MovieMagickのアイコン

アプリ「MovieMagick」の魅力を紹介!

MovieMagick

無料

更新日:2018/12/19

SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」

    目次

  1. 動画と写真を組み合わせてオリジナル動画を作ろう!「MovieMagick」
  2. 基本的な使い方
  3. おすすめの使い方
  4. シンプルな操作が魅力!アプリでささっと動画編集
  5. 「MovieMagick」のレビュー

動画と写真を組み合わせてオリジナル動画を作ろう!「MovieMagick」

▲シンプルな操作で不思議な動画を作成しよう! | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲シンプルな操作で不思議な動画を作成しよう!

「MovieMagick」は動画を写真を組み合わせて編集するアプリです。

動画部分と写真部分を調整して、少し不思議な動画を作成しましょう。

また、人気のループ動画も作成できるので、SNSへの投稿にもおすすめです。

「MovieMagick」を使って、お気に入りの動画を新しい作品に変身させましょう!

基本的な使い方

まずは「MovieMagick」の基本的な使い方を紹介します。

使用する動画を選ぼう

▲フォトライブラリから動画を選ぶ | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲フォトライブラリから動画を選ぶ

「MovieMagick」をダウンロードして開くと、最初にiPhone本体のフォトライブラリが開きます。

この中からアプリで加工したい動画を選びましょう。

動画をトリミングしよう

▲動画の必要な部分だけをトリミング | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲動画の必要な部分だけをトリミング

フォトライブラリから動画を選択すると、トリミング画面に移動します。

画面上部にある動画の再生バーをタップして、黄色い枠を表示しましょう。

この黄色い枠の左右をスライドすると、範囲選択ができます。

また、画面下にある再生ボタンをタップすれば、動画のプレビューが可能です。

使いたい部分だけを切り取れば、長い動画も編集しやすくなるでしょう。

トリミングが終わったら、画面下にある「選択」ボタンをタップし、先に進みます。

動画の編集画面を確認しよう

▲動画の編集画面 | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲動画の編集画面

動画のトリミングが終わると、「MovieMagick」のメイン機能である動画の編集画面が開きます。

画面の下部に表示されている各編集メニューの操作方法を紹介します。

動画の変更

編集メニューの1番左にあるプラスマークが動画の変更ボタンです。

このボタンをタップすると、iPhone本体のフォトライブラリが開きます。

選択した動画以外のものを使いたい時にはここから動画を変更しましょう。

消しゴム

メニューの左から2番目にあるのが消しゴムボタンです。

消しゴムを使えば、動画内の不要な部分を削除できます。

操作を進める・戻す

消しゴムボタンの右にあるのが修正ボタンです。

左のボタンをタップすると1つ前の操作に戻り、右のボタンをタップすると1つ操作を進めます。

動画の編集を修正する際に便利な機能です。

動画のエクスポート

メニューの左から2番目にあるのが動画のエクスポートボタンです。

このボタンをタップすると、動画を保存します。

エクスポート時には保存と同時に動画のループ設定もできます。

アプリ内ショップ

▲広告&ウォーターマークが削除できる | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲広告&ウォーターマークが削除できる

エクスポートボタンの右にあるのがアプリ内ショップのボタンです。

「MovieMagick」は無料で使えるアプリですが、その代わりに広告動画が再生されます。

また、動画を保存した際にアプリのウォーターマークが追加されます。

広告やウォーターマークを削除したい場合には、アプリをアップグレードしましょう。

アプリのアップグレードは、ショップ内から600円でできます。

おすすめの使い方

次は「MovieMagick」を使った詳しい動画編集方法を紹介します。

おすすめ機能を使ってSNS向けの新しい動画を作りましょう!

