超重要!出会い系・マッチングアプリでのマッチング率を上げる方法!プロフィール写真のポイントはこれだ!

超重要!出会い系・マッチングアプリでのマッチング率を上げる方法!プロフィール写真のポイントはこれだ!

ドットアップス編集部
最終更新日 2019/6/10 09:12
関連するアプリ一覧ページ: 出会い・マッチング
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

出会い・マッチングのヘッダー画像
2019/10/17 05:01

    目次

  1. なぜマッチングしない?その理由は…
  2. プロフィール写真が超重要!本気で出会うなら、人に撮ってもらった、顔がわかるバストアップ写真!
  3. どんな写真が女性ウケするのか?
  4. 写真は顔がわかるもの、出来るだけ嘘でない範囲で映りのよいものを!

出会い系・マッチングアプリを使い始めて、たくさんの魅力的な異性をLikeした!
でもなんだか、マッチングしてる数が少ないような…。そんなあなたに送りたい、マッチング率を上げる方法をご紹介。

マッチングアプリはまずはマッチする母数が大事!著者の経験から言って、出会いを目的としてユーザーが動いてるマッチングアプリという場では、一つの出会いを極端に大事にするより、どんどん様々な人とやりとりをすることが重要です!

なぜマッチングしない?その理由は…

婚活レベルのお付き合いを目指すタイプのマッチングアプリでない限り、基本的に女性側が有利な市場ですし、男性はプロフィール写真と、プロフィール内容によってシビアに判断されていると見て良いでしょう。

また逆に、婚活レベルのアプリでない限り、プロフィール入力にある学歴、年収などは伏せていて問題ないとも言えそうです。基本的に、「恋人探し」くらいの温度感であれば、
・プロフィール写真
・自己紹介 / 趣味など
・年齢
・喫煙 / 飲酒有無
・すでに恋人がいるかどうか

などが明確になっていれば問題ないのではないでしょうか。
基本的にマッチングしない理由は、女性側が何かを不満に思うか、または単純に好みの許容からはずれているかのどちらかとなります。
好みの部分については致し方ないところが大きいと思いますが、プロフィール写真の映りによってウケ自体は何倍にも改善されます。こちらは後述していきます。

女性が不安がってLikeしない!不安要素になるポイント

女性視点でよくある不安点は、
・相手のプロフィールに顔写真がなく不安
・相手がネットワークビジネスなどの勧誘業者ではないか
・相手の交際ステータスは問題ないか(既婚者でないか)
・見た目が極端に好みと外れていないか
・趣味や生活が違いすぎて、話しができるかどうか
・相手の目的と自分の目的がズレていないか
・「誰でも良い」という男性ではないか

などがあります。
これらの点が解消されれば自然にマッチング率が上がりますので、しっかりと不安点を解消していきましょう。
その際に良く見せようとしてウソを盛り込み過ぎても後で面倒なことになりますので、なるべく正直な内容で、かつ印象の良い形で相手に伝えるのが重要です。

プロフィール写真が超重要!本気で出会うなら、人に撮ってもらった、顔がわかるバストアップ写真!

おそらく性別問わず、ほとんどの人はプロフィール写真でアリ/ナシを判断しているのではないでしょうか。私もその1人です。

プロフィール写真からは、どんな人物像なのかが概ね読み取れる(と思ってしまう)強い力があります。

写真を見る際には、
・パリピでないか?
・極端に暗そうな人ではないか?
・今までの経験から言って、話しが合いそうな雰囲気か?
など、様々な妄想が巡るのではないでしょうか。

少し特殊な見方としては、とっつきやすさの基準として
・オシャレ過ぎないか?
・かわいすぎないか?
・かっこよすぎないか?
と言った視点でもプロフィール写真を見る方が多いようです。

どんな写真がプロフィール写真として使われているか?

基本的に女性は(また男性も)、「奇跡の1枚」を中心に写真を掲載してると見てよいでしょう。
写真映りのよいもの、部位をうまくうつしているもの、プリクラ写真、旅行中や、飲み会の写真などがありますが、いずれも参考程度として見るのがおすすめです。
逆に、少しライトな出会いアプリでは写真を敢えて掲載していない女性も数多くいます。
写真の悪用を警戒しているタイプで、男性側はメッセージを送りづらくなるため、競争率が少し低くなります。中身で判断していく方は、プロフィールを見た上で、写真がない方とやりとりしてみることもオススメのマッチング手段です。

逆に、男性側の写真は「自撮り系」の写真が多く、自宅の鏡などで撮影した写真が多い印象です。
この際に、筋肉自慢したい方が上半身裸体などで撮影している場合もありますが、基本的には着衣がオススメです。
筋肉について伝えたいときにはプロフィールにテキストで記載しましょう。

どんな写真が女性ウケするのか?

