アプリ「コールレコーダー」で証拠を残そう!通話の際には事前準備が肝心!

アプリ「コールレコーダー」で証拠を残そう!通話の際には事前準備が肝心!

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/29 13:29
関連するアプリ一覧ページ: スマホ・携帯電話

    目次

  1. 【通話内容を簡単に録音!】
  2. 【データの共有も簡単!】
  3. 【仕事とプライベートの両面で活かせるアプリ!】
  4. 【まとめ】

 

スマホによるコミュニケーションが一般的となった昨今では、「さっきの通話録音しておけばよかった」なんてことは日常茶飯事ですよね。後からトラブルとなることを防ぐためにも、「コールレコーダー」のような通話録音アプリはぜひスマホにインストールしておきましょう。

 

「コールレコーダー」があれば、発信と着信の両方を録音することが可能です。録音ファイルの共有も簡単なので、録音したものを自由に扱うことができますね。仕事の要件や大切な約束を電話で済ませることが多い人は、万が一に備えて「コールレコーダー」による録音を行っておいてはいかがですか。

 

【通話内容を簡単に録音!】

画像:著者撮影

 

「コールレコーダー」は、簡単操作だけでスマホによる通話を録音してくれるアプリです。仕事の会話や得たいのしれない着信からの内容を即座に録音できるので、いざというときに頼りになることでしょう。電話での会話が苦手という人も、「コールレコーダー」による録音を使って自分の声を聴き直してみれば、改善につなげられるかもしれませんよ。

 

VOIPサーバーとネット回線を利用するため、クレジットを購入すればSIMカードがささっていないスマホでも通話をすることが可能です。古い端末を録音専用機として再利用することもできるので、仕事用とプライベート用でスマホを分けたいという人にオススメできます。

 

メールやメッセージアプリとちがって、通話内容は後から記録を遡ることはできません。あらかじめ「コールレコーダー」で録音環境を整えて、自分に有利な証言やこまかな要件をいつでも確認できるようにしておきましょう。

 

【データの共有も簡単!】

画像:著者撮影

 

「コールレコーダー」で録音した音声データは、そのままスマホで再生するだけでなく、他の端末やクラウドに共有することができます。バックアップを取っておきたいときや、複数人で音声を共有したいときなどには本アプリが重宝されることでしょう。

 

メール送信やitunesのファイル共有を通してパソコンにデータを保存しておけば、録音ファイルが増えてきても安心ですね。それぞれのファイルには名前をつけることができるので、どれがどのデータなのかわからなくなるといった心配も要りません。

 

録音したデータの使いやすさも、アプリ「コールレコーダー」の魅力です。日々データの管理を行って、必要なときにスムーズに取りだせるようにしておけば、録音データを有効に活用することができますね。

 

【仕事とプライベートの両面で活かせるアプリ!】

画像:著者撮影

 

たとえば仕事で重要な項目をいち早く相手に確認したいとき、メールよりも電話を優先するものでしょう。しかし通話内容が不鮮明だったり曖昧だったりすると、後から内容がわからなくなってしまうこともありますね。そんなときはやはり「コールレコーダー」による録音機能の出番となるでしょう。

 

学校やイベント行事に関する通話も、詳細を忘れてしまうことはよくあります。何度もかけ直すのは相手にも悪いので、「コールレコーダー」で最初からデータとして残しておくといいですね。

 

このようにアプリ「コールレコーダー」は、仕事とプライベートの両面で活用することができます。通話の機会が多い人ほど、録音による恩恵は多く受けられることでしょう。スマホの利用スタイルがメールよりも通話に偏っているのなら、ぜひ「コールレコーダー」をインストールして快適な通話を行ってください。

 

【まとめ】

画像:著者撮影

 

スマホは便利な機能を多数備えるようになりましたが、電話としての用途は変わらず重要なものとなっています。その電話機能をさらに使いやすくする録音アプリ「コールレコーダー」は、多くのユーザーの日常に役立つでしょう。通話内容を忘れっぽい。後からゆっくり会話内容を確認したい。そんな人は普段から「コールレコーダー」を使ってみてはいかがですか。トラブルや犯罪の防止にもなるので、スマホの防犯意識を高めたい人にもオススメです。

 

関連するアプリ一覧ページ: スマホ・携帯電話

カテゴリ

ストアに接続中...