i-難読漢字辞書のアイコン

アプリ「i-難読漢字辞書」の魅力を紹介!

i-難読漢字辞書

無料

更新日:2017/7/5

「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!

    目次

  1. 身近な苗字・外来語や動物・植物・地名・人名など盛りだくさん!
  2. 基本的な使い方と検索の注意点
  3. 興味深い「外来語」の難読漢字も!
  4. いつの間にか難読漢字の世界が広がる「i-難読漢字辞書」アプリで難読漢字も楽しく!
  5. 「i-難読漢字辞書」アプリ・レビュー

身近な苗字・外来語や動物・植物・地名・人名など盛りだくさん!

▲索引から好きなジャンルを見てみよう! | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲索引から好きなジャンルを見てみよう!

「i-難読漢字辞書」はAOBO Co.,Ltdからリリースされている、無料の難読とされる日本語を調べるアプリです。索引画面には15種類のさまざまなジャンルから、興味のある漢字や自分の調べたい漢字などを絞り込んで、読み方と意味を調べることができます。

その他に、索引画面の下部にある「検索」ボタンをタップして、調べたい日本語を入力してから、どのような漢字表記になるかも調べられます。「i-難読漢字辞書」アプリに収録されている約1400語であれば表示され、読み方・意味が分かります。

漢字に興味のある人はもちろん、苦手意識のある人でも、自分の好きなジャンルの難読漢字をなるほどと思って見ているうちに、自然と学習できます。

基本的な使い方と検索の注意点

▲よく知る言葉の多い一般 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲よく知る言葉の多い一般

アプリを開くと、まず初めに索引画面になり、難読漢字の種類が表示されています。よく使われることの多い「一般」・法律や命令に関する「法学・法令」、「自然・人間」、物の名前などの「物品」、「東京23区」や「外国人名」など15種類に分けられています。まず、どのような難読漢字があるのか見てみましょう。

また、自分の調べたい難読漢字を画面下部の「検索」から調べることもできます。「i-難読漢字辞書」に登録されている漢字はJIS第1・第2水準に含まれる難読語なので、検索されない難読漢字もあることは注意点として覚えておきましょう。

索引から気になるジャンルを開いてみよう!

▲50音順に豊富な難読漢字のある一般 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲50音順に豊富な難読漢字のある一般

まずどのような難読漢字があるのか、自分の好きなジャンルを開いてみてみましょう。説明のために「一般」から見てみると、50音順に「間駒(あいごま)」・「生憎(あいにく)」・「阿吽(あうん)」・「欠伸(あくび)」・・・と続き、「草鞋(わらじ)」・「喇叭(らっぱ)」まであります。

普段からよく話し言葉として使う言葉などは、このような漢字表記になるのかと書き方を学べます。また知らない言葉があり、どういう意味かを知りたい難読漢字があったら、タップしてみましょう。

▲陸稲の意味を確認してみよう | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲陸稲の意味を確認してみよう

例えば、“陸稲”。「おかぼ」と読むのですが、意味がはっきり分からないという時に、その漢字をタップすると意味や定義が表示されます。ちなみに、畑で栽培されるイネのことで、田んぼでふつうに作る米は「水稲(すいとう)」というそうです。意味が分かると、水のある田んぼではなく、畑という丘で栽培するから、「おかぼ」と読むのかと理解が深まります。

「自然・人間」に関する難読漢字を見てみよう!

▲なじみのある「自然・人間」の難読漢字 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲なじみのある「自然・人間」の難読漢字

さて、特に気になるジャンルのない人は、より身近な言葉の多い「自然・人間」から開くのも良いでしょう。ほとんどが一度は聞いたことのあるものばかりです。

なかには、「端境期(はざかいき)」という、日常ではあまり使われない言葉もあります。こんな時こそ、タップして意味を確認してみてください。ちなみに、古米と入れ替わって新米が市場に出回る、9、10月ごろのことという意味と、一般に物事の入れ替わりの時期という意味があるそうです。

全体的には、「青海原(あおうなばら)」・「欠伸(あくび)」・「一隻眼(いっせきがん)」・「注連縄(しめなわ)」・「数寄屋(すきや)」・「微温湯(ぬるまゆ)」・「午睡(ひるね)」・「自棄(やけ)」など、なじみやすい難読漢字です。

「植物」に関する難読漢字も面白い!

▲親しみやすい「植物」の難読漢字 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲親しみやすい「植物」の難読漢字

続いて、「植物」に限定した難読漢字もあります。身近な花・木・キノコ・野菜・果物などの読みづらい漢字がまとめてあり、なぜこのような漢字になるのかという由来を知ることもできます。

▲珍しい難読漢字の「仙人掌(さぼてん)」 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲珍しい難読漢字の「仙人掌(さぼてん)」

例えば、「仙人掌(さぼてん)」ですが、漢字の由来として中国では、天下泰平のしるしとして天から降るとされる甘露を受ける入れ物のことで、仙人が手のひらで盤を捧げ持つ形をかたどっているそうです。(出典:世界大百科事典 第2版)このように由来を理解すると、しっかり覚えられそうです。

その他には、「大角豆(ささげ)」・「石南花、石楠花(しゃくなげ)」・「酢橘(すだち)」・「薇(ぜんまい)」・「団栗(どんぐり)」・「茗荷(みょうが)」・「加加阿(カカオ)」・「鬱金香(チューリップ)」・「万寿果(パパイア)」などがあります。

お寿司が好きなら「魚類」の難読漢字はいかが?

