人気,無料アプリをさがすならドットアップス
徹底比較!Yahoo!・楽天・Amazonを上手に使い分けるには?

徹底比較!Yahoo!・楽天・Amazonを上手に使い分けるには?

最近ではよく活用されるようになってきたネットショッピング。その中でも3大ネット通販サイト、「Yahoo!ショッピング」・「楽天」・「Amazon」について比較していきます。品揃え、ポイント還元率の良さ、送料の安さや配達の速さ、キャンセルや返品・交換の対応、会員の特典など、3社それぞれ特徴があります。普段何気なく利用していたり、どのサイトがお得なのか迷っている人もいるでしょう。どのような時にどの通販サイトを使うのがお得なのか解説していきます。

画像:著者撮影

1.Yahoo!ショッピング・楽天・Amazonを徹底検証

 

  Yahoo! 楽天   Amazon
サイトデザイン
品揃え
商品価格
トラブル対応 ショップごとに異なる ショップごとに異なる
配達の速さ ショップごとに異なる ショップごとに異なる
ポイント還元率
検索のしやすさ
会員制度の魅力
キャンセル・返品のしやすさ ショップごとに異なる ショップごとに異なる
アプリの使いやすさ

次の項目からそれぞれ解説していきます。

2.「Yahoo!ショッピング」の特徴

「Yahoo!ショッピング」はショッピングモール型の中でも出店型になり、1企業が1ショップを運営するという形が特徴です。販売・配送もショップごとに行われるので対応方法もさまざまです。

>>「Yahoo!ショッピング」はこちら

2-1.Tポイントユーザーにはお得なモール

Yahoo!ショッピングでは、Tポイントを買い物の際に獲得できます。普段からファミマやTUTAYAなどでよく買い物する人にとってはお得でしょう。

2-2.「Yahoo!ショッピング」の品揃えの特徴

出店型の強みを生かした、お取り寄せグルメが買えるのが特徴です。日本全国の旬のグルメが揃っています。また、LOHACOも進出してきたこともあり日用品も充実しています。もちろん、Yahoo!アカウントでログインすれば、Tポイントを貯めることができます。

2-3.「Yahoo!ショッピング」はポイントアップが充実!

ポイントアップキャンペーンが充実していますが、注意点として基本不定期開催ということです。そのためこまめにホームページでチェックするか、「Yahoo!ショッピング」に登録済みならお知らせがくるので、そのタイミングを逃さないことが重要です。唯一、定期的に開催されるが毎月5、15、25日に条件達成でポイントが最大5倍になるキャンペーンです。5倍獲得するには、「Yahoo!ショッピング」のアプリ経由で買い物する必要があります。また、不定期ですが最大で11倍もポイントを獲得できるキャンペーンも開催されています。ポイントを上手に貯めるには、開催のタイミングに合わせてキャンペーンにエントリーすることです。

>>「Yahoo!ショッピング」アプリはこちら

画像:著者撮影

2-4.「Yahoo!ショッピング」の弱みは?

出店型ということもあり、同じ商品が複数のショップで出品されていることがあるため、値段を比較する必要があります。また、送料や配送方法などもショップにより違いがあるので、購入の際には注意しましょう。

3.「楽天」の特徴

「楽天」も「Yahoo!ショッピング」同様、出店型になり、1企業が1ショップを運営するという形が特徴です。販売・配送もショップごとに対応が変わってきます。

>>「楽天」はこちら

3-1.ショッピングモールの老舗「楽天」

日本の3大のネットショッピングサイトとしては一番早くサービスを開始しています。ポイントサービスの導入も一番早く、現在では楽天ポイントの知名度も高く、利用している人も多いでしょう。2017年のインターネット通販の流通額シェアが27.8%と、流通額が高いことが特長です。

3-2.「楽天」の品揃えの特徴

品揃えについても「Yahoo!ショッピング」と重複してしまうのですが、出店型のため、いろいろなジャンルの商品が出品されています。また、2018年4月より「楽天ビック」が開設され、家電製品も本格的に取扱われています。

>>「楽天ビック」はこちら

3-3.連日開催の人気イベントやクーポンが充実!

