つないでつないで最後ドーンのアイコン

アプリ「つないでつないで最後ドーン」の魅力を紹介!

つないでつないで最後ドーン

無料

更新日:2019/1/7

『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略

    目次

  1. 簡単操作で華麗なダンクを決めろ!パスを繋いで遊ぶカジュアルゲーム
  2. ハイスコアを狙って何度もチャレンジしてみよう
  3. ゲームの流れと遊び方をチェック
  4. 序盤攻略のコツ
  5. 『つないでつないで最後ドーン』のレビュー

簡単操作で華麗なダンクを決めろ!パスを繋いで遊ぶカジュアルゲーム

▲コツを掴むまでが難しい | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲コツを掴むまでが難しい

全シリーズ総数100近く!「トニーくん」シリーズからバスケゲームが好評配信中

『つないでつないで最後ドーン』は、hasegawa takujiが配信しているスマートフォン向けカジュアルゲームアプリです。

本作は、金髪がトレードマークの主人公、トニーくんがさまざまなスポーツに挑戦するカジュアルゲーム「トニーくんシリーズ」の1作です。バスケットボールをテーマに、バックボードにボールを当ててパスを繋ぎ、最終的にダンクを決めて得点の獲得を目指します。

トニーくんがバスケットボールに挑戦するゲームとしては、他にもいくつか配信されていますが、特にこのゲームではいかにパスを繋げられるかがゲームの大きなポイントとなります。

ダウンロードを含めた全てのコンテンツが無料で楽しめるので、バスケが好きな人はもちろん、暇つぶしに気軽に遊べるゲームを探している人にもおすすめです。

ボールを繋いで強烈ダンク!決めたときの爽快感に病みつき

ゲームには最少で3人のプレイヤーが登場します。前の2人がパスを繋ぎ、最終的に登場するトニーくんがシュートを決めるスタイルです。ただしゲームの進行度合いによっては、人数が6人、7人とランダムに増える場合もあるので覚えておきましょう。

流れとしては変わらず、前のキャラクターがバックボードにボールを当てて後者に繋ぎ、最後にトニーくんを使ってダンクを決めます。

この時ボールをキャッチできなかったり、ダンクを決められなかったりするとその時点でゲームオーバーとなるので注意しましょう。

操作は簡単でも難易度高め!?パスの連携が勝負の鍵

プレイヤーが行う操作は「キャッチ」「パス/ダンク」の2ボタンをタップするのみでOKです。キャラクターたちは自動で走ってジャンプするので、ボールの動きに合わせて「キャッチ」や「パス/ダンク」をタップしましょう。

ただしタップするタイミングがずれると、ボールをキャッチし損ねたり、パスしたボールが上手く跳ね返らず後者に繋がらなかったりするので、どこでボタンをタップすべきかしっかりと見極める必要があります。

またパスが繋がらなければ最後のトニーくんが登場する前にゲームオーバーとなるので、まずはしっかりと連携できるようにパスを繋いでいきましょう。

ハイスコアを狙って何度もチャレンジしてみよう

▲ダンクを決めると一気にスコアが高くなる | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲ダンクを決めると一気にスコアが高くなる

ゲームでは動作ごとにスコアが加点されていきます。ボールをキャッチすると10ポイント、トニーくんがダンクを成功させるとキャッチした人数×10ポイントのスコアを獲得できます。 
ハイスコアを狙うにはしっかりとパスを繋ぎつつ、最後のトニーくんできっちりとダンクを決められるように練習しましょう。 
スコアは上位5つまで記録されます。ただしオンラインではなく、自分の端末で遊んだスコアのみランキングに追加されていくので覚えておきましょう。

ライフが尽きるまでどれだけ挑めるか挑戦!

プレイ時には最初に3つのライフを持ってスタートします。ボールを落としたりダンクを決め損ねたりすると、ライフが1つずつ減っていきます。3つ全て無くなるとゲームオーバーになり、その時点でのトータルスコアが表示されるためチェックしてみましょう。

ライフが尽きるまでは無制限でゲームに挑戦できるため、どれだけパスやダンクを決めてスコアを稼ぐことができるか挑戦してみましょう。

他作品をチェックしたい場合は公式Twitterを確認してみよう

「トニーくんシリーズ」は2019年2月時点で100作品近くリリースされています。スポーツのバリエーションも多岐に渡るので、バスケ以外にも遊んでみたいものがあればチェックしてみましょう。

配信元からは公式Twitterも登場しており、最新作の情報がいち早く確認できます。Twitterアカウントを持っていたらこちらも併せて見てみると良いでしょう。

ゲームの流れと遊び方をチェック

▲タイトル画面。シンプルなゲーム画面なのでサクサク進もう | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲タイトル画面。シンプルなゲーム画面なのでサクサク進もう

アプリを起動するとタイトル画面が表示され、各種項目に進むことができます。スコアや遊び方もタイトルから確認できるので覚えておきましょう。

ゲームを始めるには「スタート」をタップします。 

▲遊び方説明。流れとしてはパスとシュートのみなので簡単 | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲遊び方説明。流れとしてはパスとシュートのみなので簡単

