Todo Cloud: To-Doリスト&コラボレーションのアイコン

アプリ「Todo Cloud: To-Doリスト&コラボレーション」の魅力を紹介!

Todo Cloud: To-Doリスト&コラボレーション

無料

更新日:2017/7/5

「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう

    目次

  1. タスク管理アプリを使いこなして日常の能率をアップ!
  2. タスク管理アプリに「Todo Cloud」を推す理由
  3. 自分好みにカスタマイズ!リストを編集してさらに便利に
  4. Todoリストが長続きしなかった人にこそオススメ
  5. Todo Cloudのレビュー

タスク管理アプリを使いこなして日常の能率をアップ!

▲スッキリと見やすいデザインでタスクも把握しやすい | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲スッキリと見やすいデザインでタスクも把握しやすい

「やらないといけないこと」は、日常生活の中で突然わき出てくるものです。そんなとき、あなたならどうしていますか?専用のメモ帳に記録しておく、予定と一緒にスケジュール帳に書き込んでおく、中には「絶対目につくから」と手のひらに書いたりする人もいたり。
しかし、メモ帳やスケジュール帳はデスクに置き忘れてしまったら使えません。手の書き込みも、お得意様に見られたらマイナスの印象を抱かれるかもしれません。
そんなことがないよう、現代人なら常にポケットに入れているスマートフォンを活用してみましょう。タスク管理アプリを使いこなせば、ビジネスからプライベートまで、飛び込んでくる数々の「やらないといけないこと」をスッキリ管理することができるのです。

タスク管理アプリに「Todo Cloud」を推す理由

タスク管理においてとにかく重視したいのが「シンプルさ」と「分かりやすさ」。いくら高機能なシステムを搭載していても、肝心のタスク登録のやり方が煩雑だったり、インターフェースがごちゃついて確認しづらかったりしたら、アプリでの管理も長続きしません。中にはTodoリストもついたスケジュール帳アプリもありますが、どちらの管理も一括で行える一方、どちらの確認もやや煩雑で見づらい場合が多いというデメリットもあります。
タスク管理は、書き込みも確認も手軽さが命。少しでも面倒を感じたら長続きしない可能性がグッと高まるので、初めてタスク管理アプリを使う際は、Todoリストとして独立したアプリを使う方がいいでしょう。
世には数々のタスク管理アプリが配信されていますが、中でもとくにオススメなのが「Todo Cloud」というタスク管理アプリです。

「シンプルさ」と「分かりやすさ」を兼ねたデザイン

▲「全て」をタップすることでタスクを一目で確認 | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲「全て」をタップすることでタスクを一目で確認

「Todo Cloud」の最大の魅力は、そのスッキリと洗練されたデザインにあります。トップ画面は見やすさを追求しており、「今日の予定」「重要な予定」「いつでもいい予定」がいくつあるのかを一目で確認できるのです。
さらに、タスクもワンタッチでサクッと登録可能。メモ帳感覚で手軽に使いこなすにはうってつけのシンプルさなのです。

タスク登録がとにかく手軽!直感的なインターフェース

▲予定を打ち込むだけでいいので簡単に登録できる | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲予定を打ち込むだけでいいので簡単に登録できる

とりあえずタスクを登録するには、トップ画面の下にある「タスクを追加」をタップして予定の内容を書き込むだけでOK。タスクを登録する段階で期日や優先度など面倒な入力をしなくていいので、とっさに予定を書き込みたいときにも手軽に行うことが可能です。
登録したタスクはひとまず今日の日付を期日として登録されますが、こうした期日やその他情報はもちろん後から編集することができます。

シンプルだけどタスク管理に必要な機能はしっかりカバー

▲あとからタスクを細かく編集することももちろん可能だ | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲あとからタスクを細かく編集することももちろん可能だ

登録したタスクの期日やその他の情報などを編集したい場合は、まず「全て」をタップして登録されてある全てのタスクを表示しましょう。その中から編集したいタスク名を左にスライドさせ「編集」を選ぶことで、タスクを詳細に編集することができます。
タスクに関する内容を保存できるメモや、リマインダー機能など必要な機能は一通り搭載。さらに、マップと連動させてロケーションを記しておくこともできます。

無料版とサブスクリプションについて

▲必要に応じて「アップグレード」を行おう | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲必要に応じて「アップグレード」を行おう