本題ですが、男性のプロフィール写真のおすすめは
・第三者が撮影している
・顔がわかる
・撮影したタイミングが昔すぎない
・バストアップ(上半身)

が主なポイントとなります。

それでは一つずつ解説していきましょう。

第三者が撮影してくれた写真を使用する

自撮りで撮影した写真ですと、どうしても「キメ顔」「鏡ごし」「不自然」といった雰囲気が出てしまいます。
本当に究極的には、プロのカメラマンレベルの方に、日常的なシーンで、自然で明るめ、ナチュラルな笑顔の写真を撮影してもらうのがベストだとは思いますが、あまりお持ちの方も少ないかと思います。友人との集まりで撮影してもらった写真などを使用しましょう。
その際自分以外の人の顔が露出することは、肖像権的にも今ひとつですし、アプリ内で相手側が写真を見た際に友人側が好みだと少しがっかりするなどの弊害があります。友人の顔は隠した状態にするか、自分だけを切り取る加工をして、アップロードしましょう。

ちなみに、良い写真の効果は本当に重要・絶大で、著者が「友人カメラマンに撮影してもらった上記に近しい画像」をアップロードしたところ、某アプリのLikeランキングで3位前後を獲得していたらしく(連絡をとった相手談)、急激に女性からのコンタクトが増えた時期がありました。(その後普通の写真にした時には、10分の1くらいのマッチング数になりました)
自分は写真映りが悪いものだと決めつけずあきらめず、本気で出会いたいときにはプロの方に相談してみましょう。

顔がわかる写真を使用する

こちらは改めての内容、といった感じですが、顔がわかる写真を使用しましょう。
もし知り合いにバレることが懸念でしたら、Facebook登録があるアプリを使用し、フレンドには表示しない機能等を利用しましょう。
やましい出会い目的でなければ、特に知り合いに登録自体が知れても問題はないかとは思いますが、そういった機能を用意しているアプリでは利用するのが良いでしょう。

昔の写真すぎない、最近のものを使用する

年齢32歳で登録してあるのに、使用している写真は24歳全盛期のもの…だと、明らかにプロフィールとのギャップが生まれてしまいます。
これらはちょっとした不信感にもつながってしまう可能性があるため、おおよそ1年以内くらいを目処に写真を用意しましょう。

バストアップの写真を使用する

バストアップ。胸筋を大きくして撮影する方法…ではありません!
写真の様式を示した言葉で、上半身(胸より上)を撮影した写真のことを指します。

全身写真では遠過ぎて顔がわかりづらくなりますし、服・体型がよほど魅力的な場合以外はお勧めできません。

かと言って顔だけのどアップも、このハイビジョン時代なかなか見て耐えられる方は少ないのではないでしょうか。
以上のことより、人柄や雰囲気がより見て取れる、バストアップ写真がお勧めと言えるでしょう。

また、女性に多く見られる部位のアップ写真ですが、女性はゆるされるものとしても男性は基本NG(若干の気持ち悪さとナルシシズムを感じる方が大半)でしょう。潔くバストアップ写真を使用してください。

番外編:全然本人が関係ない写真

アップロードしたくなる類の写真として、本人が全く関係ない、趣味のアニメキャラクター、風景、ペット、ゲームキャラなどがあるというのが長年アプリを使用して見ての体感です。
が、これらはお勧めできないというのが結論となります。

相手にとって出会いのための情報にはなり難い類の情報ですし、下手に嗜好が違えば間口を狭める結果になり得ます。

これらを逆手にとれば、極端に趣味に傾倒した、近しいタイプの異性としか出会いたくない場合、思いっきりこちらにふったプロフ写真にするにもアリの可能性はあります。
趣味友探し、趣味を通じた恋人探しではチャレンジしてみていただくのもまた一興ですので、必要な時にはお試しください。
著者は趣味友探しがメインでしたので、バストアップの映りの良い写真2枚、なんの趣味かがすぐにわかる写真を1枚プロフィール写真に入れています。

写真は顔がわかるもの、出来るだけ嘘でない範囲で映りのよいものを!

出会いアプリでは、第一印象はほぼ写真で決まります。写真7割、プロフィール3割で最初の一歩が決まると言っても過言ではありません。
ぜひ自分で良いと思える一枚をしようしてプロフィールを盤石にしておきましょう!

関連するアプリ一覧ページ: 出会い・マッチング

こちらの記事もおすすめ!

出会い・マッチングのヘッダー画像
2019/10/17 05:01

この記事で紹介されたアプリ

  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

ストアに接続中...