最初に遊び方の確認をします。「キャッチ」でボールを掴み、「パス/ダンク」でボールを放つ、ダンクを決めるなどの動作ができます。

画面下部にあるスコアの加算方式も併せてチェックしておきましょう。流れが分かったらゲームを開始します。 

▲ゲームスタート。自動でジャンプするので上手くボールをキャッチしよう | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲ゲームスタート。自動でジャンプするので上手くボールをキャッチしよう

ゲームが始まると、キャラクターが順にゴールへと走り寄り、自動でジャンプします。同時にゴール側からボールが飛んでくるので、キャラクターと重なるタイミングで「キャッチ」を押しましょう。 

▲「パス/ダンク」でバックボードにシュート | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲「パス/ダンク」でバックボードにシュート

ボールを上手く掴めたら、後者に向けてパスする必要があります。滞空中にすかさず「パス/ダンク」を押してボールをバックボードへ放ちます。 

▲跳ね返ったボールを更に「キャッチ」 | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲跳ね返ったボールを更に「キャッチ」

バックボードに当たって跳ね返ったボールと、後方キャラクターが重なるタイミングで更に「キャッチ」をタップしましょう。 

▲受け取り損ねると「miss」となりライフが減る | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲受け取り損ねると「miss」となりライフが減る

この時ボールを受け取り損ねる、キャッチしたまま着地する、トニーくんがダンクを決められないなど、条件を満たすことができなければ「miss」となります。

「miss」すると右上に表示されているライフからボールが1つ減るので注意しましょう。

▲3回「miss」するとゲームオーバー | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲3回「miss」するとゲームオーバー

3回「miss」してしまうと、その時点でゲームオーバーとなり、スコアが決定します。

▲上手く繋げて最後のダンクを決めよう | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲上手く繋げて最後のダンクを決めよう

基本的なパスが成功すると10ポイント、トニーくんのダンクが決まるとパスを繋いだ人数×10ポイントの高得点が加算されます。

1ゲームごとにパスを繋ぐキャラクターの数がランダムで決まります。最小で3人、多ければ7人繋ぐこともあるので、上手くタイミングを見計らいましょう。最後にダンクを華麗に決めてハイスコアを目指してみてください。

▲ハイスコアはランキング形式で記録される | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲ハイスコアはランキング形式で記録される

スコアは最大で5位まで記録されます。より高いスコアを出すとその分ランキングが更新されるので、高得点を狙って練習してみてください。

序盤攻略のコツ

▲カラーボールは確実に決めておこう | 『つないでつないで最後ドーン』のレビューと序盤攻略
▲カラーボールは確実に決めておこう

本作では、いかにパスを繋いでいき、最後にダンクを決められるかが勝負の鍵です。まずはしっかりとパスを繋ぎ、トニーくんへと渡せるように練習しましょう。

パスを繋ぐコツとしては、ボールをジャンプの最大到達点でキャッチして、すぐに打つのではなく、やや下降気味になってから「パス/ダンク」をタップするようにしましょう。

ジャンプが高い状態のままボールを放ってしまうと、バックボードに当たったときの跳ね返りが大きくなりすぎてしまい、後者にボールを繋ぐことができません。

トニーくんがダンクをする際も同様に対応しましょう。トニーくんのダンクが決まったときのスコアポイントが最も高いため、ダンクは確実に決めておきたいところです。焦らずに確実にゴールを狙ってみてください。

パスを繋ぐキャラクターの人数は、その時によってさまざまですが、1度コツを掴んでしまえば何人来ても慌てずに対処できるようになります。何度も練習しつつ、パスミスをなくしていきましょう。

なおゲームでは、通常のバスケットボールだけでなく、ごく稀にカラーボールも登場します。カラーボールで一連のプレイが全て成功すると、獲得できるスコアが2倍にアップします。カラーボールが登場する確率はそれほど多くないので、出現したら確実に決めてスコアを稼いでおきましょう。

『つないでつないで最後ドーン』のレビュー

シンプルなルールで分かりやすい「トニーくんシリーズ」ですが、今回初見で遊んだときはしばらくコツを掴めず苦戦しました。パスのタイミングを何度も変えて遊んでいるうちにコツが分かり、後はスムーズにクリアしていくことができました。

プレイヤー自身がコツを掴めるまでは難しく感じられますが、その後はサクサクゴールが決まるので爽快感もあります。失敗しても諦めずに挑戦してみてください。

コンテンツ自体が非常にシンプルなので、ある程度やり込むと飽きがきやすいかも。しっかりと遊びたい人というよりは隙間時間の暇つぶしに使いたい人におすすめです。

総合評価 4.0

 

記事画像:著者撮影

スペック・仕様

開発者
hasegawa takuji
リリース
2014年5月23日
サイズ
11.94 MB
評価
3.9 / 5
価格
無料
ダウンロード

関連するカテゴリ

カテゴリ

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!