方を教えてくれるから小さな子供でも遊べる | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲線の書き方を教えてくれるから小さな子供でも遊べる

序盤ステージでは、ドローイングのやり方を丁寧に教えてくれます。ヒント機能を使わずとも線の引き方を表示してくれるので、文字の読めない子供でも簡単に遊べます。

種を転がしてアボカドの実と合体させるだけのシンプルなルールなので、ちょっとした暇つぶしに最適です。

コレクター心をくすぐる種や背景アバター

ドローイングステージで稼いだコインは、種や背景アバターの購入に使えます。種アバターの中には犬やニワトリの姿もあり、コレクションしていく楽しみがあります。

背景アバターの場合は空の色が変化し、夕日や星空、宇宙などに美しく変化します。さらに、ドローイングに使うペンのタイプも複数用意されており、デザインを変化させながらステージを攻略できます。

放置で育てるアボカドの木

コンテンツの1つに、放置時間を利用してアボカドの木を育てるものがあります。育てた木からは、コインでは購入できないオリジナルの種アバターが手に入ります。

木は水をあげて放置しておくと2時間単位で育ちます。動画の視聴で育成時間の短縮もできるので、自分のペースで育ててアバターコレクションを増やせます。

ゲームの遊び方

▲タイトル画面、転がっている種を本体に戻そう | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲タイトル画面、転がっている種を本体に戻そう

「僕のアボカドはどこ?」というタイトル通り、頭と体が離れてしまったアボカドキャラクターが特徴です。種には可愛い顔が描かれており、実の部分とくっつくとアボカドが完成します。

実と種が頭と体に分かれているので、上手なドローイングで1つに合体させてあげましょう。

▲答えとなるドローイングラインが表示される、レベル1 | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲答えとなるドローイングラインが表示される、レベル1

序盤ステージはチュートリアルもかねており、ハンドアイコンとドローイングラインの両方が表示されます。

表示されている点線に沿ってラインを描くと、種が一直線にアボカドまで転がります。

▲線を書くと、浮かんでいた種が落下して転がり始める | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲線を書くと、浮かんでいた種が落下して転がり始める

画面上に1本でも線を書くと、固定されていた種が動きます。空中にいた場合は重力に合わせて落下するので、転がる先がアボカドになるようにラインを引きます。

種や線は、重力に合わせて動きます。空中に書いたものは落下し、直線は少しでも傾いている方向へ倒れます。

▲種とアボカドが合体したら、笑顔でクリア | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲種とアボカドが合体したら、笑顔でクリア

種がアボカドまで転がれば、1つに合体してクリアです。

新たなステージが開放されるので、「NEXT」をタップして次へ進みましょう。

▲序盤ステージは、何もしなくてもヒントラインが表示される | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲序盤ステージは、何もしなくてもヒントラインが表示される

ステージが進んでも、序盤のうちはドローイングラインが表示されます。ヒント機能を使わなくても楽に攻略できるので、ゲームシステムをしっかりと理解できます。

同じような手順が何度も説明されるので、小さな子供でも簡単にプレイできます。

▲後半ステージは自力で解いていこう | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲後半ステージは自力で解いていこう

ステージが進むと、ヒントであるドローイングラインは表示されなくなります。種の進行を妨害するギミックも登場するので、工夫してラインを書き込む必要があります。

ギミックの配置が難しくて攻略ポイントがつかめない場合は、右上のヒント機能を使って見ることをおすすめします。ヒントは短い動画視聴で開放され、序盤ステージと同様にドローイングラインが表示されます。

▲セレクトステージ、コインを使えばスキップも可能 | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲セレクトステージ、コインを使えばスキップも可能

ステージも50を越えると、さまざまなギミックが登場して攻略が難しくなります。どうしても解けないステージがある場合は、セレクト画面で「▶」をタップすれば、コインを消費してスキップさせることもできます。

難しいステージも、「ヒント」や「スキップ」機能を使うことで楽に攻略できるのが本作の魅力です。便利な機能を活用して、ぜひ全ステージクリアを目指してください。

序盤攻略のコツ

▲ステージ序盤は何もしなくてもヒントが表示される | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲ステージ序盤は何もしなくてもヒントが表示される

序盤ステージは最初からドローイングラインが表示されるので、ヒントの通りに線を書けば簡単にクリアできます。

画像のような四角い線が表示されている場合は、一気に形を作らないと線は下に落下してしまいます。▲や■といった図形は、一筆書きで完成させなければならないので、書き方を意識しながらドローイングしましょう。

▲レベル16の場合は、下の四角から書かないと種は落下してしまう | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲レベル16の場合は、下の四角から書かないと種は落下してしまう

また、線を書く順番を間違えると、種はアボカドとは別の場所に転がって行ってしまいます。隙間への落下はもちろん、進行方向と逆側に飛んで行っても、画面から消えてゲームオーバーとなります。