「楽天」といえば、イベントやクーポンの豊富さが特徴です。買い物をしたショップから割引クーポンが届いたり、会員のランクごとにクーポンの配布があります。普段の買い物でも「楽天カード」や「楽天市場アプリ」を利用することによって、最低でも4倍のポイントが獲得できます。また、楽天スーパーセール中は、ショップ買いまわりでポイントが最大10倍になります。クーポンの配布もセール時は普段よりも増えます。しかし、この時に付くポイントは期間限定ポイントなので早めに使うようにしましょう。約40~45日程度で期限切れになってしまいます。

画像:著者撮影

>>「楽天市場アプリ」はこちら

3-4.「楽天」の弱みは?

検索のしやすさについてですが、ショップごとにことなるため全体にばらつきがあり、見づらくなっています。また、稀にですが、検索したものとは関連性の薄い商品まで検索されてしまうことがありストレスを感じる人もいるでしょう。配送についてもショップごとにばらつきがあり、料金や配達までの時間が商品を選ぶまでわからないというのが不便なところといえるでしょう。

4.「Amazon」の特徴

「Amazon」は、自社販売を行っており、倉庫も自社で管理しています。それに加え出品型の販売方法も取っています。自社で販売から配送まで行っているため、商品の到着が速いのが特徴です。

>>「Amazon」はこちら

4-1.見やすいサイトデザイン

「Amazon」は、「Yahoo!ショッピング」・「楽天」とは違い、商品ごとに出品されているので、ひとつのページで同じ商品の値段の比較ができるのが便利な点です。新品の商品と中古の商品も同時に見ることができるため、本・ゲームソフト・CDなどを買いたい人にとってはとても使いやすいサイトデザインといえるでしょう。

4-2.迅速な発送をもとめるなら「Amazon」

「Amazon」といえば、「お急ぎ便」ですが、基本的には別料金となります。しかし、当日~翌々日までに届くというのはどうしても急いでいる人にとっては魅力があります。返品・交換については条件が多いので注意しましょう。

画像:著者撮影

>>「Amazon」ショッピングアプリはこちら

4-3.有料会員になるとメリットがいっぱい!

「Amazon」には、「Amazonプライム会員」という、有料の会員特典が豊富なサービスがあります。まず、送料ですが、会員以外の人は2000円以上の買い物で通常配送が無料なのに対し、会員は2000円以下でも無料なのはもちろん「お急ぎ便」も無料になります。さらに、一部デジタルコンテンツが無料で利用することができます。

>>プライム会員特典一覧

4-4.「Amazon」の弱みは?

大手3社中もっともポイントが貯めにくいのが「Amazon」の弱みです。他2社は、通常の買い物をするだけでもポイントが貰えるのですが、「Amazon」だけはポイントが付く商品が限定されていてなかなかポイントを貯めることができません。また、人気商品などを転売目的で買占め転売している業者がいるので、購入の際に適正な価格か注意しなくてはいけないこともあります。

5.シーン別 おすすめの通販サイトはこれだ!

  1. 商品が早く欲しいとき→「Amazon」
  2. ショッピングでポイントを貯めたいとき、使いたいとき→「Yahoo!ショッピング」・「楽天」
  3. お取り寄せグルメが欲しいとき→「Yahoo!ショッピング」・「楽天」
  4. 日用品が欲しいとき→「Yahoo!ショッピング」・「Amazon」
  5. 最新家電がほしいとき→「楽天」・「Amazon」
  6. 安く商品を買いたいとき→「Amazon」

6.どのサイトが一番かは使い方次第!

ここまで3社のショッピングサイトを比較してきましたが、それぞれお得な内容に差があるので、なにを重視するかで使い方が変わってきます。価格、ポイントの還元、対応の速さ、そのときの一番合った方法で賢く買い物をするといいでしょう。

おすすめアプリ

関連アプリ

おすすめ人気記事

最新のアプリランキング

ストアに接続中...