新聞を読む時間ももっと楽しもう「信濃毎日新聞AR「写真が動くよ!」

新聞を読む時間ももっと楽しもう「信濃毎日新聞AR「写真が動くよ!」

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/29 14:16
関連するアプリ一覧ページ: ニュース

    目次

  1. 『信濃毎日新聞AR「写真が動くよ!」』ってどんなアプリ?

毎日のニュースや旬の情報など、皆さんは普段どんな媒体で情報を入手していますか? ご飯の時間にテレビのニュースを利用しているという方もいるでしょう。最近では隙間時間を利用してスマホのニュースアプリを使って情報を得ているという方も増えてきています。デジタルでニュースを手軽に読める一方で、やはり活字を読みたい新聞派の方もいるでしょう。たしかにネットニュースやニュースアプリを使うと自分が興味のある情報、知りたい情報だけを検索して素早く読むことができ、いらない情報は省くことが出来て便利だとは思いますが、そのような方法ばかりだと知識が偏ってしまうこともあります。新聞だと情報を厳選して掲載してあるので信頼性も高く、情報の幅も広いため知識も豊かになるメリットがあると思います。そこで、今回は、新聞派の方にスマホのアプリを使って新聞をより楽しむことが出来るアプリをご紹介したいと思います。

 

『信濃毎日新聞AR「写真が動くよ!」』ってどんなアプリ?

「筆者撮影」

「信濃毎日新聞」のキャラクターである「なーのちゃん」のアイコンが可愛いこちらのアプリ。長野県の地方新聞、「信濃毎日新聞」を読んでいる方にご利用いただけるアプリです。その他の新聞には対応していませんのでご注意ください。AR技術を使って新聞の写真が動画になって新聞をより楽しめるそんなアプリです。新聞とアプリでセット使う事によってはじめて機能を発揮します。毎日の新聞がちょっと楽しくなるかもしれませんね。

 

「AR」って何のこと?

 

このアプリはAR技術を利用しているアプリですが、「AR」が何なのかよくわからない方の為に簡単にご説明します。「AR」とは、Augmented Reality略で日本語に訳すと「拡張現実」という意味になります。現実の世界にデジタルの情報をつけて、CGなどで作ったものを現実の世界に拡張していくという感じです。簡単に言うなら現実の世界にデジタルの情報を重ね合わせるということです。有名なところで例を挙げると、ちょっと前に大流行した「ポケモンGO」がAR技術を使っているものです。「AR」が分かっていただけたでしょうか。そんなすごい技術を新聞と掛け合わせる発想は面白いですね。ただ読むだけだった新聞に動きが出ることによって一つの記事が目でも楽しむことが出来るようになりました。親しみや愛着も湧いてきそうですね。

 

どんな風に使うの?

「画像引用元」

それでは使い方を含めご紹介します。

 

1 アプリを起動すると画面に新聞名が表示された後カメラが起動します。

2 画面の四隅に「」マークが表示されます。そのマーク内に新聞の写真が入るようにします。

3 写真を表示させたらアプリ自動的に写真を認識します。

4 動画の読み込み状況が100%になりと動画がスタートです。

 

使い方はこんな感じです。とても簡単ですね。ただし、新聞の写真全てをARで楽しむことが出来るわけではありません。「写真が動くよ!」というマークが付いているものだけになります。今後に期待したいですね。

 

どんな風に見れるの?

「画像引用元」

例えば花火大会の記事が掲載されていたとします。その記事に花火の写真が載っていてこれをARで見るとすると、実際の花火大会の映像が流れます。花火を見に来ている人の様子や花火が夜空へ上がる映像、花火の音まで楽しむことが出来るんです。動画なので、映像だけではなく音も楽しむことが出来ますよ。映像も綺麗なところこのアプリのポイントです。動画もフル画面で楽しむことが出来るし、動画に記事の説明文も載っているので分かりやすいよう工夫されているところもいいところですね。

 

おススメのポイント

「筆者撮影」

写真を動画で楽しむことが出来ますが、実はこの動画の一コマを写真で保存すことが可能なんです。先ほどの花火の例で紹介しますと、花火が打ち上げられた最高の瞬間をカメラで撮って保存することが出来るという感じです。画像も綺麗なので綺麗な写真を残すことが出来そうですね。

 

まとめ

 

いかがでしかた? 今回は、新聞をもっと楽しむことが出来るアプリ『信濃毎日新聞AR「写真が動くよ!」』をご紹介しました。毎日、信濃毎日新聞を読んでいる方一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

関連するアプリ一覧ページ: ニュース

カテゴリ

最新アプリランキング

ストアに接続中...