動画編集を始める前の注意点

▲編集を開始しよう | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲編集を開始しよう

動画編集を始める前に、アプリの注意点を説明します。

「MovieMagick」は動画と写真を同時に編集するアプリです。

編集の流れは以下のようになります。

  1. 動画の中から写真として切り抜く1場面を選ぶ
  2. 消しゴムを使って写真の一部を切り抜く
  3. 切り抜いた部分には動画が再生される
  4. 保存したい部分だけをトリミングする

流れに沿って実際に編集をしてみましょう。

動画の1場面を切り抜く

▲白い矢印はスワイプで移動できる | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲白い矢印はスワイプで移動できる

まずは写真として使用する1場面を動画の中から選びます。

編集画面の中央にある動画の再生バーに注目しましょう。

再生バーの下には白い矢印が表示されています。

この矢印の部分が、写真として編集画面に表示されます。

矢印を移動させて好きな場所を指定しましょう。

消しゴムを使って写真の一部を切り抜く

次に、画面下の編集メニューから消しゴムボタンを選びます。

すると、消しゴム用の編集ページが開きます。

消しゴムのサイズを選ぶ

▲バーをスライドして消しゴムのサイズを決める | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲バーをスライドして消しゴムのサイズを決める

最初に消しゴムのサイズを選びましょう。

画面下に出てくるバーをスライドすると、消しゴムサイズが変更されます。

広い範囲を消したい場合にはバーを右に、細かい作業をしたい時には左に移動しましょう。

編集画面の写真に消しゴムを使う

▲再生中の動画を確認しながら、写真に消しゴムを使おう | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲再生中の動画を確認しながら、写真に消しゴムを使おう

消しゴムのサイズが決まったら、編集画面をスワイプします。

スワイプした場所の写真は削除され、その下にある動画が見える状態になります。

写真と動画を融合させた編集ができるのが「MovieMagick」の特徴です。

使いたい部分だけをトリミングする

▲白い枠で保存したい部分だけをトリミング | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲白い枠で保存したい部分だけをトリミング

写真に消しゴムを使ったら、最後の仕上げをしましょう。

動画の再生バーの部分に白い枠が表示されています。

この枠の範囲内のみが動画として保存されます。

不要な部分をカットして、保存したい部分だけを選択しましょう。

「MovieMagick」を使った動画編集のコツ

次はアプリを使った動画編集のコツを紹介します。

「MovieMagick」は以下のような編集をするのに便利です。

合成のような動画を作成する

▲りんごの中で救急車が動く! | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲りんごの中で救急車が動く!

まったく違ったシーンの動画を使えば、合成したかのような動画が作成できます。

今回の編集で使った動画では、りんごの後に救急車を撮影しました。

りんご部分を写真にして真ん中に消しゴムを使えば、りんごの中で救急車が動いているような動画になります。

「MovieMagick」では、想像力を使った幅広い加工が可能です。

動画の一部分のみを動かす

▲一部分を動かせば「動く写真」ができる | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲一部分を動かせば「動く写真」ができる

固定で撮影した動画を使って編集をすれば、写真と動画の中間のような動画を作成できます。

例えば水族館の動画を使い、プールの部分だけに消しゴムをかけます。

すると、プールの部分だけが動画として動き、その他の部分が写真として表示されます。

このように動画の一部分のみを動かすように編集すると、「動く写真」のような作品が作れます。

ループ動画を作ろう

完成した動画を保存しましょう。

「MovieMagick」では、動画を保存する時にループ設定ができます。

ループ回数を指定する

▲ループ動画を簡単作成! | SNS向け!ループ動画も作成できる動画編集アプリ「MovieMagick」
▲ループ動画を簡単作成!

エクスポートボタンを押すと、「Loop Count」という項目が出てきます。

この回数分、動画を繰り返し再生します。

指定できる回数は1から10です。

完成時の秒数を確認しながら、好みの回数を指定しましょう。

回数設定が終わったら、「Export」をタップして保存します。

通常の動画として保存する

ループなしの通常の動画として保存する場合には、ループ回数を1に設定してエクスポートしましょう。

シンプルな操作が魅力!アプリでささっと動画編集

今回は少し変わった動画編集ができるアプリ「MovieMagick」を紹介しました。

編集機能は少なく、操作自体はとてもシンプルです。

しかし、想像力を使えばさまざまなおもしろ動画が作れるでしょう。

「MovieMagick」で通常の動画編集アプリでは作れない、アーティスティックな動画を作りSNSで自慢しましょう!

画像:筆者撮影

「MovieMagick」のレビュー

チュートリアルがないので、操作方法が分かるまでに少し時間がかかりました。

使い方によっては変わった編集ができて面白いです。

デコレーション系の加工項目が追加されるともっと便利だと思いました。

★レビュー 4.0

スペック・仕様

開発者
Kenichi Kobayashi
リリース
2018年3月17日
サイズ
47.43 MB
価格
無料
ダウンロード

カテゴリ

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。