結婚式が心配!出会いが婚活アプリと言えない人向け馴れ初め報告3選

結婚式が心配!出会いが婚活アプリと言えない人向け馴れ初め報告3選

ドットアップス編集部
最終更新日 2019/7/10 16:11
関連するアプリ一覧ページ: 出会い・マッチング
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

出会い・マッチングのヘッダー画像
2019/9/21 05:01

    目次

  1. パターン別!結婚したときの馴れ初め報告
  2. ウソはイヤ!ガチな婚活アプリの選び方
  3. ひやかしNG!真面目な人向けの婚活アプリ
  4. 素敵なパートナーを見つけましょう

現在、SNSや婚活アプリなどを利用した、オンラインでの出会いも急速に増えています。自宅にいながらにして、理想の相手と出会える時代なのです。実際に、アプリを通してパートナーを見つけ、結婚に至ったカップルもたくさんいます。しかし、いざ結婚となると、馴れ初めを正直に言えないと悩む人もいます。

今回は婚活アプリで出会った人へ向けて、パターン別の馴れ初め報告を3つ紹介します。また、結婚に失敗しないための婚活アプリも紹介します!ぜひ参考にしてみてください。

Pairs公式サイト

パターン別!結婚したときの馴れ初め報告

アプリを通して出会ったパートナーとの結婚が決まり、結婚式の準備を始めると最初に悩むのが、馴れ初めをどのように伝えるか。という事でしょう。世代によっては、アプリでの出会いに対して、ネガティブなイメージを持っている人もいるかもしれません。そのため、全員に対して正直に事実を伝える必要はないでしょう。そのような場面では、馴れ初め報告をする相手によって、パターンを変えてみるのもおすすめです。

仲の良い友人の中にも、アプリでの出会いに対し、理解のある人とそうでない人とで対応を変える必要があります。さらに、職場の同僚や上司、加えて両親や親戚に対しては、より慎重に事を進める必要があるでしょう。運命の相手との結婚です。パートナーとしっかり話し合い、みなさんに祝福される結婚式を挙げてください。それでは、馴れ初め報告の例をパターン別に紹介します。

仲の良い友人

友人に対しては、正直に話したいと考える人も多いのではないでしょうか。仲の良い友人であれば、婚活アプリで出会い、真剣交際に発展したという事を正直に伝えましょう。その後、その他関係者への馴れ初め報告をどのようにすればよいか。などを考える際にも、正直に話した友人が、良い相談相手になってくれる場合もあります。

しかし中には、友人にもアプリでの出会いに理解のない人がいるでしょう。ウソをつくのは気が引けるかもしれませんが、その場合には、飲み会や紹介などありふれた出会いのパターンを伝えるのが無難です。

職場の同僚、上司

職場では、詳細な馴れ初め報告をする場面も少ないでしょう。しかし、先方から聞かれる、あるいは話さなければならない事態に遭遇した時のために、回答を事前に準備する必要があります。特に、職場で面識の無ない友人知人に対しては、出会いが婚活アプリだという事を伝える必要はありません。なぜなら、その人たちがどの程度理解のある方かわからないためです。そのため、職場では一貫して、出会いは友人の紹介などと伝えるのが良いでしょう。

両親や親戚

一番重要なのが、両親や親戚への馴れ初め報告です。上記の2つが一人の判断で報告内容を決定できるのに対し、両親や親戚への報告は、結婚相手と回答を揃えないといけないというのがポイントです。また世代によって、婚活アプリでの出会いに理解のない方や、余計な心配をかけてしまう場合も考えられますので、職場や共通の知り合いからの紹介などと報告するのが良いでしょう。例えば、

