写真加工アプリでオシャレにユニークに目隠しするアイデア4選

写真加工アプリでオシャレにユニークに目隠しするアイデア4選

ドットアップス編集部
最終更新日 2022/3/14 16:45
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

画像加工・写真カメラのヘッダー画像
2022/10/2 05:00

    目次

  1. 1. 手っ取り早く目隠しするならスタンプがおすすめ!
  2. 2. 少しオシャレに変わった目隠しするならコロコロスタンプ!
  3. 3. 自分だけのユニークな目隠しをするなら手描きで!
  4. 4. 見えそうで見えない!そんな目隠しはモザイクで決まり!
  5. 5.自分だけの目隠しでユニークな写真を作ろう!

Facebookやtwitter、InstagramなどのSNSに、自分をはじめとした人物の写真をアップする人も多くなりました。ですが、やはり「顔出し」にはリスクが伴うことも確かです。また、自分はOKでも一緒に写っている人が顔出しNGという場合もあるでしょう。そうしたもろもろのリスクを避けるには、写真を加工して顔を隠してしまうのが一番です。プライバシー対策として、けれどユーモアのあるやり方で目隠しすることができれば、まったく加工しないよりは安心して人物写真を投稿できますし、加工次第ではウケも狙えます。写真加工アプリを使って簡単に目隠しする方法と、おすすめのアプリを4つ紹介します

(画像:筆者撮影)

1. 手っ取り早く目隠しするならスタンプがおすすめ!


(画像:筆者撮影)

1-1. スタンプで目隠しする方法

手軽な方法として真っ先に挙げられるのが、スタンプを使って顔を隠してしまうやり方です。実際、SNS上でも良く目にすることでしょう。ただ顔を塗りつぶすだけではおしゃれではありませんし、最悪の場合、犯罪者のような仕上がりになってしまうこともありますが、スタンプなら簡単かつユーモラスに顔を隠すことができます。

スタンプ1個で顔全体を隠してしまっても良いですし、小さいスタンプ2個をひとつずつ目に当てて隠しても良いでしょう。目隠し加工の定番スタンプと言えばハートや星などが思い浮かびますが、目隠しにはあまり適さないスタンプもあります。たとえば、線が細い、透明部分があるなどのスタンプは、隠したい部分をきちんと隠すことが難しいことも。目隠し目的で使うなら、少なくとも中央部分は塗りつぶされているスタンプを選べば確実です。

また、雪の日の写真には雪だるまや雪の結晶のスタンプを使うなど、写真を撮ったシチュエーションに合わせてスタンプを選べば、ただ目隠ししているだけというよりも見て楽しく、芸術性もアップします。あるいは、隠れてしまう顔の表情を伝えるようなスタンプもおすすめです。子供が大泣きしている写真なら、泣き顔のスタンプ、涙のしずくのスタンプなどを選んでみましょう。

1-2. スタンプでできるユニークな目隠し方法

せっかくスタンプを使うなら、ただ目隠しするだけではなく、写真全体を面白くすることにも挑戦しましょう。目を隠すのにサングラスや眼鏡のスタンプ、漫画風の目のスタンプなどを使えば、選んだスタンプによってオシャレに見せることも、ネタ画像に仕上げることも可能です。いろいろ工夫してみてください。

1-3. スタンプでオシャレに目隠しができるおすすめアプリ

スタンプでオシャレな目隠しをするなら、スタンプが豊富な無料アプリ「SNOW」がおすすめです。かわいい系のスタンプが多い印象のSNOWですが、笑える系も充実しています。サングラスや眼鏡などのスタンプは、顔を自動判別してピッタリの位置に配置してくれるので、さくっと目隠しすることができるのもポイントです。

SNOW」公式サイト

2. 少しオシャレに変わった目隠しするならコロコロスタンプ!

(画像:筆者撮影)

2-1. コロコロスタンプとは?

