無音カメラ - 高画質カメラ 音なし & 消音カメラのアイコン

アプリ「無音カメラ - 高画質カメラ 音なし & 消音カメラ」の魅力を紹介!

無音カメラ - 高画質カメラ 音なし & 消音カメラ

無料

4点 1件の評価

更新日:2019/6/18

カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」

    目次

  1. シャッター音なしで写真が撮れる「無音カメラ」
  2. 基本的な使い方
  3. さらに便利に使いこなすために
  4. 他アプリと連携して活用しよう
  5. 「無音カメラ」のレビュー

シャッター音なしで写真が撮れる「無音カメラ」

▲シャッター音を簡単に消せる | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲シャッター音を簡単に消せる

「無音カメラ」はシャッター音を消すことができるカメラアプリです。最近のスマートフォンのカメラは非常に高性能ですが、シャッター音を消すことは基本的にできません。

「無音カメラ」を使えば、スマートフォンのカメラのシャッター音を簡単に消すことができます。難しい操作は必要ないので、誰にでも使える点が大きな魅力です。

連写などの複雑な機能はないが簡単な編集はできる

▲簡単な編集ならできる | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲簡単な編集ならできる

「無音カメラ」はシンプルさが売りなので、複雑な機能は付いていません。例えば連写機能は最近のスマートフォンであれば基本性能ですが、「無音カメラ」ではできません。しかし、必要最低限の撮影機能は付いており、簡単な編集もできるので、多くを求めなければ十分使えるアプリです。

基本的な使い方

▲使い方はとても簡単! | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲使い方はとても簡単!

ここからは「無音カメラ」の基本的な使い方を解説していきます。先に解説したとおり、簡単に使える上に無料でダウンロードできるので、気軽に試してみましょう。

2つの撮影モード

▲2つの撮影モードがある | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲2つの撮影モードがある

アプリを起動すると早速撮影画面に移ります。「無音カメラ」には2つの撮影モードがあり、そのどちらかを選んで、画面下のシャッターアイコンをタップするだけで、シャッター音なしで撮影できます。

以下で2つの撮影モードの違いについて解説します。

スピード撮影モード

▲画面左下に撮影した写真が表示される | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲画面左下に撮影した写真が表示される

「スピード撮影モード」とは撮影した写真を即座にスマートフォンのカメラロールに保存するモードです。デフォルトではこのモードになっています。写真の整理や編集を後からまとめて行いたい場合に便利なモードです。

このモードで撮影した写真を編集するには、カメラロールにアクセスするか、画面左下に小さく表示されている写真アイコンをタップします。

撮影モード

▲撮影するとすぐに編集画面へ | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲撮影するとすぐに編集画面へ

「撮影モード」とは撮影した写真をカメラロールに保存する前に、編集できるモードです。このモードで撮影すると、撮影直後に写真がアプリ上に表示されて編集ができるようになります。

「撮影モード」で撮影した写真は、「スピード撮影モード」と違って自動的にカメラロールに保存されません。編集画面の左下にあるアイコンをタップして「フィルムに保存する」を選んで保存する必要があります。「フィルムに保存する」を選ばなければカメラロールには保存されず、アプリにも残らないので失敗した写真を消す手間が省けます。

他にも撮影時に便利な機能が

▲画面上にあるアイコンや設定画面を操作する | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲画面上にあるアイコンや設定画面を操作する

撮影モードを選んだら、後はシャッターアイコンを押すだけですが、他にも撮影時に使える便利な機能がいくつかあります。ここではそれらの機能について解説します。

フラッシュ

▲画面上の雷のアイコンがフラッシュ | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲画面上の雷のアイコンがフラッシュ

画面左上にある雷のようなアイコンをタップするとフラッシュをたくことができます。フラッシュモードは2つあります。右下に小さい「A」が付いているアイコンは感知式フラッシュです。フラッシュが必要な明るさをカメラが自動的に判断してフラッシュをたきます。

何も付いていないアイコンを選ぶと、明るさに関係なく全ての撮影でフラッシュをたきます。フラッシュが必要ない場合は、小さい「×」が付いたアイコンを選びましょう。

タイマー

▲タイマーは3秒と10秒に設定できる | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲タイマーは3秒と10秒に設定できる

画面上にある時計のアイコンをタップすると、タイマーを設定することができます。設定できる時間は「3秒」と「10秒」です。アイコンをタップすると、「3s」「10s」という表示に切り替わるので、任意の時間に設定しましょう。

