憑依が魅力のRPG「妖怪百姫たん!」で妖怪にハマる!

憑依が魅力のRPG「妖怪百姫たん!」で妖怪にハマる!

ドットアップス編集部
最終更新日 2019/12/23 19:53
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

スマホゲームのヘッダー画像
2024/6/17 05:00

「妖怪百姫たん!(以下百姫たん)」はMynet Gamesから配信されている、「妖怪憑依RPG」で全国各地のさまざまな妖怪が登場して物語が進行する内容となっています。

百姫たんは、謎の敵「利器土(リキッド)」と戦いながら、全国を探索して妖怪たちと出会い、キズナを深めていくストーリーとなっています。

※著者撮影

 

妖術と憑依を使って戦おう!

百姫たんでは、出現する敵を倒して戦闘を進めていくバトル形式になります。

戦闘に参加するパーティはメインに戦闘を行う妖怪5体と、それらの妖怪が倒された際に補充を行うことができる控え妖怪4体の計9体で編成することが可能です。

プレイヤーが戦闘中に行える行動としては

  • 攻撃する敵を指定する
  • 戦闘を有利に進めることのできる妖術を使用する
  • 憑依を行う
  • メインの妖怪が減った際に控えから補充する

の4種類がありますが、通常の攻撃は「速」が高い順番に自動で行います。

※著者撮影

 

憑依を活用してピンチを切り抜けよう!

百姫たんの戦闘での特徴として「憑依」というシステムがあります。

憑依はメインの妖怪を1体選択して、憑依させたい妖怪にドラッグすることで行うことができます。

憑依された妖怪はレアリティーと各種パラメーターが上昇し、HPである「命」が全回復します。

その際、憑依に使用した妖怪は戦闘終了時までいなくなるので注意してください。

また、戦闘でダメージを受けてやられてしまった妖怪は、パーティからすぐに抜けずに抜けるまでに余裕があるため、その間に妖術と憑依を使用することができます。

憑依の活用法としては

  • やられてしまった妖怪を回復させる
  • 強化したい妖怪に憑依を使用する
  • 複数の妖怪がやられた際の延命策

などがあります。

ボス戦などの手ごわい敵が出る場面で、控えに妖怪がいる際はタイミングを見て憑依させていきましょう。

※著者撮影

 

お屋敷強化をしよう!

お屋敷強化では、母屋や離れを強化することで、パーティのコストを増やしたり、戦闘でのドロップ率上昇、妖術、憑依ゲージへのボーナスなどの効果を強化することができるので、強化をすると探索の際の助けとなります。

特に「母屋」はパーティコストの上限が上がるため、パーティの戦力不足になりがちな序盤で強化をしておくと良いでしょう。

パーティコストはプレイヤーランクの上昇でもアップしますが、1回の強化につきコストが5プラスされるため、SSRなどの強力な妖怪を入れたり、控えを入れたい際は優先的に強化したい施設です。

また、「蔵」は素材のドロップ率が上昇するため、合魂(強化)に使用する妖怪を集める際には強化しておくと効率が良いです。

ただし、このお屋敷強化で強化する際には大量の素材が必要となるため、素材の在庫と相談しながら強化をしましょう。

 

素材集めが重要!

百姫たんでは、お屋敷強化で素材を使用しますが、そのほかにも妖怪の昇華(進化)や通常召喚でも素材を使用するため、素材集めが重要となります。

素材は主に

  • 曜日ごとのスペシャル探索や通常の探索で集める
  • 任務をこなす
  • いらない妖怪をお祓いする
  • お遣いを行う
  • お屋敷の化け猫から素材を貰う

などの方法があります。

この中で一番素材を得ることができるのは任務かスペシャル探索になり、スペシャル探索は曜日ごとに得られる素材が変わる探索と、全ての素材が手に入る「おいてけ堀」の2種類があります。

ただし、スペシャル探索は体力の消費も高いため、体力の少ないうちはデイリー、ウィークリーの任務をこなした方が良いかもしれません。

また、妖怪1体を長時間お遣いに出して素材を集める「お遣い」があります。

お遣いは回数をこなすことでお遣いのレベルを上げることができ、レベルアップで得られる素材の数が上昇します。

ついでに妖怪のレベルも上げることができるため、パーティに入っていない妖怪がいるのであれば積極的に使っていきたい機能です。

 

とにかくかわいい妖怪とのストーリーが魅力!

百姫たんは探索で展開されるストーリーがありますが、そのほかにも妖怪を戦闘に使用し続けるとキズナが上がることで専用のストーリー「キズナ譚」が開放されます。

同じ妖怪でも昇華(進化)した際にも別のキズナ譚は用意されているので、全てを見ることは大変ですが、育て続けた妖怪のストーリーを追っていくことで愛着も沸くのではないでしょうか。

※著者撮影

こちらの記事もおすすめ!

スマホゲームのヘッダー画像
2024/6/17 05:00

人気カテゴリ

ストアに接続中...