登録して損しないのは誰?kindle unlimitedを活用するコツ

登録して損しないのは誰?kindle unlimitedを活用するコツ

アプリ歴10年の.Apps編集部
最終更新日 2018/8/17 07:08

大手通販会社Amazonが展開する、電子書籍読み放題サービス「kindle unlimited」。月額980円で雑誌、和書、洋書が読み放題という、本好きにはたまらないサービスです。しかも入会後30日間は無料で利用できます。「kindle unlimited」のサービスとアプリを紹介し、便利でお得な使い方、利用をおすすめする人とそうでない人などを解説します

(画像:筆者撮影)

1.「電子書籍読み放題サービス」kindle unlimitedとは

(画像:筆者撮影)

まずは、kindle unlimitedがどのようなサービスなのかと、そのしくみを簡単に紹介します。

1-1.kindle unlimitedのサービス内容

「kindle unlimited」は2016年8月3日より国内でのサービスを開始しました。サービス開始時点で読める本は10万冊を超え、日々追加(および入れ替え)されています。話題の漫画やビジネス書が月額980円(30日間は無料)で読み放題となっています。

取り扱いジャンルは、文学や評論、漫画はもちろん、雑誌、ビジネス書、辞典、資格や検定の対策本など多岐にわたり、高額な本や買おうか迷っているような本などをお試し感覚で読むことができます。

また、読むデバイスを選ばないのも特長です。専用のkindle端末やスマートフォンのkindleアプリはもちろん、PCやタブレットなど、多様なデバイスから読むこともできます。もちろん、端末が変わっても購入記録やライブラリの情報は共有されます。

1-2.なぜ本が読み放題できる?出版社は損しない?

kindle unlimitedは、読まれたページ数に応じて各出版社に報酬を支払います。読まれなければ報酬は発生しないため、Amazon側にはメリットもありませんが大きなデメリットもありません。一方、電子書籍であるため在庫を抱えることもなく、刊行されて比較的時間が経っている、すなわちユーザーがあまり目にすることがなく、売り上げもさほど多くない作品を、読み放題で再注目してもらえるチャンスとして、出版社にもメリットがあります。また、kindle unlimitedで読めるシリーズ物の作品は、最初の巻のみ無料で以降は有料という作品が多く、結果として、第1巻を読んで続きが気になったユーザーが購入することにより、有料の作品も売れることになります。

2.kindle unlimitedが支持される理由

(画像:筆者撮影)

kindle unlimitedが日本でのサービスを開始してもうすぐ丸2年となります。月額980円を払っても本サービスを利用したいと思える利点はどこにあるのでしょう。

2-1.本好きなら登録して損なし

紙媒体の書籍は年々値段が上がっており、本好きの人にとっては月々の出費が痛いところです。kindle unlimitedに登録しておけば、いろいろな本に好きなだけ触れることができます。読める本の冊数に上限はないので、日頃からたくさん本を読んでいる人ほどお得ということになります。読書家なら登録しておいて損はないでしょう。

2-2.登録されているジャンルは多種多様!世界が広がる

雑誌や漫画、小説だけではなく、ビジネス書、専門書も多く登録されているため、普段自分と縁がないようなジャンルの本を気楽に試すことができます。特に専門書などは一冊一冊が高額な場合も多く、1000円を超えるような本であれば一冊読めば元が取れてしまいます。今まで手を出すことがなかった分野の本を、読み放題をきっかけに試すことで、新しい世界が広がるでしょう。

また、コミックは3万冊以上登録されているので、気になる漫画の最初だけを試しに読んでみたいという場合にもうってつけです。物によっては全巻読み放題に登録されている作品もあるので、気になっていたあの漫画を読破することも夢ではないかもしれません。

料理本や健康法の本、ミニマリストブームの牽引役の「断捨離」本、子育てに関する本など、主婦向けの本も充実。子供向けの絵本や児童書なども多数登録されています。特に子供向けの本は判型が大きいものや厚紙を使った分厚いものが多く、また、子供の成長につれて読まれなくなっていくので、電子書籍で持っていると省スペースに役立ちます。外出時に持つ「お気に入りの絵本」も、端末ひとつ持てばどこででも読めるので、荷物が多くなりがちな小さい子とのお出かけにも便利です。

2-3.kindle無料アプリが使いやすい

(画像:筆者撮影)

kindle版の本は、専用のkindle端末のほか、PC版のブラウザ、スマートフォンアプリからも読むことができます。特に、無料のkindleアプリに関しては、あらかじめスマートフォンにkindleアプリをインストールし、読みたい本を事前にライブラリに追加しておけば、通勤中、通学中、または外出先での待ち時間などにちょっと読みたいという場合にもその場ですぐ開け、空き時間を有効活用することができて便利です。

kindle unlimitedで読みたい本を見つけるには、kindleアプリを起動して「ストア」をタップし、「kindle unlimited読み放題」をタップして読み放題対象の本を絞り込みます。過去のダウンロード履歴やAmazonでの購入履歴などからのおすすめも表示されますので参考にしてください。読みたい本を見つけたらタップし、「今すぐ読む」または「ライブラリに追加」を選択すれば完了です。

「kindle」アプリ公式サイト

3.kindle unlimitedで読めるおすすめのジャンルはどれ?