自撮り

▲画面上のカメラアイコンで自撮りできる | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲画面上のカメラアイコンで自撮りできる

画面右上のアイコンをタップすると、自撮りができるようになります。アイコンをタップするたびに切り替わるので、うまく活用しましょう。

手ぶれ補正機能

▲設定画面の「アンチシェイク」で手ぶれ補正 | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲設定画面の「アンチシェイク」で手ぶれ補正

画面右下にある歯車のアイコンをタップすると設定画面に移ります。設定画面にある「アンチシェイク」という機能をONにすると、手ぶれ補正ができます。

シャッター音を鳴らす

▲あまり意味はないがシャッター音を鳴らせる | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲あまり意味はないがシャッター音を鳴らせる

設定画面を見ると「無音撮影」という機能がONになっています。この機能をOFFにするとシャッター音を鳴らすことができます。そもそもシャッター音を消すために使うアプリなので、OFFにする必要はあまりありませんが、一応覚えておきましょう。

さらに便利に使いこなすために

▲フィルター機能もある | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲フィルター機能もある

ここからは「無音カメラ」をさらに便利に使いこなす方法を解説していきます。

撮った写真を編集しよう

▲編集画面で一通りの加工ができる | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲編集画面で一通りの加工ができる

「無音カメラ」には簡単な編集機能が付いています。写真加工に特化したアプリには及びませんが、必要最低限の機能は付いているので、うまく活用しましょう。写真を編集するタイミングは、「撮影モード」にして撮影直後に編集するか、後でカメラロールから写真を選んで編集するかのどちらかです。

▲矢印アイコンの数字が編集の数を表す | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲矢印アイコンの数字が編集の数を表す

編集中に写真を元の状態に戻したい場合は、編集画面の左上にある矢印のアイコンをタップします。矢印の横にそれまで行った編集の数が表示されています。1回タップするごとに1つの編集がリセットされます。

編集が終わったら、先に解説した「フィルムに保存する」を選んでカメラロールに保存して完成です。一度保存してしまうと編集のリセットはできないので、注意してください。保存せずに編集を終えると自動的に編集がリセットされます。

以下で各編集機能について詳しく解説します。

切り取りや向きの変更

▲写真の大きさや向きを調整 | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲写真の大きさや向きを調整

編集画面の下にあるはさみのアイコンをタップすると、写真の切り取りや、向きの変更ができます。編集が終わったら、画面右下の「完了」をタップして完成です。元に戻したい場合は、画面左下の「戻る」をタップしましょう。

ぼかし

▲円にピントを合わせて他をぼかす | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲円にピントを合わせて他をぼかす

画面下にある水滴のアイコンをタップすると画面をぼかすことができます。画面中央に円が表示されて、円の中にピントを合って外がぼやけます。円はタップで移動させられるので、うまく調整しましょう。編集が終わったら、画面右下のチェックマークをタップして完成です。

明るさや色調を変えるフィルター

▲種類は多くないがフィルターも用意されている | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲種類は多くないがフィルターも用意されている

画面下にある星のアイコンをタップすると、フィルターで写真の明るさや色調を変えることができます。フィルターの種類は18種類です。写真の印象が大きく変わるような派手なフィルターはありませんが、簡単な調整はできるので、いろいろと試してみましょう。

写真撮影時にリアルタイムで編集できる

▲撮影時に使える機能もある | カメラのシャッター音が簡単に消せる!シンプルな操作が魅力の「無音カメラ」
▲撮影時に使える機能もある

上記の機能は写真撮影時にリアルタイムで使うことができます。シャッターを押す前に画面をぼかしたりフィルターをかけたりすることができます。切り取りや向きの変更は撮影後しかできませんが、それ以外の機能は撮影時でもできるので、ぜひ試してみてください。

他アプリと連携して活用しよう

「無音カメラ」は決して多機能なアプリではありませんが、他のアプリと連携することで弱点を補うことができます。編集機能などは他の高機能なアプリに任せれば、十分活躍できます。他のアプリとうまく連携して使いこなしていきましょう。

「無音カメラ」のレビュー

無料で利用できるが、アプリを起動するたびに広告が大きく表示されるので、うっとうしく感じる人がいるかもしれない。機能は決して多くはないが、シンプルで使いやすいので、撮影用と割り切って使うとよいだろう。

★レビュー 3.7

スペック・仕様

開発者
Tommy Curry
リリース
2018年7月22日
サイズ
32.12 MB
評価
4.4 / 5
価格
無料
ダウンロード

カテゴリ

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。