▲読めると自慢できそうな「魚類」の難読漢字 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲読めると自慢できそうな「魚類」の難読漢字

例えば、お寿司屋さんで食事する時などに、読めると助かるのが魚に関する漢字です。普段からなじみのある魚などは、読める人も多いのではないでしょうか。

よく目にする魚類の漢字として、「鯵、鰺(あじ)」・「鰯、鰮(いわし)」・「鰻(うなぎ)」・「鰹、堅魚、松魚(かつお)」・「鰈(かれい)」・「鮭(さけ)」・「鯖(さば)」・「鰆(さわら)」・「秋刀魚(さんま)」・「鯛(たい)」・「鮪(まぐろ)」・「鱒(ます)」などがあります。

動物好きなら「哺乳類・爬虫類・両生類」を開こう!

▲よく知る「動物」が難読漢字に! | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲よく知る「動物」が難読漢字に!

動物が好きな人には、索引にある「哺乳類・爬虫類・両生類」を見てみましょう。一度は見たことのある身近な動物たちを難読漢字にすると、こんなふうに表記されるのかと感心してしまいます。

意外な難読漢字だと、「襟巻蜥蜴(えりまきとかげ)」・「膃肭臍(おっとせい)」・「犀(さい)」・「栗鼠(りす)」・「馴鹿(となかい)」・「猟虎(らっこ)」などがあり、難読漢字も楽しめます。

興味深い「外来語」の難読漢字も!

▲難読漢字になると面白い「外来語」 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲難読漢字になると面白い「外来語」

外来語とは、外国語から借り入れられて自国語と同化し、社会的に使用が承認された単語のことをいいます。主に、ポルトガル語から日本語となったものが多くあります。

例えば、「氷菓子(アイスクリーム)」・「酒精(アルコール)」・「火酒(ウイスキー)」・「合羽(カッパ)」・「煙管(キセル)」・「貯古齢糖(チョコレート)」・「洋灯(ランプ)」などです。

読み方は外来語からですが、漢字表記を見ると漢字本来の意味を組み合わせて表現されているので、なるほどと納得できます。また、難読漢字ではありますが、漢字の意味から何となく読めてしまうのも、面白みがあり楽しめます。

難読漢字で表記された「国名」も興味深い

▲不思議な難読漢字の「国名」 | 「i-難読漢字辞書」アプリで楽しく難読漢字の読み方を学ぼう!豊富なジャンルで意外な読み方も満載!
▲不思議な難読漢字の「国名」

通常、目にする国名以外にカタカナを難読漢字で表記してみると、なにか不思議な感じすらする国名がたくさんあります。

読みやすい国名だと、「亜米利加(アメリカ)」・「伊太利(イタリア)」・「印度(インド)」・「加奈陀(カナダ)」などがあり、比較的分かりやすいです。

他に読みづらい難読漢字としては、「伊色刺(イスラエル)」・「烏克蘭(ウクライナ)」・「埃及(エジプト)」・「希臘(ギリシャ)」・「瑞西(スイス)」・「瑞典(スェーデン)」・「西班牙(スペイン)」・「諾威(ノルウェー)」・「伯剌西爾(ブラジル)」・「越南(ベトナム)」・「葡萄牙(ポルトガル)」など、難読レベルが高く興味深いです。

いつの間にか難読漢字の世界が広がる「i-難読漢字辞書」アプリで難読漢字も楽しく!

ここまで索引ごとに難読漢字を見てきましたが、漢字の由来や言葉の意味を知ると、なぜこのような漢字を組み合わせているのか分かり、とても理解しやすいです。

また、外来語や国名など漢字の読みに合わせている難読漢字もあり、非常に興味深い世界になっています。今まで漢字に苦手意識があり、難読漢字などもっての他という人にも、楽しみながら学ぶことのできる「i-難読漢字辞書」アプリ。

真面目に覚えようとしなくても、雑学の範囲として知っておくと役に立ちますし、世界が広がります。漢字から遠のいている人も、漢字が得意な人にもおすすめできるアプリです。

画像:著者撮影

「i-難読漢字辞書」アプリ・レビュー

難読漢字というと、とっつきにくいイメージしかなかったが、索引画面のジャンルが豊富だったことから、興味のあるところから見てみると、意外な面白さに気付く不思議なアプリ。

知らない言葉のときに、タップすると意味や由来の説明画面になるため、調べやすく分かりやすい。かるく難読漢字を学んでみたい人や漢字に対して苦手意識のある人でも、楽しく雑学として楽しめそうだと思う。

★レビュー:3.5

スペック・仕様

開発者
AOBO Co.,Ltd
リリース
iPhone: 2009年9月18日
サイズ
5.9 MiB
価格
無料
ダウンロード

カテゴリ