あるあるの時間のアイコン

アプリ「あるあるの時間」の魅力を紹介!

あるあるの時間

無料

更新日:2019/1/7

あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介

    目次

  1. 思わず共感!いろいろなシチュエーションであるあるを見つけよう
  2. シンプルだから誰でも遊べる
  3. 部活や恋愛など身近なネタが満載
  4. ゲームの遊び方
  5. 攻略のコツ
  6. 『あるあるの時間』のレビュー

思わず共感!いろいろなシチュエーションであるあるを見つけよう

▲よく見ると日常にはあるあるがたくさん。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲よく見ると日常にはあるあるがたくさん。

気楽に遊べる無料ゲームアプリ

『あるあるの時間』は、さまざまな場所の1シーンを描いたイラストの中から、お題に出されたあるあるな箇所を見つけていくゲームアプリです。

日常の何気ない風景に目を向けてみると、意外と人は、みんな同じような行動をとっているものなのかもしれません。

「こういう人よく見かける。」「言われてみればこんなことしたな。」と思えるような、誰にでも身に覚えのありそうな場面が題材になっているので、ぜひ楽しみながら問題に挑戦しみてください。

シンプルだから誰でも遊べる

▲違う場所をタップすれば解答が変更できる。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲違う場所をタップすれば解答が変更できる。

アプリで出される問題の難易度は、決して高いものではありません。答えを間違えてもペナルティなどはなく、何度でも再挑戦することが可能です。わからないときにはヒントを見ることもでき、誰でも安心してプレイができます。

問題文を読んだらイラストを閲覧

このアプリには、全部で100のステージが用意されています。各ステージにつき、出題される問題は4問。はじめに短い問題文が提示されるので、それがどの部分のことを指しているのか、イラストを観察しながら探していきましょう。

正解だと思った箇所をタップすると、赤い丸印と「OK」と書かれたボタンが表示されるので、そのボタンをタップして解答を確定させてください。

正解を出した後の解説が面白い

▲解答のあとの解説文も合わせて楽しんでいこう。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲解答のあとの解説文も合わせて楽しんでいこう。

問題に正解すると、最後にその場面についての解説文が表示されます。ありがちなシーンばかりが取り上げられているので、自分の日常を思い出し、ついクスッと頰を緩めることもあるでしょう。

解説の内容が面白い上に、共感を覚えてしまうことも多々あり、飽きることなく次の問題へ進んでいけます。

部活や恋愛など身近なネタが満載

▲1度クリアしたステージは何度でも遊べる。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲1度クリアしたステージは何度でも遊べる。

ステージごとに、あるあるネタが変化していくところも、ゲームを楽しく続けられる要因の1つではないでしょうか。

「部活あるある」や「きょうだいあるある」、「大人の恋愛あるある」や「テレビあるある」など、テーマがバラエティに富んでおり、その都度新鮮な気分が味わえます。

新しいステージをアンロックしていこう

ゲームはステージ1のみがアンロックされた状態でスタートします。ステージ1で4問すべてをクリアすると、次のステージがアンロックされるので、どんどん進めて、さまざまなあるあるネタを堪能していきましょう。

ちょっとした空き時間に少しずつ進めていくこともでき、手軽な暇つぶしアプリとしても利用していけるはずです。

大人は懐かしさに浸れるかも

▲よく見るといろいろなタイプの子が描かれているのがわかる。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲よく見るといろいろなタイプの子が描かれているのがわかる。

「青春恋愛あるある」や「部活あるある」などで描かれている、学校での1コマには、懐かしさを感じる人もいるかもしれません。イラストはいたってコミカルですが、学生時代を思い出し、不意にノスタルジックな気分に浸ることもあるでしょう。

放課後の体育館や校門の前、みんなと肩を並べた授業中の教室など、あの頃の様子を思い浮かべながらイラストを見れば、より有意義なプレイ時間が過ごせるのではないでしょうか。

ゲームの遊び方

▲スタート画面。アプリのレビューをしたいときは左下の鉛筆マークをタップ。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲スタート画面。アプリのレビューをしたいときは左下の鉛筆マークをタップ。

ゲームを起動させたら、画面下中央にある「スタート」ボタンをタップしましょう。

ゲームには、楽しげなBGMや効果音が使用されていますが、音を切りたい場合は、スタートボタンの隣にあるサウンドマークをタップしてOFFにしておいてください。

▲たった一言の問題から答えを予想していく。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲たった一言の問題から答えを予想していく。

ステージ選択画面に移動したら、「ステージ1 テーマパーク」を選択します。「問題.1」をタップしてタイトルが表示されたら、「スタート」をタップして早速問題にチャレンジしていきましょう。

問題を読んだあと「とじる」をタップすると、イラスト画面に移って解答ができます。

▲右上の設定アイコンからはSNSでのシェアも可能。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲右上の設定アイコンからはSNSでのシェアも可能。

