Equalizer+ HD music playerのアイコン

アプリ「Equalizer+ HD music player」の魅力を紹介!

Equalizer+ HD music player

無料

4.2点 6件の評価

更新日:2019/7/12

Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方

こちらの記事もおすすめ!

音楽・音声のヘッダー画像
2020/4/7 05:00

    目次

  1. 迫力のサラウンドを体験できる音楽プレーヤーで、好きな曲をアレンジして楽しもう!
  2. Equalizer+ : music player & pro bass boosterの基本的な使い方
  3. おすすめの使い方
  4. Equalizer+ : music player & pro bass boosterを使う上での注意点
  5. Equalizer+ : music player & pro bass boosterのレビュー

迫力のサラウンドを体験できる音楽プレーヤーで、好きな曲をアレンジして楽しもう!

▲Visualizerの画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
▲Visualizerの画面

「Equalizer+ : music player & pro bass booster」は、イコライザー機能がついた音楽プレーヤーです。iPhone内に入れている音楽(ミュージック、ライブラリどちらも可)を、イコライザーとベースブーストの調整により、自分の好みにアレンジができます。イコライザーとは、特定の周波数を調節して、音質を変えることです。周波数を変えることで音の印象が変化します。低音から中音、高音までのバランスを細かく調整できるので、曲によって変化をつけて自分好みに仕上げる楽しさを感じられるでしょう。ベースブーストで低音の調節もでき、深みのある低音がより一層曲を引き立て、イコライザーと併用すると高品質なサラウンドを手に入れることができます。DJのように、自分好みに音楽をアレンジしてみましょう。

Equalizer+ : music player & pro bass boosterの基本的な使い方

▲アプリを立ち上げると最初に表示されるトラックの画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
▲アプリを立ち上げると最初に表示されるトラックの画面

アプリを立ち上げると、トラックが開きます。トラックではアプリ内に内蔵する曲があいうえお順に並んでいます。一番下に表示されているアルバム、アーティスト、プレイリストからも曲を探すことができ、右端にある検索を使えば聴きたい曲をすぐに探すことができます。ミュージックプレーヤーとしても使いやすい仕様です。なお、プレイリストをタップして、新たにプレイリストを作成することも可能です。聴きたい曲が見つかったらタップをして、曲を再生させてみましょう。

「BassBoost」を使って低音域に変化をつけてみましょう

▲BassBoostの画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
▲BassBoostの画面

画面真ん中の一番左にあるBassBoost(ベースブースト)を使うと、重低音の設定ができます。ブーストとは音量をアップすることで、ベースブーストとはベース(低音域)の重低音を強調するという意味です。低音が協調されると音楽に深みが出るので、この部分をアレンジすると曲の印象ががらっと変わります。色がついている部分に指を置いてみて、上下に動かしてみましょう。低音を0にすると、軽い音楽になり、ボリュームが上がるにつれて、低音の重みを感じます。ポップスの曲を軽めに聴きたいなら下げてみたり、ハードなロックの曲をベースの音をしっかり感じながら聴きたいなら上げてみたり、曲によって自分の好きなように低音部分を変えることができます。低音部分を最大に上げても、高音がクリアに聴こえるのがこのベースブースターのすごい所。低音部分が協調された迫力あるサウンドを楽しめます。電源マークをタップするとオフにできます。

「Equalizer」を使ってみましょう

▲Equalizerの画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
▲Equalizerの画面

Equalizer(イコライザー)をタップすると、このアプリの特徴とも言える、イコライザーの調整ができます。50から12Kまで、7つのつまみがあり、左が低音で、右に向かうにつれて高音になります。50から150が低音部分で、重低音の調節ができる部分です。400、1K、2Kの部分はボーカル部分で、ここを上げるとボーカルの声が大きく聴こえます。6K、12Kは高音部分で、高音を上げると音質がよく聴こえますが上げすぎるとキンキン聴こえてしまいます。中音、高音部分を上げると音がこもった感じで聴きにくくなるので注意が必要です。調節が難しいと感じる方は、画面一番上の真ん中部分の下三角をタップすると、プリセットを選択することができます。Flatでも充分ないい音ですが、ポップ、ロック、エレクトロ、ダンスなど、9種類から選ぶことができるので、曲を流しながら設定を変更して聴き比べをしてみましょう。違いがよくわかります。聴き比べをすることで自分の好みにあったアレンジが見つけやすくなります。