(画像:筆者撮影)

kindle unlimitedにはさまざまなジャンルの本が多数収録されています。たくさんありすぎてどれを読めばいいのか良く分からないという場合は、ランキングを見てみるのもひとつの手です。

2018年5月14日現在、kindle unlimited読み放題に登録されている本の中から、ランキング上位に入っている本を3冊紹介します。

1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣

(画像:筆者撮影)
成功者がいかに自分の時間を上手に管理しているかを紹介しています。いつも時間に追われている気がする、時間がいくらあっても足りない、効率良く時間を使いたいという人におすすめです。

これらのいわゆる自己啓発本はkindle unlimited読み放題の中に常時多数ランクインしています。どれを読めばいいか分からないという場合でも、読み放題ならば試し読み感覚で気軽に読み始めることができます。自分に合った本を見つけましょう。

小説 君の名は。

(画像:筆者撮影)

2016年に一大ブームを巻き起こした映画「君の名は。」のノベライズ版で、新海誠監督が自ら書き下ろしています。今でも根強いブームで、ランキングの常連となっています。

本書のような、小説や漫画などの話題作を気軽に読めるのも読み放題の魅力。必ずしも読みたいものが読み放題になるとは限りませんが、見つけたらすぐにライブラリに登録しておきましょう。

東京カレンダー

(画像:筆者撮影)

雑誌も一冊紹介します。本書は東京のおしゃれなスポットを毎月紹介している月刊誌です。東京を深く知りたい大人の男性、女性のための情報が満載。

こうした情報誌は、本全体の中で自分に必要な情報が少しだけという場合が結構あるものです。高い雑誌を買ってそこだけ切り抜く、あるいはスクリーンショットを撮るのでもかまわないのですが、スマートに情報を見るには電子書籍がおすすめです。自分に必要のないと思える情報でも、暇つぶし程度に読むことで新たな発見があるかもしれません。

4.kindle unlimitedをフル活用するコツ

(画像:筆者撮影)

980円の月額利用料を払う以上、きっちりと元は取りたいものです。kindle unlimitedの読み放題は、使い方によってはコストパフォーマンスが非常に良く、元が取れる以上に有効に活用することができます。いろいろな使い方を見ていきましょう。

4-1.書店のように使ってみる

実際に書店の中をぶらつくように、いろいろな本を立ち読み感覚で少しずつ読んで出会いを探したり、あるいは「表紙買い」するのも楽しみ方のひとつ。話題作や話題になっている言葉をキーワード検索したり、ベストセラーのランキングなどを参考にしたりして、気になった本を読むのもいいでしょう。ユーザーレビューなどをその場ですぐ閲覧して参考にできるので、その点でリアルの書店よりも便利です。

4-2.知識をとことん深める

仕事や趣味、好きなこと、気になる話題などに関してさらに知識を深めようというような場合にも、読み放題は重宝します。キーワード検索をしてヒットしたものや、過去の閲覧履歴からのおすすめの本で、気になるものをどんどん読んでいきましょう。同じ作家の本を読みまくる、仕事で使う知識をもっと深く勉強する、今度旅行で訪れる場所の名所や名物を予習するなど、使い方次第で知識をぐっと深掘りすることができます。

4-3.新しいジャンルにチャレンジする

上とは逆に、まだ何も知らないけれど興味がある、というようなジャンルに挑戦するときにも、読み放題を活用すればハードルは大幅に低くなります。たとえば、新しい趣味を始めるにあたり、最初の1冊、入門書となるものを探しているが、どれから読めばいいのか分からない、というようなとき、検索していろいろな本を探し、それぞれの中身を見てみることによって自分に合った本が見つかることもあるでしょう。「初心者さんにおすすめ」などのレビューを参考にすることもできるので、探すのが非常に楽です。読み放題なら、何冊か読めば元が十分取れます。

5.kindle unlimitedがおすすめな人とおすすめしない人

(画像:筆者撮影)

ここまでkindle unlimitedのメリットを紹介してきましたが、読み放題とはいえ31日目以降は月々利用料がかかります。月額980円払っても元を取れる人、無駄遣いに終わってしまう人を見ていきましょう。

5-1.おすすめの人

電子書籍およびkindle unlimitedの特徴を上手に活かせれば、月額980円は決して高くありません。以下のような人は、登録しておいてもいいでしょう。

  • 本が好きな人、たくさん読む人
  • 通学、通勤時間が長い人
  • 時間を有効活用したい人
  • 立ち読みを良くする人
  • 新しい知識を気軽に身につけたい人
  • 本を収納できるスペースがない、あるいは収納したくない人

