ChecksWidget (チェックスウィジェット)のアイコン

アプリ「ChecksWidget (チェックスウィジェット)」の魅力を紹介!

ChecksWidget (チェックスウィジェット)

無料

更新日:2018/11/28

超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」

    目次

  1. 簡単にリストをチェックできるウィジェット「ChecksWidget」
  2. チェックリストの追加
  3. チェック項目の作成
  4. 通知センターへの追加
  5. 通知センターに表示させるチェックリストの選択
  6. 設定画面でできること
  7. 追加ボタンの変更
  8. 無料版と有料版の違い
  9. 手軽で使い勝手のいいウィジェット「ChecksWidget」
  10. 「ChecksWidget」のレビュー

簡単にリストをチェックできるウィジェット「ChecksWidget」

▲アプリの立ち上げ画面 | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲アプリの立ち上げ画面

スマートフォンでメモをとって保存しておけるのは非常に便利ですが、メモを確認するたびにアプリを立ち上げて見なくてはいけないのは面倒です。

「ChecksWidget」は、アプリを立ち上げる必要がなく、iPhoneの通知センターでメモを確認できるウィジェットです。

しかも通知センター上で、リストのチェックをつけたりとったりできます。

さっとリストを確認したい、リストにチェックをつけたいという作業を簡単にできるアプリです。

チェックリストの追加

▲画面右上にある+ボタンを押す | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲画面右上にある+ボタンを押す

まずは、「To Do リスト」や「購入するもの」などリストの大分類を作成します。

アプリを立ち上げ、アプリ画面の右上にある+ボタンを押します。

▲リストの大分類を作成する | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲リストの大分類を作成する

「チェックリストを追加」というタイトル入力画面が出てくるので、名称を記入し、「追加」を押しましょう。

▲「今日やること」というリストが作成された | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲「今日やること」というリストが作成された

たとえば、「今日やること」という名称を記入し「追加」を押すと、「今日やること」というリストが作成されます。

チェックリストの表示順の変更と削除

▲「リストを編集する」を押した画面 | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲「リストを編集する」を押した画面

アプリ内でのチェックリストの表示順を変更することも可能です。

チェックリストの項目を長押しすると表示される「リストを編集する」を押すと、チェックリスト名の左にマイナスマークが、右に三本線が表示されます。

マイナスマークを押すと「削除」ボタンが出てくるので、チェックリストを削除したい場合は「削除」を押し右上にある「完了」を押すと、チェックリストが削除されます。

チェックリストの順序を変えるには、三本線を長押しさせながら移動させ、「完了」を押します。

チェック項目の作成

▲チェック項目作成画面 | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲チェック項目作成画面

実際にチェックする項目を作成するには、チェック項目を作成したいチェックリストを押します。

次にアプリ画面の右上の+ボタンを押しましょう。

▲チェック項目名を入力する | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲チェック項目名を入力する

「チェック項目を追加」という項目名の入力画面が出てくるので、項目名を入力し追加を押します。

▲チェック項目が作成された状態 | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲チェック項目が作成された状態

チェック項目が作成されます。

チェック項目の表示順の変更と削除

▲チェック項目を長押しすると並び替えと削除ができる | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲チェック項目を長押しすると並び替えと削除ができる

削除したいチェック項目を長押しすると、項目名の左にマイナスマークが、右に三本線が表示されます。

マイナスマークを押し、出てきた「削除」ボタンと、右上にある「完了」を押すと、チェック項目が削除されます。

チェック項目の順序を変えるには、三本線を長押しさせながら移動させ、「完了」を押します。

通知センターへの追加

 ▲ウィジェット追加画面 | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
 ▲ウィジェット追加画面

アプリ内のチェック画面で、項目名の左にある四角にチェックボタンを入れたりはずしたりして、項目のチェックもできますが、それだとアプリをその都度立ち上げる必要があります。

アプリを立ち上げることなく、メモを通知センターで確認できるのが、「ChecksWidget」の中でも特筆すべき機能です。

通知センターで確認できるようにするには、通知センターの編集を開き、「ウィジェットを追加」画面に移動します。

「ChecksWidget」を見つけ、アプリ名の横にあるプラスボタンを押します。

▲ウィジェットに追加されたら、画面右上にある「完了」ボタンを押す | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲ウィジェットに追加されたら、画面右上にある「完了」ボタンを押す

