不動産オーナー向けアプリ「WealthPark」で成果を出す4つのコツ

不動産オーナー向けアプリ「WealthPark」で成果を出す4つのコツ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/9 14:24
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

ファイナンス・仮想通貨のヘッダー画像
2024/5/19 05:00

    目次

  1. スマホで不動産一括管理ができる「WealthPark」とは?
  2. WealthParkを使って不動産投資で成果を出す4つのコツ
  3. 不動産管理や投資はスマホアプリ「WealthPark」で簡単に!

株式会社宅都プロパティが、2018年6月よりスマートフォンアプリのWealthParkの導入を開始しました。WealthParkでは、スマホを通していつでもどこでも簡単に、自分の保有する物件情報にアクセスすることが可能です。

このアプリの導入を通して、オーナーと担当者間でリアルタイムでの情報共有が可能となり、必要情報の一括管理もできるようになりました。これまで行われていた、書類を通しての煩雑なやり取りが大きく簡素化され、より効率化を期待できると言えます。

今回はWealthParkについて詳しく紹介するとともに、実際にWealthParkを使って不動産投資の成果を挙げるための使い方を考えていきます。

画像:著者撮影

スマホで不動産一括管理ができる「WealthPark」とは?

画像:著者撮影

WealthParkとは、WealthPark株式会社が提供している、不動産オーナー向けアプリです。

不動産経営に関する月々の収支、賃借人の情報、ローン情報、契約書類などあらゆる必要なコンテンツが集約されているため、不動産の資産管理をこのアプリで一手に担うことができます。

また、入居者の募集から入居審査、賃貸借契約書の締結・解約、クレームや修繕対応、家賃の回収まですべて担当者に代行してもらえるため、物件を所有するオーナーの負担がほとんどないところも特徴です。都度オーナーの意思確認も行うため、担当者の独断で行われることもなく、きちんとオーナーの意見が反映されます。

担当者は、不動産賃貸管理について100年以上の経験を持つプロフェッショナルなメンバーで構成されており、サービスを提供しているサポート体制も非常に充実しています。対応言語も日本語、中国語、英語と幅広いです。
金融、不動産、IT・WEB系まで幅広い分野の人材が揃えられているため、どの分野においても万全のサービスを提供してくれます。

WealthPark株式会社では台湾、香港、上海に支社を持ち、主に日本の不動産を所有するアジアの富裕層を中心とした顧客を対象としています。対応エリアは首都圏エリア(東京、神奈川、千葉)、北海道エリア(札幌)、関西エリア(大阪、京都、神戸)、九州エリア(福岡)となっていますが、その他のエリアでも応相談で対応してくれる可能性があるため、1度連絡してみると良いでしょう。ただし不動産管理に関しては日本のみで、現時点では海外の不動産には対応していませんので注意が必要です。

海外・国内の不動産オーナーはもちろん、不動産の管理会社にとっても利用するメリットが大きいと言えるでしょう。

実際に先日導入を開始した株式会社宅都プロパティの、海外におけるオーナーの80%以上がすでにWealthParkに登録しており、日本においても、各国投資家の資産管理アプリのスタンダードになる可能性のあるアプリとなっています。

アプリの利用料金は所有する部屋数によって前後しますが、月額15万円から利用が可能です。本登録をする前にどのようなコンテンツがあるのか知りたい場合は、デモアカウントが用意されているため、そこから無料でアプリの内容を確かめることができます。

画像:著者撮影

WealthParkを使って不動産投資で成果を出す4つのコツ

画像:著者撮影

ここでは実際にWealthParkを使って、どのように不動産投資で成果を挙げていくかを、4つのコツに分けて紹介していきます。


最適なタイミングで賃貸収入を得る

画像:著者撮影

WealthParkでは、チャット機能を利用していつでもオーナーから担当者に連絡を取ることができます。疑問点などがあればチャット1つでリアルタイムに解消できるため、なかなか返事が来なくて連絡が取りづらいなどという悩みからも解放されます。

また不動産管理に関しても、節税の相談から、家賃保証会社と提携しての入居者の審査、入居・解約時の立会い、家賃の督促、物件の補修費用の調整などさまざまな手厚いサポートを行ってくれます。

入居募集時には近隣不動産における家賃相場の調査を行い、適切な募集条件を設定し、入居キャンペーンや複数の賃貸募集サイトへの登録なども行ってくれるという、空室期間をできるだけ短くする取り組みを行っています。実際に東京都23区における不動産入居率は98%を誇っており、高い実績があると言えるでしょう。

オーナーにとって最適なタイミングで収入が得られるように、担当者があらゆる対応をしてくれるため、オーナーの負担がほとんどない状態で高品質な資産管理に繋ぐことができます。

最新の不動産マーケットの情報を得る

画像:著者撮影

不動産市場の最新情報を定期更新しているため、動向をアプリですぐにチェックすることができます。

日本のマクロ経済、ミクロ経済、市場動向のトレンドを中心に、専属の調査員による不動産市場に関する考察が掲載されているため、売買や賃貸に最適なタイミングが見つかりやすく、新たな資産を増やす時期についても判断・検討しやすくなっています。

まだ不動産を保有していないけれど、これから購入していきたいというユーザーにも、投資のタイミングを見計らうにはうってつけのコンテンツです。

地域独自の情報から珍しい商品の紹介まで幅広く取り扱っているところもポイントです。最新情報を定期的に確認しながら、不動産管理のタイミングを見計らいましょう。


収支を一括管理して儲けを把握

画像:著者撮影

登録した不動産の月次収支、累積収支情報はいつでも閲覧が可能です。保有しているそれぞれすべての不動産情報を登録しておけば、各不動産の収支情報に加えて合算した収支も算出してくれるため、複数の不動産を管理しているオーナーでも、収支の一括管理がしやすく、総合収益も簡単に把握することができます。

画像:著者撮影

不動産情報は一覧で見ることができるため、収益がない不動産の処分についても早い段階で検討が可能です。常に不動産の詳細な情報をチェックできるため、損をするリスクを最小限に留めると言えるでしょう。


書類を一括管理してタイムロスをなくす

画像:著者撮影

売買契約や賃貸借契約書から、工事、ローン、税金、保険に関する書類まで、不動産に関するあらゆる書類を物件ごとにアプリで整理することができます。

すべてが電子化されるため、紙を管理する煩わしさからも解放されるところが嬉しいポイントです。複数の不動産がある場合でも、一括で電子管理ができるため時間に限りのある確定申告の際などにも便利です。

不動産管理や投資はスマホアプリ「WealthPark」で簡単に!

いかがでしたか?WealthParkでは不動産情報をスマホで一括管理するという、不動産投資に新たな風を吹き込みました。これにより、オーナー側から随時働きかける必要がなく、収支状況などの把握が可能となりました。

ただ便利に情報を把握するだけでなく、保有する資産の価値を必要最大限に高めるよう支援してもらえるので、不動産を運用していく上でのリスクを各段に抑える効果が期待できます。

コンテンツは随時、より使いやすく、便利に改良を続けられているため、今後もさまざまな取り組みを行っていくでしょう。

これから投資を考えている人はもちろん、すでに不動産を保有している人にもメリットの大きいアプリと言えるため、ぜひ導入を検討してみてください。

 

WealthPark 公式サイト
 

こちらの記事もおすすめ!

ファイナンス・仮想通貨のヘッダー画像
2024/5/19 05:00

この記事で紹介されたアプリ

人気カテゴリ

ストアに接続中...