『レシート箱 - 爆速家計簿、もっとお金を節約!』打ち込みやすくすぐ確認できる家計簿アプリ

『レシート箱 - 爆速家計簿、もっとお金を節約!』打ち込みやすくすぐ確認できる家計簿アプリ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/6/22 17:57
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

生活・暮らしの便利のヘッダー画像
2023/2/6 05:00

    目次

  1. カテゴリ選択・数字入力が簡単でわかりやすい
  2. グラフページで家計簿チェック!節約を簡単に
  3. 「レシート箱」を実際に使ってみた!
  4. 「レシート箱 」はこんな人におすすめ!
  5. シンプルで使いやすい簡単アプリ「レシート箱」

画像:著者撮影

「レシート箱 - 爆速家計簿、もっとお金を節約!」は、簡単な打ち込み操作で日々の家計を入力し、すぐに家計簿をチェックできるファイナンスアプリです。

レシートを手にしたら支出内容をざっくり入力すればいいので、簡単に節約に向けた家計簿をつけ始めることができます

 

収入・支出の種類別打ち込みを一画面で行うことができ、細かく入力していくと一カ月分のグラフが完成します。使いやすいようにタグ付けを行えば銀行別のソートや、現金が銀行内にあるのか、財布のあるのかの確認をすることもできるでしょう。

お金の動きと使い道だけを入力する簡単操作なので、細かい打ち込みが生じません。大きなお金の動きを把握できるので、ぱっと見て無駄遣いがないかを簡単にチェックできます。

 

 

カテゴリ選択・数字入力が簡単でわかりやすい

「レシート箱 」のカテゴリ選択はとても簡単です。カテゴリの仕分けは、タップとスクロールの簡単作業で行え、数字入力も電卓画面と同様に入力できます。全てを1つの画面で行えるので、余計な時間をとらずにさっと入力を終わらせられます。

家計簿アプリにありがちな、食費・夕飯といった細分化した仕分けがないので、大カテゴリだけで仕分けを完了できます。細かく設定すればするほど複雑になりがちなファイナンスアプリですが、大雑把にまとめられているので、面倒が苦手な人でも手軽に続けられるでしょう。

 

 

グラフページで家計簿チェック!節約を簡単に

大雑把に入力した支出データは、一覧とグラフで表示されます。

シンプルなグラフを視覚情報として捉えられるので、自分が何にいくら使ったのかを瞬時に把握できます。

手書きの家計簿よりも簡単にざっくりとした支出データを管理できるので、どの部分の支出を抑えればいいのかといった無駄な支出を見直して節約に繋げられます。

 

 

「レシート箱」を実際に使ってみた!

「レシート箱」を実際に使ってみた操作感や、便利なポイントをお伝えします。

 

アイコンでわかりやすく感覚操作

画像:著者撮影

入力画面は支出、収入どちらも1画面で選択でき、さっと選べるカテゴリアイコンで簡単に仕分けができます。

カテゴリをくるくるスクロールして選択したら、数字を入力して完了です。とにかく感覚的に操作して入力できるのが「レシート箱 」の魅力です。

 

見かけないこだわりのカテゴリも標準搭載

画像:著者撮影

〈ビジネス旅行〉など、通常の家計簿アプリでは見かけないようなカテゴリも初期から登録されています。

アイコンで分かりやすく多数のカテゴリが用意されているので、あのカテゴリがない、これはどれに登録すれば良いの、という家計簿アプリでよくある疑問はまず起こらないでしょう。

存在しないカテゴリも、自分で新規登録できるので、カテゴリによる仕分けが楽に行えるのが魅力です。

 

グラフは簡単でわかりやすくて速い

画像:著者撮影

入力したらすぐに確認できる報告ページには、シンプルな円グラフに大きい文字で支出項目が書かれています。

複雑すぎる報告レポートは、グラフの意味が分からず家計の見直しにも時間がかかりますが、「レシート箱」のように簡単に理解できる円グラフを使えば、ぱっとみて無駄な支出を把握できるでしょう。

 

 

「レシート箱 」はこんな人におすすめ!

「レシート箱」はこんな人におすすめです。

 

  • 家計簿が三日坊主で終わってしまう
  • 家計簿をつけるのが苦手
  • 大雑把な人
  • 細かい分析が得意ではない
  • お金の計算が苦手

上記のような人も、簡単な入力作業とざっくりとした仕分けグラフで継続して家計簿を続けることができるでしょう。

 

 

シンプルで使いやすい簡単アプリ「レシート箱」

「レシート箱」は、細かい設定事項がないシンプルでわかりやすい節約に向けたファイナンスアプリです

支出のカテゴリ選択や金額入力は全て1画面で完了し、詳細は省いて必要最低限の事項だけがすぐに入力できるシステムが、大雑把な人でも長続きする魅力です。グラフの結果も簡単で、何が一番家計を圧迫しているのかということだけが可視化されるので、ざっくりと節約を始められるでしょう。

 

家計簿が続かない、苦手と考えている人は、「レシート箱」から手軽な家計簿をはじめてみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もおすすめ!

生活・暮らしの便利のヘッダー画像
2023/2/6 05:00

人気カテゴリ

ストアに接続中...