「Visualizer」でビジュアルを変えてみましょう

▲Visualizerの画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
▲Visualizerの画面

「Visualizer」を使えば、音楽を視覚化したようなイメージのビジュアルに変化できます。Visualizerをタップし、上の真ん中部分にある三角をタップするとSpectrum、Manhattanの他、8つの中から選択でき、曲のミュージックエフェクトが高まります。どれも凝っていてかっこいいので、あなたのお気に入りがみつかるでしょう。曲に変化をつけるだけでなく、画面にもこだわってみましょう。

「Fade」で曲の繋ぎを変える

▲Fadeの画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
▲Fadeの画面

「Fade」をタップすると、曲が全部聴き終わる前に終了させ、次の曲に繋げることができます。曲の終わる15秒前から終了させることができるので、自分の好きな秒数に変更しましょう。次の曲にスムーズに繋がり、曲を待つロスを失くせます。不要な方は電源ボタンをオフにしてください。通常通り最後まで聴けます。

おすすめの使い方

プレイリストの画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
プレイリストの画面

プレイリストをこのアプリの中で作れるのも嬉しいところです。一番下の右から2番目にある「プレイリスト」をタップし、「+プレイリストを作成する」をタップします。新しいプレイリストの名前を作り、自分好みの曲を入れたオリジナルアルバムをアプリ内で作成できます。既にiPhone内に入っている音楽が自動的にアプリに入りますが、iTunes、Google Driveなどから入手した音楽を取り入れることもできます。iTunesに関しては、毎回同期することなくファイルの移動ができるので便利です。音楽ファイルをEqualizerファイルにドラッグすると音楽が取り入れられます。簡単に音楽が取り入れやすいように作られています。なお、ドロップボックスを使えば、Wi-Fiがなくても、オフラインでも使うことが可能です。シャッフル機能でアプリ内の音楽をランダムに聴くといった使い方もできます。

おすすめのイコライザーの使い方

イコライザーを使えばとても細かな調節が可能なので、ロックの曲ならドラムの音を引き立てるよう低音は強めに、高音部分は軽めに、ポップスならば逆に、といったアレンジで、自分の好みの曲調に変化させることができます。バラードのような曲で、ボーカルの声をより大きな声で聴きたい、と思えば中音部分を大きくします。外出時に、騒音で音が聴きにくいと感じるなら低音部分を大きくするといいでしょう。聴き比べて違いをはっきりと感じるのがベースブーストです。使うかどうかで曲の印象が大きく変わるので、オン、オフをして聴き比べてみましょう。音楽がより引き立ちます。低音の迫力が伝わりますが、高音もクリアに聞こえるのでどれだけ上げても心地よく聴けます。ドラッグするだけで調整ができるので簡単です。

Equalizer+ : music player & pro bass boosterを使う上での注意点

▲AppleIDの登録画面 | Equalizer+ : music player & pro bass boosterの効果的な使い方
▲AppleIDの登録画面

このアプリは、3日間は無料で使えますが、それ以降は料金がかかります。課金されるのが困るという方は、設定の「itune StoreとApp Store」を選択し、Apple IDをタップ(Apple IDの認証を求められれば入力)、登録をタップすると、現在利用中の有料で使用しているものの一覧が出てきますので、「Equalizer+ : music player & pro bass booster」をタップし、オプションの「Weekly premiumpass」にチェックがあるのを確認し、「トライアルをキャンセルする」をタップします。こうすると、課金されることはありません。

画像:著者撮影

Equalizer+ : music player & pro bass boosterのレビュー

Equalizer+ : music player & pro bass boosterは、他のアプリと比べても、デザインが黒を基調としており、シックで洗練されています。毎日使うにはこのくらい落ち着いた見た目がいいと思います。デザイン性もさることながら、ミュージックプレーヤーとしてもシンプルで使いやすいところが魅力です。音楽の再生画面上でベースブーストとイコライザーの操作ができ、使い方も簡単なので初心者でも難なく使えると思います。今までは提供された音楽をそのまま聴いていましたが、このアプリでアレンジする楽しさを覚えたので、これからは毎回アレンジして聴くようになりそうです。

★レビュー 3.2

「Equalizer+ HD music player」スペック・仕様

こちらの記事もおすすめ!

音楽・音声のヘッダー画像
2020/4/7 05:00

カテゴリ

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。