複数の線を書く場合は順序も重要なので、手順も考えてからドローイングを始めましょう。

序盤ギミックを紹介

種がはじけるビリビリライン

▲赤い線にぶつかると種がはじけて消えてしまう | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲赤い線にぶつかると種がはじけて消えてしまう

1つ目は、種を弾けさせてしまう赤いビリビリラインです。画像では直線に見えますが、実際のゲーム画面では電磁波のようにビリビリとして見えます。赤いラインに触れてしまうと、種だけが消えてゲームオーバーになります。

この場面では、左下にある黄色と黒のT字型のギミックに注目します。ギミックは赤いラインとリンクしているので、種をぶつけて邪魔なトラップを排除します。

▲遠くに転がるようにジャンプ台を書いて攻略してみる | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲遠くに転がるようにジャンプ台を書いて攻略してみる

種がT字ギミックにぶつかることで、ビリビリラインが消えました。下に落ちた種は平らな地面で止まってしまうので、アボカドの方へ移動するように新たなラインを引きます。

種が右に転がれば、アボカドと合体してクリアです。

ワープギミック

▲画面の渦巻きがワープギミック | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲画面の渦巻きがワープギミック

画面に登場している渦巻きが、ワープギミックです。同じ色同士が繋がっており、種がぶつかるともう一方の出口へと移動させられます。

ステージによっては複数のワープが登場することがあるので、色の違いからワープ場所を特定します。

▲全ての星を取れるようにラインを引く | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲全ての星を取れるようにラインを引く

ステージ31はシンプルなワープギミックなので、画面内の星を全て集められるようにラインを引きます。ワープの出口は上に設置されているので、出た後のラインを先に書いておきます。

▲種を転がしてワープゾーンに突入 | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲種を転がしてワープゾーンに突入

斜めラインを種にぶつけて転がすと、ワープゾーンに入って姿を消します。この後は、もう一方のワープから登場し、星を取りながらアボカドと合体してクリアとなります。

ステージを進めていくと、ワープやビリビリラインなどのギミックが同時に登場するようになります。少しずつ難易度が上がっていくので、それぞれのギミック内容をしっかりと把握しながら攻略してください。

コレクター心をくすぐるアバターたち

▲デザインの違いが面白い種アバター | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲デザインの違いが面白い種アバター

ステージ攻略などで集めたコインは、ヒントやスキップの他に、アバター購入にも使えます。アバターは種だけでも複数用意されているので、コレクションを埋めていく楽しみがあります。

開放できるアバターは、【ペン・種・背景】と3種類用意されているので、好きなものから購入してください。

▲デザインの変化を確認しながら購入を検討できる | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲デザインの変化を確認しながら購入を検討できる

 

▲カラフルなペンは、色も太さもさまざま | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲カラフルなペンは、色も太さもさまざま

アバターは複数用意されているので、見ているだけでも楽しくなります。集めたコインの使い道に悩んだら、アバターコレクションに使ってみるといいでしょう。

アボカドの木を育てよう

▲最初の苗は40コインで購入 | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲最初の苗は40コインで購入

「GROWING」では、アボカドの木を育てて新たな種アバターを手に入れられます。育成では、コインで購入できるものとは違ったデザインの種アバターが登場します。

コレクション一覧にも表示されていないシークレットアバターなので、デザインを楽しみにアボカドの木を育ててください。

▲2時間の放置と水遣りを交互に繰り返す | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲2時間の放置と水遣りを交互に繰り返す

購入した苗は、水をあげると成長します。次の水遣りまで2時間放置しなければなりませんが、動画の視聴でスキップさせることも可能です。

どちらの育成方法も自由に選べるので、自分のペースで種アバターを集めてください。

▲木が最大まで生長すると、ランダムで種が手に入る | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲木が最大まで生長すると、ランダムで種が手に入る

木が最大まで生長すると、GROWING限定の種アバターが手に入ります。「?」部分のアバターが開放されるので、コレクションを少しずつ埋められます。

▲アバターによって変化するクリア演出 | Where's My Avocado? Draw lines のレビューと序盤攻略
▲アバターによって変化するクリア演出

アバターを着せ替えると、ステージクリア後の演出も変化します。アボカドたちが個性豊かに喜ぶ姿を見られるので、アバターを着せ替えながら攻略を楽しんでください。

『Where's My Avocado? Draw lines』のレビュー

実と種が分かれてしまったアボカドという、設定の斬新さが面白いドローイングゲームだ。

まじめに進めてもいいが、自由にラインを引けるので、目的と関係ないような落書きをして楽しむことも可能。発想力次第で自由な攻略ができる。

日本語に対応されていないのが欠点かもしれないが、アイコンチュートリアルが丁寧なので、何の不便も感じずにゲームを楽しめる。

記事画像:著者撮影

総合評価 4.2

スペック・仕様

開発者
BitMango Corporation
リリース
2018年9月1日
サイズ
488.82 MB
評価
3 / 5
価格
無料
ダウンロード

こちらの記事もおすすめ!

ニュースのヘッダー画像
2019/10/21 05:00

カテゴリ

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。