仮想通貨Monero(xmr)は「Monero Wallet」で管理

仮想通貨Monero(xmr)は「Monero Wallet」で管理

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/6/6 13:55

    目次

  1. 仮想通貨Monero(xmr)とは?
  2. ビットコインとの相違点
  3. Moneroの取引は便利なアプリで
  4. 匿名性の高いMonero(xmr)をアプリで簡単取引

画像:著者撮影


仮想通貨がニュースなどで話題になっていますが、仮想通貨についてたずねられると、ビットコインのことを答える人が多いかもしれません。仮想通貨と一言で言ってもその種類はさまざまです。中でもMonero(xmr)という、仮想通貨の中でもアルトコインと呼ばれるものの1つを紹介します。Monero(xmr)とビットコインとの違いや、おすすめアプリなど、詳しく説明します。

仮想通貨Monero(xmr)とは?

画像:著者撮影

急成長を見せるアルトコインMonero(xmr)

仮想通貨とは、インターネットなどを通じて代金の支払いなどに使用でき、法定通貨と交換することもできる通貨のことです。その中でも大きな注目を浴びているビットコインは、ニュースなどでも耳にすることが多いのではないでしょうか。しかし、仮想通貨はビットコインだけではありません。仮想通貨の種類は数多くありますが、ビットコイン以降に開発された仮想通貨はアルトコインと呼ばれています。アルトコインの1つがMonero(通貨単位:xmr)です。仮想通貨の中でも急成長を見せています。

ビットコインとの相違点

画像:著者撮影

匿名性の高さ

ビットコインとMonero(xmr)との大きな違いは、匿名性の高さです。ビットコインは送金の記録が残り、それを本人以外の人物でも閲覧することができます。また検索すれば誰でも、ビットコインをどれだけ保有しているのかを知ることが可能です。しかしMonero(xmr)の場合は、取引の記録は公開されるものの、取引情報の全てが暗号化・匿名化されているため、取引の履歴を外部から調べることができません。また、リング署名というシステムがあり、送金される度に一時的なアドレスが作られるため、送金などする際の金額も隠された状態です。匿名で取引したい人にとっては理想の仮想通貨です。

多額の取引を行うことが可能

Monero(xmr)はビットコインと比べて、より多額の取引を行うことができます。ブロックサイズの制限がない点も他のコインとは違います。サイズ制限がないため、複数の取引を素早く処理することが可能です。

購入方法

Moneroの購入方法はビットコインやその他の仮想通貨と基本的には変わりません。仮想通貨の取引所で、使いやすく利用者が多いのが、「コインチェック」というWEB上の取引所です。日本円を入金した後、自分が欲しい仮想通貨に両替します。その際、一部をビットコインに、一部をMoneroに、一部は日本円のままで、など、両替の内訳を決めることが可能です。それぞれの通貨の変動を確認しながら、調整することができます。「コインチェック」の他にも、Moneroの購入を申し込み、その額で売りたい相手を探してくれるサイトなどもあり、購入方法はさまざまです。

Moneroの取引は便利なアプリで

画像:著者撮影

便利なアプリでリアルタイムに確認

「Monero Wallet by Freewallet」はMonero(xmr)の取引に便利なアプリです。メールやFacebook、携帯番号などで簡単にアカウントを作り、メールによって全ての取引の確認が可能です。また、ほとんど全てのアルトコインと取引ができます。取引に関しては暗号化されており、安心です。リアルタイムで価格とチャートを確認でき、残高の変更に関してメールで通知を受け取ることが可能です。

匿名性の高いMonero(xmr)をアプリで簡単取引

Monero(xmr)はビットコイン以降に開発された、高い匿名性のある仮想通貨です。利用者のプライバシーを保護するため、安心して取引を行うことができます。そのシステムは、多額の金額での取引を可能にしました。匿名性のある通貨は人気があるため、さらに注目されることでしょう。「Monero Wallet by Freewallet」は、リアルタイムで価格の変動をチェックでき、メールで残高などを管理できる便利なアプリです。アプリを有効に活用しながら、Moneroで取引を始めてみてはいかがでしょうか。

「Monero Wallet by Freewallet」公式サイト

 

この記事で紹介されたアプリ

カテゴリ

最新アプリランキング

ストアに接続中...