ポイントで損しない!楽天カードを解約時にすべきことは1つだった!?

ポイントで損しない!楽天カードを解約時にすべきことは1つだった!?

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/5/25 15:09
関連するアプリ一覧ページ: ファイナンス・仮想通貨 クレジットカード
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

ファイナンス・仮想通貨のヘッダー画像
2020/5/25 05:00

    目次

  1. 楽天カードを解約する前に確認しておくこと
  2. 楽天カードの解約方法とは?
  3. 楽天カードを解約する前にやっておくべきこと
  4. 楽天カードに再入会したくなったら?特典はまたもらえる? 
  5. 楽天カードで失敗しないために

ネットショッピングや公共料金等の支払いに便利なクレジットカードですが、皆さんはどんなカードを使っていますか?

クレジットカードの中でも利用者が多く、人気が高いのが楽天カードです。

気軽に作ることができ、使い勝手も良いので多くの方が使っているでしょう。

今回はそんな楽天カードを解約したいときに気を付けたいポイントや、実際の解約方法を紹介します。

便利なカードとは言え、解約したいという方もいるでしょう。

クレジットカードを解約する際には確認すべきことや注意点がありますので、この記事を参考にしながら手続きをしてみてください。

画像:著者撮影

楽天カードを解約する前に確認しておくこと

画像:著者撮影

クレジットカードで公共料金等を支払っている方は、カードを解約する前に支払方法を変更しましょう。

先にカードを解約してしまうと、料金が未納のままになってしまいます。

他のクレジットカードや口座の引き落としに変更し、未納期間がないようにする必要があります。

また、未払いのものがないか確認しておくことも大切です。

楽天市場などでの買い物の際、支払いを楽天カードで行っている方は多いでしょう。

それらの支払いの中で、まだ未払いのものがある場合は解約しないことをおすすめします。

未払いのものがあるにも関わらず解約をしてしまうと、今後クレジットカードを作る際などに不利になってしまうことがあります。

公共料金などの定期的な支払いをカード払いにしている方やカードを使って買い物をしている方は、解約前にこれらのことを確認しておきましょう。

楽天カードの解約方法とは?