5-2.おすすめしない人

以下のような人には基本的におすすめできません。ただし、読む本を何でも電子書籍にするのではなく、手元に置きたい本だけは紙の本にするなど、使い方次第では元を取ることも十分に可能です。

  • 読書習慣がない、月に読む本が多くない人
  • 読みたい本がない人
  • 紙で読みたい人
  • 手元に残したい人

6.登録前に確認!kindle unlimitedの注意点

(画像:筆者撮影)

kindle unlimitedを使ってみようかなと思ったら、まずは30日無料のサービスに申し込むことになります。登録前、あるいは無料期間中に、以下のようなことを必ず確認しておきましょう。

6-1.全ての電子書籍が読めるわけではない

kindle unlimitedには、電子化されているすべての本が登録されているわけではありません。よって、読みたい本、話題の本などが必ずしも読み放題で読めるというわけではないことに注意が必要です。読みたい本がある程度そろっているかどうか、事前に良く確認しておきましょう。少し古い本だと登録されている可能性もありますので、キーワード検索などを活用して調べてみるといいでしょう。

6-2.1度に10冊までの制限あり

kindle unlimitedのライブラリに登録できる本は最大10冊までとなっており、それ以上の本を登録したければ、ライブラリから本を除外する必要があります。除外の方法は「返却する」「削除する」の2種類あり、返却した場合、端末からは削除されますが、本につけたメモとハイライトの情報は保持され、また同じ本をライブラリに追加したときにそのまま適用されます。端末から削除するとメモなどのすべての情報が一緒に削除されます。確認なしに即時削除されるので、間違って削除しないよう注意しましょう。

6-3.ある日急に本が読めなくなることも

kindle unlimitedに含まれる本は日々入れ替わっています。この間までは読み放題で読めた本がある日読めなくなっているということは決して少なくありません。一旦ライブラリに入れた本は会員登録の期限が切れるまでは消えてしまうことはないので、気になる本を見つけたらその場でライブラリに追加しておくようにしましょう。

6-4.まずは無料体験に申し込むのもアリ

kindle unlimitedは登録後30日間は無料で使えます。お試し感覚でまずは登録して、自分の使いたいスタイルにマッチするか、自分の読みたいジャンルが充実しているかなどを確かめてみるといいでしょう。

ただし、30日が過ぎると自動更新されるので、有料では利用しないと決めた場合は、忘れずに無料期間終了までにキャンセルしましょう。スマートフォンのkindleアプリからの解約は、「Kindle Unlimited マイブック」を表示→「メンバーシップを管理」の「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」で行うことができます。PCやAmazonアプリからも解約可能です。

7.お得なセール情報を知るには公式ページをチェック!

(画像:筆者撮影)

kindleは、割引クーポンや利用額の一時的引き下げなど、頻繁にキャンペーンを行っています。

過去には

  • kindle unlimited 30日間無料体験で490ポイントプレゼント(2018年2月開催)
  • kindle unlimited 無料体験登録で500ポイントプレゼント(2018年3月開催)
  • kindle unlimited 利用料2ヶ月で199円に引き下げ(2018年4月開催)

などのキャンペーンが行われています。いずれも「Amazonのプライム会員であること、かつ過去12ヶ月にkindle unlimitedを利用したことがない人」が条件となっていました。

キャンペーンは随時行われ、特設ページでアナウンスされるので、有利に使いたい人はこまめにチェックするといいでしょう。なお、2018年5月14日現在では、『対象のKindle本に使える 400円OFFクーポン』プレゼントキャンペーンが開催されています。終了日は未定で、キャンペーンページで終了2週間前にアナウンスされるとのことです。気になる人はキャンペーンページをチェックしてみてください。

8.結局kindle unlimitedはお得なの?

月額980円で、すべてではないものの多くの本を読み放題で楽しむことができるkindle unlimited。読書のスタイルは人それぞれなので、誰にでも絶対おすすめというわけではありませんが、普段から本をたくさん読む、いろいろなジャンルの本を読むのが好き、移動時間などのちょっとした時間も読書に充てたい、いつもおもしろい本を探している、知らないことを知りたい、隠れた名作や今まで読んだことのない本にチャレンジしたい、などの条件をクリアする人はお得に使えるでしょう。

読み放題だけれど最新の本は借りづらい、一度にライブラリに追加できる本に上限がある、この間まで見つけることができた本がある日突然読めなくなってしまうという特徴があるkindle unlimitedの利用感覚は「書店」というよりも「図書館」に近いと言えますので、図書館を良く利用する人にもお役立ちです。

そこまで読書家ではないかも…自分に読める本があるか心配…などの理由で迷っているのであれば、初回30日間は無料で体験できるので、まずは登録してみてはいかがでしょう。

「kindle unlimited」トップページ

この記事で紹介されたアプリ

おすすめ人気記事

カテゴリ

最新アプリランキング

ストアに接続中...