「Photo Lab PRO」・多彩なフィルターやモンタージュで写真をアートに加工するアプリ

「Photo Lab PRO」・多彩なフィルターやモンタージュで写真をアートに加工するアプリ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/29 13:56
関連するアプリ一覧ページ: 画像加工・写真カメラ

「Photo Lab PRO」が、他の写真加工やコラージュのアプリより魅力的なのは、スタイリッシュなアーティスト風写真フィルター、写真に動きをプラスするエフェクト、動物に変身するコラージ

ュ、自分の顔をはめ込んだ紙幣を作るといった面白いものまで、カテゴリの種類が豊富な点です。

更に、二重露出、表情チェンジャー、カップル向けのアルバムやフレーム、使いきれないほど写真加工の機能が満載です。

「Photo Lab PRO」は有料(480円)のアプリですが、無料版の「Photo Lab」でも「Photo Lab PRO」の機能をいくつか試してみることができますよ。さあ、素敵な写真を作りましょう!

 

「Photo Lab PRO」のフィルターで写真を絵画や鉛筆画のように編集する

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app/photo-lab-pro-xie-zhen-edita/id460378941?mt=8

 

「Photo Lab PRO」が得意な編集機能は、油絵、鉛筆デッサン、水彩画、のように写真を加工するアーティスティックなフィルター機能です。

かなり種類が多いので、主なものをいくつかご紹介します。

「Sense of Drawing」・・ソフトな色合いの色鉛筆と水彩を合わせて使ったような仕上がりです。ペットの写真を加工してみると、毛並みの流れや色のコントラストが強調されました。

「Crayon Strokes Abstract」・・クレヨン(カラーチョーク)を使った抽象画のようにカラフルで、そのままポストカードに使えそうな絵画風写真になりました。

「Pop Art Style」・・・これは驚きでした。写真の輪郭が切り絵や版画の様に加工されて、ファンデーションを強烈に厚塗りした歌舞伎役者のような顔が出来上がりました!

「Japanese Art」・・・白、黒、赤の3色だけで点描画のように写真の輪郭を表現する加工のようです。なぜ、Japaneseというネーミングなのかは不明です。(国旗の色?)

この他にも、ジグソーパズルや強烈な色になるもの、ゴッホ風のタッチになるものなど、多種多様なフィルター効果が用意されています。

 

「Photo Lab PRO」なら”有名雑誌の表示を飾る”ことも”紙幣の顔になる”のも思いのまま

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app/photo-lab-pro-xie-zhen-edita/id460378941?mt=8

 

「Photo Lab PRO」は「プレイボーイ」、「ヴォーグ」、「グラマー」、「コスモポリタン」、「マリークレール」といった有名雑誌の表紙に写真をはめこむ、面白い加工をしてくれます。

それらしく仕上げるコツは、雑誌の記事タイトルやキャッチコピーが左右に入っているので、人物がなるべく中心に写っている写真を使うことです。

使う写真の背景色が雑誌の文字とかぶらないようにすると全体にメリハリがついて見やすくなります。

有名人になって雑誌の表紙を飾ったあとは、紙幣の顔になってみましょう。

「Photo Lab PRO」の紙幣のテンプレートは、USドル、イギリスポンド、ロシアルーブル、ユーロ、アフリカや中南米の国々と種類豊富ですが、残念ながら日本のお札はありません。インドネシア

のルピーやフィリピンのペソはありますので、「Photo Lab PRO」はアルファベット以外の文字が苦手なのかもしれませんね。というのも、加工した写真にテキストを入力してみると、日本語だと

必ず最初の一文字が余分に入力されてしまうんです。アルファベット表記は、まったく問題ありませんでした。今後、日本語のテキスト入力が改善されると良いですね。

さて、紙幣のテンプレートを選んだら、加工したい写真を選びます。顔がアップになっていなくても大丈夫です。「Photo Lab PRO」が自動で顔を紙幣のテンプレートにはめこんでくれますよ。

もちろん写真の顔は、紙に印刷された風合いになるように加工されています。

 

「Photo Lab PRO」は自動で顔を認識してモンタージュ加工

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app/photo-lab-pro-xie-zhen-edita/id460378941?mt=8

 

「Photo Lab PRO」のフォトモンタージュは、宇宙飛行士、ギャング、アメリカ大統領、顔半分ロボット、モデル、海賊、ボクサー、モナリサ・・・バラエティー豊富です。とても美しい妖精のよ

うなものから、くすりと笑える面白いものまで揃っています。どれもこれも試してみたくなりますね。

自動で顔認識機能が調節してフォトモンタージュを作ってくれますが、なるべく正面を向いた顔を使うとフォトモンタージュの完成度が高くなります。

「獣人」というカテゴリでは、顔の半分をライオン、豹、犬、猫といったワイルドな動物のリアルなモノクロ写真に加工します。(カラーにモンタージュできるものもいくつかあります。)

トラと子供の顔をモンタージュしてみると、猫にしか見えない可愛い写真ができあがりました。ポイントは目力のようです。

更に、完全に動物になりたい人は、顔はめこみ動物モンタージュ機能で面白い写真を作ってみてください。

 

「Photo Lab PRO」はこんな人におすすめ

(画像引用元:https://itunes.apple.com/jp/app/photo-lab-pro-xie-zhen-edita/id460378941?mt=8

 

※スタイリッシュな写真を作ってSNSで差をつけたい人

※動物になったり、雑誌の表紙になったり写真を加工して楽しみたい人

※結婚式やカップルのイベントを素敵なフレームやアルバムにして残したい人

 

「Photo Lab PRO」のインスピレーションを活用する

ご紹介した「Photo Lab PRO」の写真加工機能は、素敵なフレーム、面白いコラージュ、フィルターと種類が多くて、何をどう使おうか迷ってしまいそうですね。

そんなときは、"Facebook”のPhoto Labのコミュニティでみんなの作品を眺めてみると良いですよ。アイデアのヒントが見つかるかもしれません。

是非、素敵な写真を作ってSNSに投稿してみてはいかがでしょうか。

 

関連するアプリ一覧ページ: 画像加工・写真カメラ

カテゴリ

最新アプリランキング

Apple Inc.が運営するApp Storeの12月13日 00:12 のランキング情報を元にランキング記事を構成しています。

ストアに接続中...