「無線写真転送 - wifiで簡単に写真とビデオ転送」がAppleデバイス間で手間いらずでできるアプリ

「無線写真転送 - wifiで簡単に写真とビデオ転送」がAppleデバイス間で手間いらずでできるアプリ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/29 21:38
関連するアプリ一覧ページ: 生活・暮らしの便利

    目次

  1. 「無線写真転送」アプリを使えばUSBケーブル・iTunes・Apple IDの入力が必要ありません。

「無線写真転送」アプリを使えばUSBケーブル・iTunes・Apple IDの入力が必要ありません。

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id543119010?mt=8

写真を家族、友人に送信するときは、どうしていますか?数枚の写真ならメッセージに添付したりLINEを使ったり・・でしょうか?

それでも1枚ずつ選択して、1枚ずつ送信しなくてはならないですよね。

大量の写真や動画だったらどうでしょう?家族同士でも、例えば旅行に行った写真や動画を共有するのは面倒だったりしませんか?

お母さんのiPhoneの写真をiTunes経由で、子供が使うiPadとお父さんのiPhoneに送って、あっちとこっちをケーブルで繋いでから・・。

最後は、「まあそのうち送っとくわ」「アップルID、何回か入力ミスしているうちに嫌になったので、また今度。」となってしまうこともありますね。

アップルのデバイス(iPhone、iPad、Mac)間でワイアレスによる高速で写真、動画の転送ができる「無線写真転送」アプリを使うと

同じWi-Fiにつながるだけで、お互いが簡単に写真・動画データのやりとりができるようになります。

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id543119010?mt=8

しかも「無線写真転送」アプリのWindowsバージョンをインストールすることで、Mac以外のお使いのパソコンにも写真・動画を転送することが可能です。

Appleデバイス間よりも、それ以外のパソコンに写真・動画を送信するほうが、手間がかかって面倒だったのでアプリで簡単に、早く送信できるのは嬉しいです。

アプリから「送信」、「受信」をタップするだけで簡単にクオリティを落とさずに一括転送できるなんて本当に手間がかからないですね。

 

Appleデバイス間で同じiTunesのアカウントを使っているものは「無線写真転送」アプリをインストールできる

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id543119010?mt=8

iPhoneとiPadを持っている人が、同じiTunesのアカウントをこの2つのデバイスで使っている場合(たいていは、そうですよね。)、どちらかでインストールした

「無線写真転送」アプリを共有することができるので、何度も購入する必要はありません。(ちなみに、このアプリは有料で360円となっています)

一つの家の中で同じWi-Fiを使っているけど、家族それぞれがiPhoneやiPadを持っていてiTunesのアカウントもそれぞれという場合には一人だけがアプリを購入して

全員がアプリをインストールして使えるわけではありません。自分以外のアカウントの人に送信したいときは、相手も「無線写真転送」アプリを購入・インストールしている必要があるということです。

(初歩的なことですが、念のため・・。)

 

インターネット共有対応

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app//id543119010?mt=8

Wi-Fiネットワークがなくても「無線写真転送」アプリがあれば、写真・動画のデータを転送することができます。

iPhoneであれば、「設定」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」の手順でデバイスのインターネット共有を「ON」にしてから

共有ネットワークに接続するとデータファイルを共有することができます。

但し、「インターネット共有」が可能かどうかは、契約している通信事業者、契約内容によります。

 

App Storeの「無線写真転送」アプリ説明の日本語が・・。

アプリ自体の操作は簡単で便利なアプリであることに間違いないのですが、どうしても中国語風間違い翻訳な日本語が多いので、若干不明な箇所もあります。

「無線写真転送」をあえて「Wi-Fi写真動画送信」としないところも開発者のこだわりなのでしょうか?

サポートのHP(http://jp.wirelesstransferapp.com/)を確認すると、iPhoneからiPhoneへ、iPadからiPadへ、iPadからMacへ・・。

とても親切丁寧にアプリのチュートリアル(使い方の説明)画像があります。

それぞれのデバイスでアプリを起動してから、送信したい写真やビデオを選択して、送りたい先のデバイスを選択します。

その後「送信」をタップし、受け取るほうのデバイスでアプリを起動後、「受信」をタップするだけで簡単です。この手順は基本的にiPhoneでもiPadでも変わりません。

 

最近は家族がそれぞれに、一人でiPhone、iPad、Mac、Windows PCと使うことも多くなってきていますので、簡単な操作で手間いらずに動画・写真を

やりとりできる「無線写真転送」アプリは簡単・便利でお勧めです。

関連するアプリ一覧ページ: 生活・暮らしの便利

カテゴリ

最新アプリランキング

Apple Inc.が運営するApp Storeの12月15日 06:12 のランキング情報を元にランキング記事を構成しています。

ストアに接続中...