画像:著者撮影

ここでは、実際に楽天カードを解約する際の詳しい方法を紹介します。

簡単な手続きで解約できますので、誰でも安心して解約することができます。

楽天カードコンタクトセンターに連絡をする

まずは、楽天カードコンタクトセンターに連絡をしましょう。

連絡する前に、手元に解約したい楽天カードを用意します。

コンタクトセンターに繋がると、自動音声が流れます。

楽天カードコンタクトセンター

自動音声で解約をする 

自動音声に従って進めてくと、オペレーターに繋がります。

本人確認のために住所・名前・電話番号などを聞かれますので、正確に答えましょう。

その後、解約の理由を聞かれます。

嘘をつく必要はありませんので、正直に解約したい理由を答えます。

カードが必要なくなった、カードの種類を変更したいなどの理由を答えれば大丈夫です。

これだけで楽天カードを解約することができます。

特に難しいことはなく、簡単に手続きを進められます。

電話連絡後カードにはさみを入れて破棄する

解約手続きが済んだら、カードにはさみを入れて破棄しましょう。

クレジットカードにはさまざまな情報が含まれていますので、必ずICチップと磁気部分にはさみを入れて破棄してください。

そのまま破棄してしまうと、思わぬところで悪用されてしまうこともあります。

クレジットカードを破棄する際は、細心の注意を払いましょう。

できるだけ細かく切り、情報が読み取られないようにすることをおすすめします。

また、クレジットカードを切る際は怪我のないように気を付けましょう。

楽天カードを解約する前にやっておくべきこと

画像:著者撮影

楽天カードを解約する際、損をしないようにしておくべきことがあります。

解約前にすべきことをしっかりやっておかないと、ポイントなどを無駄にしてしまうことがありますので注意しましょう。

楽天会員になっておく

解約前には必ず楽天の会員になっておきましょう。

すでに会員であれば問題はありませんが、未登録の場合は新しく登録する必要があります。

楽天カードを利用すると楽天ポイントが貯まりますが、解約時にポイントはなくなってしまいます。

しかし、楽天の会員になっておけばポイントがなくなることはありません。

会員のアカウントに引き継がれますので、その後も残ったポイントを使うことができます。

楽天カードに再入会した場合も、残ったポイントをそのまま使うことができるので便利です。

便利な公式アプリ・付随アプリ

楽天カードには、便利な公式アプリがあります。

アプリを使えばカードの管理も楽になり、随時明細等を確認できるので便利です。

また、楽天には他にも便利なアプリがたくさんあります。

例えばポイントカードとして使えるアプリ「楽天ポイントカード」や楽天での買い物に便利な「楽天市場」などがあります。

他にも銀行の管理ができるアプリ「楽天銀行」などがあります。

楽天銀行は利用している方も多いですが、アプリを使えば入出金が即時に確認出来るので便利です。

どれも便利なアプリなので、さまざまなアプリを活用しながら快適に楽天を利用してみてください。

楽天カードに再入会したくなったら?特典はまたもらえる? 

画像:著者撮影

楽天カードを一度解約した後、再度入会したいという方も多いでしょう。

楽天カードは作成すると特典がもらえることが多いですが、再入会の場合はもらえるのでしょうか。

ここでは、再入会に関する疑問を解決します。

入会特典はもらえない

まず最初に、再入会の場合は入会特典はもらうことはできません。

何度も入会特典がもらえてしまうと、入退会を繰り返す人が増えてしまうためです。

それを防ぐため、楽天カードの入会特典がもらえるのは初回のみとなっています。

条件によっては多少のポイントがもらえることがありますが、基本的にはもらうことはできません。

初回に入会する際は、特典が多い時を狙うのがおすすめです。

時期によってもらえるポイント数が異なるので、よく確認してから入会しましょう。

再入会ができない場合もある

新しいカードを作る場合、解約から3営業日後から申請することができます。

余裕をもって1~2週間程度待ってから申請すると良いでしょう。

ただし、一度解約してしまうと再入会できないケースもあるので注意が必要です。

例えば、自分で解約したのではなく強制退会になってしまった場合は再入会が難しくなります。

未払いなどのトラブルから、強制的に解約させられているので信用が落ちている状態です。

そのため、再入会は難しいです。

また、一度入会できたとしても環境が変わっていると再入会できないこともあります。

仕事が変わった場合や他のクレジットカードでトラブルがあると、再入会できなくなることもあるので注意しましょう。

一度入会できたからと言って、再入会できるとは限りません。

短期間で再入会すると信用が落ちる

楽天カードは比較的審査が通りやすく、作りやすいカードと言われています。

しかし、短期間で再入会を繰り返すと信用が落ちてしまいます。

解約から3営業日以降は再入会の申請が可能ですが、できるだけ期間を開けたほうが無難です。

特別な理由がない限り、短期間での再入会は避けましょう。

楽天カードの審査が通らなくなるだけでなく、他のクレジットカードを作る際も不利になってしまいます。

できれば再入会は数ヶ月~半年ほど期間を開ける方が良いでしょう。

楽天カードで失敗しないために

いかがでしたか?

楽天カードはとても便利なクレジットカードですが、使い方によっては損をしてしまうこともあります。

特に解約、再入会の際には今回紹介したポイントを踏まえて手続きをすると良いでしょう。

楽天カードでの失敗を防ぐためにも、解約前の注意点などを参考にしてみてください。

また、カードを破棄する際は必ず情報が読み取られないようにしてください。

楽天カードを上手に活用し、快適な買い物を楽しみましょう。

楽天カード公式

関連するアプリ一覧ページ: ファイナンス・仮想通貨 クレジットカード

こちらの記事もおすすめ!

ファイナンス・仮想通貨のヘッダー画像
2020/5/25 05:00

ストアに接続中...