イラストの閲覧中に、もう1度問題文の確認をしたくなったときは、画面右上にある赤いアイコンをタップしてください。

答えがわからないときは、その隣にあるピンクのアイコンで、ヒントをチェックしてみましょう。「ヒントを見る」をタップして、広告動画を視聴すると、動画終了後にヒントが表示されます。

▲OKをタップして解説を読もう。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲OKをタップして解説を読もう。

解答したあと、「正解」または「不正解」の結果が出たら「OK」をタップしてください。正解すると解説文が表示されるので、目を通したら「次の問題」へ移りましょう。

不正解の場合は、「再挑戦」をタップすることで、何度でも解答のリトライが可能です。

▲再挑戦をタップすると問題に戻る。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲再挑戦をタップすると問題に戻る。

リトライ画面の右端には、「答えを見る」アイコンが用意されています。簡単なアンケートに答えるだけで、問題の正解を知ることができるので、早く次へ進みたいときなどは利用してみると良いでしょう。

▲コツコツ問題を解いてステージをアンロックしていく。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲コツコツ問題を解いてステージをアンロックしていく。

ステージ選択画面の上部には、クリアした問題の数が表示されます。問題数がとにかく豊富なので、長く遊んでいくことができるでしょう。

ゲームは自動セーブとなっており、そのままアプリを閉じても、また途中からプレイできるので安心です。

ステージの問題すべてに正解すると、タイトルの横に「CLEAR!」と表示され、いつでも好きなときに開いてプレイできるようになります。

攻略のコツ

▲短いヒントだけど参考になる。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲短いヒントだけど参考になる。

大抵のイラストには、あちらこちらにたくさんの人が描かれています。パッと見には、ゴチャゴチャしているように感じられるかもしれませんが、1人1人をよく観察することで、表情や行動から答えを推察していくことができるでしょう。

問題のタイトルも参考にしてみよう

▲各問題にタイトルが付けられている。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲各問題にタイトルが付けられている。

 

▲俺についてこい、と言いそうな眼光鋭い人を探してみよう。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲俺についてこい、と言いそうな眼光鋭い人を探してみよう。

正解箇所を探す際には、問題文だけでなく、ステージの最初に表示される、問題ごとに付けられたタイトルも参考にしながら、イラストを閲覧してみてください。

前の問題からそのまま次の問題に移ると、問題文しか見られないので、はじめに表示されたタイトルを忘れてしまったときは、画面左上の「←」をタップして、1度ステージ選択画面に戻りましょう。

改めてステージに入り、タイトルを再度確認してから問題文を読むと、ある程度正確に意味が把握でき、答えも自然と絞られていきます。

確信がなくてもとりあえずタップ

▲イラストは隅々までよく観察する。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲イラストは隅々までよく観察する。

 

▲気になったら迷わずタップして解答しよう。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲気になったら迷わずタップして解答しよう。

このゲームでは、問題の解答を何度間違えても、クリアには何の支障もありません。

「ここかな、それともこっちかな。」と、迷いながらイラストを凝視しているよりは、とりあえず怪しいと思った場所を、どんどん解答していくほうが効率的な場合もあるでしょう。

解答とリトライを繰り返しながらゲームを進めていけば、正解にたどり着いたときの達成感も味わえます。不可解な難問が収録されているわけではないので、深く考えず軽いノリで進めてみてください。

正解がわからなくても、ヒントを見るために広告動画を再生させるのは面倒くさければ、「数撃てば当たる」の要領でクリアを目指してみてはいかがでしょうか。

どうしてもわからないときは答えを見よう

▲答えが見たいときは「はい」をタップしてアンケート開始。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲答えが見たいときは「はい」をタップしてアンケート開始。

 

▲簡単な質問しかないから苦にならない。 | あるあるの時間 のレビューと遊び方紹介
▲簡単な質問しかないから苦にならない。

もしも、ヒントをフル活用しながら何度も解答しているのに、まったく正解が出せず途方に暮れている場合は、潔く答えを見て次の問題に進んでください。

アンケートの質問は全部で20問。「日帰り旅行ってしたことある?」「シールを集めて応募したことある?」といった、二者択一のシンプルな質問ばかりのため、サクサク進めてすぐに答えがゲットできます。

アンケートが終了すれば、通常の正解画面に移動でき、その問題はクリアしたことになります。答えを見た問題も、正解数にしっかり加算されていくので、困ったときは安心して活用しながらゲームを進めてみてください。

『あるあるの時間』のレビュー

日常のいろいろなあるあるネタが見られて面白い。イラストの印象やBGMが明るく、暇な時間に気分良くプレイが続けられる。操作方法も簡単だから、普段ゲームをしない人でも楽しめそう。

たまによくわからない正解もあるけど、わかる人にはわかるのかも。

記事画像:著者撮影

総合評価:★4.0

スペック・仕様

開発者
MISAKI USAMI
リリース
2018年8月3日
サイズ
83.33 MB
評価
2.4 / 5
価格
無料
ダウンロード

カテゴリ