追加されたら、「完了」ボタンを押します。

▲一番上に表示したい場合は、一番上に置く | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲一番上に表示したい場合は、一番上に置く

通知センターでの表示位置を変更したい場合は、アプリ名の横にある三本線を長押しして移動させたい場所へ移動させます。

通知センターで一番上に表示させたい場合は、一番上に移動させます。

▲一番上にリストが表示される | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲一番上にリストが表示される

通知センターに表示させるチェックリストの選択

▲「このリストを表示用として選択」を押す | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲「このリストを表示用として選択」を押す

通知センターに表示されるのは、アプリ内のチェックリストで「選択中」となっているリストです。

通知センターに表示させたい場合は、アプリの「CHECK LISTS」画面へ移動し、選択中にしたいチェックリストを長押しします。

長押しすると「このリストを表示用として選択」と表示されるので、これを押せば「選択中」となり、通知センターに表示されます。

設定画面でできること

設定画面では、背景画像の変更や、広告を削除するためのプロバージョンの購入ができます。

背景画像の変更

▲画面左上にある歯車マークを押す | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲画面左上にある歯車マークを押す

アプリ上の背景を自分の好きな画像に設定できます。

「CHECK LISTS」が表示されているアプリ画面を表示させ、左上にある歯車マークを押します。

▲「背景画像を設定する」を選択 | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲「背景画像を設定する」を選択

「Setting」画面の「背景画像を設定する」を押します。

▲背景画像を変えた状態 | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲背景画像を変えた状態

「写真」にアクセスするので、好きな写真を選択すれば、設定完了です。

追加ボタンの変更

▲「アイテム編集で大きな設定ボタンを表示」にチェックを入れる | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲「アイテム編集で大きな設定ボタンを表示」にチェックを入れる

通常だとアプリ画面の右上にプラスマーク(追加ボタン)が表示されていますが、このプラスマークを大きい表示に変更できます。

「Setting」画面の「アイテム編集で大きな設定ボタンを表示」にチェックを入れ、「完了」を押すと、チェック項目作成画面のプラスマークが大きくなります。

▲プラスマークが画面上に大きく表示される | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲プラスマークが画面上に大きく表示される

無料版と有料版の違い

「ChecksWidget」は基本無料ですが、有料版のプロバージョンを購入すると、広告を消去でき、チェックリストの追加ができるようになります。

有料版のプロバージョンは240円です。

チェックリストの追加

▲リストを3つ以上作成しようとすると表示される | 超便利!アプリを立ち上げずにリストをチェックできる「ChecksWidget」
▲リストを3つ以上作成しようとすると表示される

無料版ではチェックリストは2つまでしか作成できません。

たとえば、「To Doリスト」と「購入したいもの」というチェックリストを作成するとそれ以上はリストを作成できず、プロバーションの購入を促されます。

バナー広告とムービー広告

無料版では、常にアプリの上部にバナー広告が表示されています。さらに、作業をしている途中にムービー広告が流れます。

これらの広告を表示させないようにするには、プロバーションの購入が必要です。

手軽で使い勝手のいいウィジェット「ChecksWidget」

簡単にチェックリストが作れる上、通知センターで項目を確認できる使い勝手の良いウィジェットです。

アプリを開くことなく、通知センターでチェックリストへチェックをつけたりとったりできるのも便利です。

アップルウォッチにも対応しており、日々の生活に役に立つアプリでしょう。

画像:著者撮影

「ChecksWidget」のレビュー

簡単にメモがとれるだけでなく、通知センターで簡単にチェック項目を確認でき、さらに終了した項目などにチェックをつけられるのは非常に便利です。

使い終わったリストもアプリ上で簡単に削除できます。

アプリ上部に表示されているバナー広告は、点滅したり頻繁に変わるわけではないので、慣れてしまえば邪魔に感じませんが、たまに流れるムービー広告が作業を中断させ邪魔な感じを受けます。

さらに無料版だと、チェックリストを2つまでしか作成できないので、もっと使い勝手よく「ChecksWidget」を利用したいと感じると、2つのリストでは物足りなく感じます。

240円という価格で、メモ帳2冊分と思えば高い価格ではないので、無料版を気に入れば有料版を購入したくなるアプリだと思います。

チェックリストが日常で欠かせないという人には手放せないアプリとなりそうです。

★レビュー4.5

スペック・仕様

開発者
AKIRA IWAi
リリース
2016年5月23日
サイズ
17.71 MB
価格
無料
ダウンロード

カテゴリ

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。