『ウェイブ・アラーム』モーション・コントロールでiPhoneに触れなくても目覚ましを止めることができるアプリ

『ウェイブ・アラーム』モーション・コントロールでiPhoneに触れなくても目覚ましを止めることができるアプリ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/6/15 13:11
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

生活・暮らしの便利のヘッダー画像
2024/6/19 05:00

朝起きるのが苦手な人にとって、目覚ましの音というのは、一番聞きたくない音かもしれませんね。

iPhoneに触らなくても、近くで手を動かすだけで、アラームを止めることができる『ウェイブ・アラーム』アプリを使えば、これからはアラームが鳴る時間が楽しみになりますよ。

ホーム画面には、がくっきりと見やすい時刻のほかにも天気、気温が表示されています。

アラーム音はアプリに入っている10種類のほかに、自分の好きな音楽をiPodライブラリーから設定することができます。

『ウェイブ・アラーム』アプリのモーション・コントロールの便利な機能を一度使ったら、これまで使っていたiPhoneのアラーム機能だけでは物足りなくなること間違いなしです。

 

『ウェイブ・アラーム』のモーション・コントロール機能

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id504386929?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

『ウェイブ・アラーム』のメイン機能のモーション・コントロール。アラームが鳴ったiPhoneのカメラ(スクリーン側に付いているカメラ・インカメラ)が認識できる範囲で手を振る

とその動きを感知してアラームが止まるというものです。寝る時は、iPhoneの前画面のほうを上にして、アプリを開いたままにしておくようにしてください。

アラームが鳴っている間は、時計の文字が揺れて動きます。モーション・コントロールを使ってアラームを止める時のデジタル音がかっこいいです。何回もやってみたくなりますよ。

※もし、アプリを閉じて眠ってしまっても、寝過ごす心配はありません。アプリの設定を開いて「背景アラーム」(デジタルアラーム・background alarm)のセットをしておけば、背

景アラームが起動しますので、寝過ごす心配はありません。・・・アプリの説明では、こうなっているのですが、何度試してみても不具合なのかアラームが鳴りませんでした。アプリを

開いたままでお使いになることをおすすめします。

 

シンプルデザインでスタイリッシュな時間表示

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id504386929?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

『ウェイブ・アラーム』の時間表示は、文字の色を青、緑、赤、黄色の4色に変更できます。背景が黒なので、どの色を選んでも文字が見やすいです。

デジタル表示の周りに時計の文字盤に沿って目盛りがあるのですが、外側が時(hour)、内側が分(minute)を表しています。

日付、時間、温度、最高気温、最低気温に加え、今日の天気が気象マークで表示されているので、アラームとしてだけではなく、置き時計の機能も充実しています。

ただ、『ウェイブ・アラーム』の日本語表記がおかしなところがあるのですが、日付の表示も「水曜日,7月 20」となっていて「7月20日、水曜日」ではないんですね。

最初にアプリを開いた時点での温度も華氏になっています。日本で通常使う摂氏に慣れている人は、アプリを使う前に設定から摂氏に変更されたほうが、わかりやすいです。

 

『ウェイブ・アラーム』使ってみました

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id504386929?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

それでは、実際に『ウェイブ・アラーム』を使ってみます。

①アプリを開いたホーム画面の右上にある歯車マーク「設定」をタップします。「アラーム設定」からアラームの詳細を設定します。

②「時間」・・アラームを鳴らしたい時間をセットします。

③「繰り返し」・・月曜日~日曜日までを設定できます。毎週月曜日にアラームが鳴るようにするという意味の”繰り返し”です。

④「サウンド」・・10種類の中から選べるのですが、「アラームを見るにはアラーム音を2度タップしてください」とアプリに表示されています。これは、「アラーム音を聞くには、ア

ラーム音を2度タップしてください」の日本語翻訳間違いですね。

このように、使用するのに不便なほどではありませんが、『ウェイブ・アラーム』はところどころ日本語が拙い箇所があります。

10種類のアラーム音のうち、タイマー、デジタル、チャイムは目覚まし風の音です。マリンバ、海、雨林、クラシックギター、スパニッシュギター、ウェイクアップは、アラームが鳴

るのが楽しみになるとても美しい音楽です。

⑤「スヌーズ」・・・2分~20分まで設定できます。”決して”というのが一番上にありますが、これは”スヌーズをしない”という意味ですね。

⑥「有効なアラーム」をONにして、画面右上の”保存”をタップすることをお忘れなく!

⑦「ジェスチャー」で”指を上下にドラッグ”がONになっていることを確認したら”完了”です。

⑧後は、『ウェイブ・アラーム』のアプリを開いたまま、モーション・コントロールでアラームを止めることを楽しみにしてお休みください。

 

『ウェイブ・アラーム』はこんな人におすすめ

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id504386929?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

モーション・コントロールが楽しい『ウェイブ・アラーム』アプリは、起きるのが苦手な人におすすめです。

朝、何回起こしても起きてこない子供にも良さそうですね。

背景アラーム(デジタルアラーム)の作動には、少し不安がありますので、いくつかのアラームと合わせてお使いになったほうが確実です。

 

『ウェイブ・アラーム』まとめ

ご紹介した、手を振ってアラームを止める『ウェイブ・アラーム』は、モーション・コントロール機能はもちろんのこと、アラーム音楽や時間表示画面がとても美しいアプリです。

iPhoneを置き時計として使うのにもおすすめのアプリです。是非、インストールして使ってみませんか。アラームが鳴るのが楽しみになりますよ。

 

こちらの記事もおすすめ!

生活・暮らしの便利のヘッダー画像
2024/6/19 05:00

人気カテゴリ

ストアに接続中...