アプリ自体は無料でダウンロードすることができます。ダウンロードしてから14日間はすべての機能を利用できますが、それ以降は一部の機能を使うためにはサブスクリプションへの登録が必要になります。価格は1ヶ月1.99ドル、もしくは1年で19.99ドルです。
サブスクリプション等の設定を行うには、まず画面上にある自分の登録名をタップして設定画面を開きましょう。そして、一番上にある「アカウント」の登録メールアドレスの部分をタップすることで、サブスクリプションの管理といったアカウント情報を編集することができます。

自分好みにカスタマイズ!リストを編集してさらに便利に

アプリのトップ画面は、デフォルトでは大きく「スマートリスト」と「一覧」の2つに分けられています。
「スマートリスト」とは、期日や優先度をもとにタスクを分類したリストです。「一覧」は自由に分類を設定できるリストで、たとえば「仕事とプライベートを分けて表示させておきたい」といった場合に活用することでリストがさらに見やすくなります。

スマートリストを編集する

▲項目名を自分が分かりやすいものにカスタマイズ | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲項目名を自分が分かりやすいものにカスタマイズ

トップ画面には「全て」「フォーカス」「重要」「サムディ」といった形で、タスクのカテゴリーが一覧で表示されています。もしこの一覧が使いにくいと感じた場合は、好みの形にカスタマイズしましょう。
「フォーカス」といった項目の名前を横にスライドすると「削除」「編集」を行うことができます。不要な項目は削除し、カテゴリーの内容や項目名を変えたい場合は編集を行いましょう。
編集画面では、期日や優先度、それに項目名やカラーを編集できます。たとえば項目名を「いつでもいい」として、期限を「なし」に設定すれば、期日のとくにないタスクをリストに追加できるようになります。

スマートリストからタスクを登録する

▲「項目名」「期日」などを自分好みに編集できる | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲「項目名」「期日」などを自分好みに編集できる

スマートリストの項目名をタップすると、画面の一番下にタスクを登録するボタンが表示されます。ここから予定を入れることで、そのスマートリストの条件に合ったタスクをワンタッチで登録できます。
たとえば、トップ画面の青いボタンからタスクを登録した場合は、自動的に「期日が今日まで」の予定として登録されます。しかし、あらかじめ「期日はいつでもいい」といったスマートリストを作っておけば、リストの条件に一致したタスクを登録することができるのです。

一覧を編集する

▲リストを作れば仕事とプラベートを分けて管理しやすい | 「Todo Cloud」でタスクを管理してスマートな毎日を過ごそう
▲リストを作れば仕事とプラベートを分けて管理しやすい

スマートリストでのタスクの分類は、あくまで期日や優先度といったものです。もし「仕事とプライベートを分けたい」「学校、部活、バイトを全部一緒にしていて分かりにくい」といった場合は一覧を編集してタスクを分類しましょう。
まずは「新しいリスト」を左にスライドして、編集画面に入ります。そしてリスト名を「仕事」など分類したい名前に変更し、アイコンやカラーなどを設定すれば完了です。
また、スマートリストからタスクを登録できたように、一覧のリスト名からも登録することが可能です。今後、仕事に関する予定を入れたい場合は、いま作った一覧の「仕事」という項目名をタップしたあと、グレーの登録ボタンからタスクを登録しましょう。すると、登録されたタスクは自動的にこの一覧の中に振り分けられます。
この一覧を活用することで、仕事とプライベートも見やすくすっきり管理できるのです。

Todoリストが長続きしなかった人にこそオススメ

タスク管理アプリを長く使うためには、とにかく手軽さとシンプルさが大事。それに加えて「Todo Cloud」には便利な機能やカスタマイズ性など、ほしいと思うものは一通り揃っている印象です。
ダウンロードから2週間経つと一部機能は使えなくなってしまいますが、無料版でもタスク管理アプリとしては十分使えるレベルです。これまでTodoリストが長続きしなかった人こそ、試してみてはいかがでしょうか。

画像:著者撮影

Todo Cloudのレビュー

病院の予約のメモなど、とっさに予定を入れたいときにワンタッチで行えるのがありがたい。
カスタマイズ性が高いため、とにかく自分のなじむ形にできるのが便利。「シンプルだけど高機能」を追求した、完成度の高さを感じた。

★レビュー 4.0

スペック・仕様

開発者
Appigo, Inc.
リリース
iPhone: 2012年10月23日
サイズ
59.5 MiB
価格
無料

関連するカテゴリ

おすすめ人気記事

カテゴリ