手軽で簡単にFX Cymo バーチャルトレードをしよう!

手軽で簡単にFX Cymo バーチャルトレードをしよう!

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/29 23:17
関連するアプリ一覧ページ: ファイナンス・仮想通貨 投資・資産運用 FX
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

ファイナンス・仮想通貨のヘッダー画像
2024/6/17 05:00

    目次

  1. 手軽で簡単にFX Cymo バーチャルトレードをしよう!

手軽で簡単にFX Cymo バーチャルトレードをしよう!

FX取引をしようと思っても、「FX」という言葉は聞いたことはあるけどやり方がよく分からないので始めることに抵抗がある人も多いのではないでしょうか。

私もFX取引を始めたいと考えて用語などを調べる所から始めていますが、一つ一つの言葉が難しいこと、良いタイミングでの注文をしようと思っていてもタイミングが分からないことが多くて難しいと思っています。

ですが、実際にFX取引を利用している人はもちろん、これから利用を始めようと考えている人でも簡単にFX取引をすることができるアプリを知ったのでオススメしたいと思います!

その名も、「FX Cymo バーチャルトレード」というアプリです。

このアプリでは、注文から決済の難しい流れに対して一つの画面を使うだけで取引を行うことができます。

他にも初心者の方向けにデモ口座を使って取引の体験が可能です!

 

どこでも「FX Cymo バーチャルトレード」でFX取引をしよう!

この「FX Cymo バーチャルトレード」というアプリはワイジェイFX株式会社が提供をしています。
新規や決済といった注文を別々に選ぶ必要がなく一つの画面で注文をすることが出来ることが強みになっています。

注文画面上ではレートの更新がリアルタイムになっている為、レートを見ながら自分の好きなタイミングで注文を出すことが可能です。

また、新規と決済の注文時に「指値/逆指値」の組み合わせで、OCO注文、IFD注文、IFO注文といった注文を自分の作りたいように発注する事が可能です。

他にもチャート機能で多くの機能を選べることや設定機能もあるだけでなく、Globalinfo24で最新ニュース(サンプル)を見ることが出来ます。

画像:著者撮影

新規注文から決済注文への遷移が可能

この「FX Cymo バーチャルトレード」というアプリでは、新規に注文をする時に「続けて決済注文も入力する」の部分にチェックマークを入れておくことで、新規に注文をした後すぐに決済注文の画面へと移ることが出来ます。

改めて決済の注文をする必要がない為すぐに決済画面に移れることや、素早く逆指値注文を設定することで、リスクが最小限に抑えられる可能性も秘めているという強みがあります。

また、新規の注文画面上の設定には「自動利食い損切りポイント」というものがあり、こちらも設定することが出来ます。

この「自動利食い損切りポイント」を設定すると、ポイント値を設定しておくことで新規の注文と一緒に「決済指値注文、決済逆指値注文、決済OCO注文」の3つの注文に対して発注をすることがが可能になります。

画像:著者撮影

実際に起動してみました!

まず「FX Cymo バーチャルトレード」というアプリを起動します。

「ログインIDとパスワード」を入力する画面が出てきます。

「ログインIDとパスワード」を入力し、ログインすると、「プライスボード」、「チャート」、「ニュース」、「お知らせ」を見ることができます。

プライスボードは通貨ペアが並んでいるのですが、パターンが大・中・小と3種類あるので、自分の好みの画面表示を選択することができます。

また、通貨ペアの並びについては「メニュー」ボタンの「設定」で「通貨表示設定」を選択すると、22パターンの通貨ペアの一覧が表示されます。

通貨ペアの隣にチェックボックスがついているので、自分の欲しい部分の通過ペアだけ表示させたり、自分が見やすいように順番を並び替えたりすることが可能です。

「ニュース」では、市場のニュースのサンプルを見れたり、前日・当日・翌日の経済指標を見れたり、ログインするとプレミアムレポートを見ることが出来ます。

画像:著者撮影

チャート機能について

 

「FX Cymo バーチャルトレード」というアプリでのチャート機能として、チャートの種類は「ローソク足、平均足、ティック」の3つがあります。

ローソク足と平均足ではBid(売値)とAsk(買値)を選択することができたり、更新時間を選択することができます。

更新時間は、1分、5分、15分、30分、60分、2時間、4時間、1日、1週間、1ヶ月と選択ができるので、今を見たいのか過去の全体を見て考えたいのか自分の思うように表示をさせることが可能です。

一方ティックではBid(売値)とAsk(買値)とBid・Askの両方の選択をすることができます。

そして、表示されているチャートはスクロールさせたり拡大・縮小させることができるので細かいところまで確認することが出来ますね。

また、ホーム画面にCymoの画面のウィジェットを追加で表示することも出来ます。

毎回アプリを起動しなくてもちょっとした時間にレートやチャートなどを見ることができるので、いつでもどこでも見たい時にスマートフォン一つでFX取引ができますね。

気になった方は是非利用してみてください!

画像:著者撮影

関連するアプリ一覧ページ: ファイナンス・仮想通貨 投資・資産運用 FX

こちらの記事もおすすめ!

ファイナンス・仮想通貨のヘッダー画像
2024/6/17 05:00

人気カテゴリ

ストアに接続中...