「コロコロスタンプ」は、「ローラースタンプ」などとも呼ばれます。紙の上でローラーを転がすことで、ローラーに描いてある模様が紙に写り、規則的な模様を描くことができます。アプリでは、指でスライドすることでコロコロし、模様が描かれます。

2-2. コロコロスタンプで目隠しする方法

コロコロスタンプで目隠しするなら、ある程度模様が大きく、余白が少ないスタンプを選び、目の上でスライドさせましょう。一度で完全に隠れなければ、数度往復などさせて重ねて使うことで隠すことができます。

2-3. かわいいコロコロスタンプが使えるおすすめアプリ

無料アプリの「DecoBlend」を使えば、スライド操作でコロコロスタンプを使い、簡単に目隠しできます。「ローラー」のメニューからスタンプ一覧を呼び出しましょう。コロコロスタンプのサイズは3段階から選べるので、隠したい部分の大きさに合わせて調整してください。

3. 自分だけのユニークな目隠しをするなら手描きで!

(画像:筆者撮影)

3-1. 手描きで目隠しする方法

ウケを狙うなら、手描きで目隠ししてみるのも良いでしょう。手描きなら自由に描くことができますし、大きさも自由自在です。

3-2. 手描きでできるユニークな目隠し方法

おすすめは、自分で目を手描きする方法です。男性の写真に往年の少女漫画のようなキラキラ目を描いたり、逆に子供や若い女性の目を劇画調の鋭い目に置き換えてみたりと、可能性はいろいろです。

また、目の上に文字を描くのもひとつのアイデアです。アニメ放映時のスポンサー画面で「提供」の文字が背景となっているキャラクターの目に重なってしまうことを「提供目」と呼び、画像ネタの定番の1つになっていますが、それと同じ効果が狙えます。画像と関係のある言葉にするといいでしょう。もちろん、手描きではなく、アプリの文字入れ機能で実現してもOKです。

いずれの場合も、うまく描けなくても、逆にそれが味になり、さらなるウケを狙えるところもポイント。

3-3. 落書き機能が充実しているおすすめアプリ

手描きするなら、いろいろなペンが用意されている無料アプリ「LINE Camera」を使ってみましょう。標準的なものからネオンカラー、キラキラペンで描いたような文字、ドットなどさまざまなペンがあり、太さはそれぞれ7段階から選ぶことができます。失敗してしまっても、「消しゴム」を使えば元画像を損なうことなくペンで描いた部分だけを消すことができて安心です。

LINE Camera」公式サイト

4. 見えそうで見えない!そんな目隠しはモザイクで決まり!

(画像:筆者撮影)

4-1. モザイクで目隠しする方法

モザイクでの目隠しは定番中の定番と言えるでしょう。目だけを隠す場合でも、顔全体を隠す場合でも、画像の印象を極端に損なうことなく、対象をしっかり隠すことができます。

モザイク処理に使われる図形のパターンは、定番の六角形や四角形のほか、円形や三角形、ひし形などいろいろなものがあります。いずれの場合も、パターンの大きさを大きくするほど修正が強くかかり、元画像がわかりにくくなりますが、それだけ画像に大きな変更が加わることになり、写真全体の印象を損ねてしまう可能性があります。逆にパターンの大きさを小さくすると、元画像の推測が容易になってしまうため、隠すという本来の機能を果たせなくなります。モザイク処理をするときは両方の側面を考慮して、最適なパターンのサイズを選ぶことが重要です。

4-2. かんたんにモザイクで目隠しできるおすすめのアプリ

無料アプリ「ぼかし丸」を使うと、定番の六角形や四角形のほか、レンガやヘリンボーンパターンなど、いろいろな種類のモザイク処理をすることができます。画面下から使用するパターンとサイズを選び、モザイク処理したい部分をスライドすると、なぞった部分だけにモザイクがかかります。範囲指定などの面倒な操作は必要なく、なぞった部分が処理されるので、手軽に処理するのにおすすめです。また、処理後にパターンを変えても、処理の対象部分は引き継がれ、新たにスライドで範囲を選び直す必要がなく、いろいろなパターンを簡単に試すことができます。モザイクだけでなくぼかし機能も使えるので、必要があればそちらも試してみてください。

5.自分だけの目隠しでユニークな写真を作ろう!

目隠し処理は画像の印象を大きく左右するので、ごく普通の写真を一気にオシャレにもネタ画像にも変えることができます。目隠しは必要だけれど、ただ隠すだけでは味気ない…という場合は、紹介したスタンプや手描きなどのテクニックや便利アプリを駆使して、ユニークで楽しい写真を作ってみてください。

※紹介している無料アプリは一部無料を含みます。

こちらの記事もおすすめ!

画像加工・写真カメラのヘッダー画像
2022/10/2 05:00

人気カテゴリ

ストアに接続中...