Amazonプライム会員なら読み放題!Prime Readingの魅力

Amazonプライム会員なら読み放題!Prime Readingの魅力

アプリ歴10年の.Apps編集部
最終更新日 2018/8/17 07:08

Amazonプライム会員が利用できる特典のひとつ、「Prime Reading」はAmazonの電子書籍の一部を無料で楽しめる読み放題サービスです。小説・マンガ・雑誌など、KindleUnlimitedのタイトルから数百冊を閲覧することができます。

アマゾンのKindle電子書籍リーダーをインストールしておけば、スマートフォンでも無料の本を読める便利なサービスです。今回は、そんな魅力的な無料電子書籍サービス「Prime Reading」について紹介します。

画像:著者撮影

 

 

Amazonプライム会員の新サービスPrime Readingとは

画像:著者撮影

「Prime Reading」は、Amazonプライム会員が利用できる電子書籍サービスです。2017年10月から開始されたプライム会員専用のサービスで、Amazon従来の電子書籍サービスKindle Unlimitedよりも機能が制限されたサービスになっています。

総合サービスであるAmazonプライム会員専用のサービスで、雑誌・マンガ・小説など幅広い書籍から一部を無料で楽しめます。パソコンはもちろん、アプリをインストールしておけばスマートフォンやタブレットでも「Prime Reading」の書籍を読むことが可能です。Amazonからリリースされている「Kindle電子書籍リーダー」をダウンロードしておけば、いつでも電子書籍を読めるようになります。

書籍データは自動的にmicroSDにダウンロードしてくれます。そのため、スマートフォンの要領を圧迫せずに読みたい本を楽しめます。ウェブサイトから「Prime Reading」の読みたい書籍をチェックしておけば、アプリ起動時にワンタップで書籍データのダウンロードが行えます。難しい手順がまったくないので、電子書籍初心者でも手軽に利用できるのが魅力です。


Prime Readingの魅力とは こんな人におすすめ!

画像:著者撮影

「Prime Reading」は、Amazonプライム会員として他のサービスと併用できる便利なサービスです。

Amazonプライムビデオで映画やドラマを楽しんでいるのであれば、動画サービスと同時に電子書籍も無料で利用できるようになるのです。無料電子書籍は定期的に入れ替わるので、こまめにお気に入り本を入れ替えれば1000冊以上の無料対象本を読むことができるでしょう。

過去の名作文庫から、町ブラや趣味に関する幅広い雑誌、暇つぶしに最適なマンガまで幅広く用意されており、飽きのこないラインナップを楽しめます。活字好きな人や、新たなマンガと出会いたい人にもオススメできる魅力があります。


Kindle Fireタブレットを持っていればさらにお得!

画像:著者撮影

Amazonプライムでは、AmazonオリジナルのFireタブレットを所有しているとさらにお得にサービスを利用できます。以下では、サービスの概要と、Fire端末について紹介します。

Kindleオーナーライブラリー

Amazonから販売されている、FireタブレットかKindle電子書籍リーダーを所持し、なおかつAmazonプライム会員であれば「Kindleオーナーライブラリー」サービスを利用できます。

このサービスでは、Kindle書籍として用意されている62万冊以上の和洋書のオーナーライブラリー対象作品の中から、毎月1冊、好きな本を無料で楽しめます。Prime Readingの無料書籍と合わせると1月数十冊以上の書籍を楽しむことも可能です。

プライム会員のみの限定セール

Amazonプライム会員は、オーナーライブラリーを利用できるタブレットを割引価格で購入できるチャンスがあります。定期的に行われるAmazonプライム会員限定セールでは、FireタブレットやKindle電子書籍リーダーを割引価格で購入することが可能です。

プライム会員限定セールは定期的に行われており、プライム会員無料体験時から利用可能です。数千円の割引を利用してタブレットを購入できるので、会員限定セールはこまめにチェックしましょう。

無料読書アプリKindle

Fireタブレットはもちろん、一般のタブレットやスマートフォンからもAmazonの電子書籍が読めるのが「Kindle電子書籍リーダー」です。アプリは無料で利用可能で、会員IDでログインすればウェブやFireタブレットど同様のサービスを利用できます。

「Prime Reading」で無料購入した電子書籍も、アプリを起動するだけで自動的にダウンロードして読めるようになります。手元のスマートフォンでいつでも読書できるので、電車の中などのちょっとした時間潰しに最適です。


Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いとは

画像:著者撮影

AmazonのKindle書籍は、Amazonプライム会員得点として利用できる「Prime Reading」と、書籍だけの定額サービス「Kindle Unlimited」から幅広く楽しめます。もちろん、特定の書籍だけが欲しい場合は、単体購入も可能です。しかし、毎月何冊もの書籍を読みたいと考えるなら、どちらかの定額サービスを利用する方がお得です。

では、月額定額である「Kindle Unlimited」と、他のサービスと併用可能な「Prime Reading」ではどのような違いがあるのかをチェックしてみましょう。

ちょっとした暇つぶしなら「Prime Reading」

Prime Readingでは、KindleUnlimitedで読める本の中から一部の書籍を無料で楽しめます。10冊まで無料購入ができるので、タイトルを指定すればKindleアプリやFireタブレットにダウンロードして読むことができます。

KindleUnlimitedの中から、和書・洋書の中から雑誌・文庫・コミックスが数百冊選べるようになっており、タイトルは定期的に入れ替わります。文芸作品から気楽なコミックスまで用意されているので、一ヶ月に数冊本を読みたいという人にぴったりです。Amazonプライムビデオなど、他のサービスとも併用できるのが魅力です。

130万冊以上が読み放題になる「Kindle Unlimited」

Kindle本が、和書・洋書あわせて130万冊以上読み放題になるのが「Kindle Unlimited」です。一部だけが無料になるPrime Readingとは違い、シリーズ物のコミックスなどを一気よみしたり、小説や専門書も幅広くまとめ読みが可能です。

「Kindle Unlimited」に登録されている本を無制限に楽しめるので、Fireタブレットを持っている人や、毎日のように本を読む人に最適です。幅広いジャンルの本が読み放題になっているので、普段は小説ばかりの人でも手軽にビジネス書籍や自己啓発本などを手に取れます。一冊500円、1000円する書籍が何冊でも読めるので、本好きにとってお得の多いサービスです。

 

どちらのサービスもスマートフォンやタブレットから利用できるので、分厚い本でカバンがかさばったり重くなることがありません。毎月どれぐらい本を読むかの頻度にあわせてサービスを選択するといいでしょう。


Prime Readingのおすすめポイントまとめ

「Prime Reading」は、Amazonプライム会員なら誰でも利用できるお得なサービスです。動画サービスからプライム会員になった人でも、そのまま無料で「Prime Reading」を利用できます。毎月数回入れ替わる書籍は、町ブラ雑誌からコミックスまでちょっとした暇つぶしに使えるので、Kindleアプリを利用してサービスを受けてみてはいかがでしょうか。

Kindleをさらに活用したいのであれば、「Kindle Unlimited」の定額利用でもっと自由に読書を楽しめるようになります。本を買っても置く場所が無い、本を持ち歩くのは邪魔という人にとって大変魅力的なサービスです。新たな本との出会いを求めるなら、Prime ReadingやKindle Unlimitedのサービスから電子書籍利用を始めてはいかがでしょうか。

Amazon Prime Reading 公式ページ

この記事で紹介されたアプリ

おすすめ人気記事

カテゴリ

最新アプリランキング

ストアに接続中...