職場での出会いと言い換える場合…

  • 「同じ業界のセミナーで出会った」
  • 「共通のクライアント先で、たまたま出会った」など

出会いの場が職場というだけで、安心感を与える事ができます。また、職場での事は、親族であっても良くわからないものなので、問題なく納得してもらえるでしょう。

共通の知り合いからの紹介と言い換える場合…

  • 「共通の友達からの紹介で、LINEの連絡先を教えてもらった」
  • 「Faceboookの友人の友人同士で、共通の友人の投稿にお互いコメントした事で出会った」など

アプリを通しての出会いと言っても、LINEやFecebookであれば、知名度もあり、ほとんどの方が理解してくれるでしょう。また、共通の友人の存在をほのめかす事で、より自然な出会いを演出できます。

ウソはイヤ!ガチな婚活アプリの選び方

いろいろなパターンの馴れ初め報告を紹介しましたが、誰しもウソをつく事に少なからず抵抗があるのではないでしょうか。また、その相手が大切な人であればあるほど、ウソはイヤなものです。そもそも、ウソを上手につけない人もいるでしょう。そんな人は、ウソの馴れ初め報告をしなくても済むような、真面目で信頼できる婚活アプリを選ぶ事がおすすめです。

昨今、婚活アプリにもさまざまな種類がありますが、結婚を真剣に考えている人向けの婚活サイトには、以下の特徴があります。

  • アプリの運営会社が信頼できる大手企業である
  • コンシェルジュのサポート付き
  • 好評な口コミ多数
  • 登録時に証明書提出必須

良いパートナーと出会うためには、良いアプリを見つける事が大切です。

ひやかしNG!真面目な人向けの婚活アプリ

安心して使えるシステムが充実したアプリを使う事で、真剣な出会いを求める人に会える確率もあがります。信頼できる婚活アプリでの出会いなら、馴れ初め報告でウソをつく回数も少なくて済むでしょう。

では、真面目に婚活をしたい人向けのおすすめアプリを3つ紹介します。

IBJS-お見合いシステム

画像出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ibjapan.app&hl=ja

IBJS-お見合いシステムは、全国1,719社の結婚相談所が加盟する日本結婚相談所連盟が運営する婚活アプリです(2018年6月現在)。成婚につながる婚活をめざすシステムで、毎月約25,000組のカップルが成立しています。特徴的なのが、仲人カウンセラーのサポートが受けられるという事です。担当のカウンセラーが、相手との面談やお見合いの調整などを手助けしてくれます。ただし、アプリを利用するためには、日本結婚相談所連盟に加盟する結婚相談所の会員になるのが条件です。

IBJS - 日本結婚相談所連盟が提供するお見合いシステム公式サイト

ゼクシイ恋結び

画像出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=net.zexy.koimusubi&hl=ja

ゼクシィ恋結びは、ゼクシィが提供するFacebookを利用した婚活アプリです。ゼクシィは1993年にブライダル関連情報誌として創刊され、長きにわたって婚活のノウハウを構築しています。会員のうち20代の利用者が70%以上を占めている(2018年6月現在)ため、結婚を見据え、真剣な恋愛をしたいユーザーがほとんどです。アプリ上では実名は公表されず、Facebookにアプリを利用している事が投稿される事もありません。24時間の有人監視や、公的身分証を用いた年齢確認必須の安心安全のアプリです。

ゼクシィ恋結び公式サイト

Omiai

Omiai(オミアイ)は、Facebookアカウントと連携した婚活アプリです。App Storeでの評価も3.8と高評価を得ています(2018年6月現在)。Omiaiに登録するにはFacebookの友達が10人以上いなければならないため、悪質業者やサクラの不正アカウントはほぼ存在しません。アプリ事務局が身分証での年齢確認を、一件ずつ手作業でしているため、安心して相手とのメッセージ交換ができます。真剣な恋活・婚活をしたい方におすすめのアプリです。

Omiai公式サイト

素敵なパートナーを見つけましょう

今回は、婚活アプリで出会い、結婚式まで視野に入れている方へ、パターン別の馴れ初め報告3選を紹介しました。なるべくウソのない馴れ初め報告をするためにも、信頼できるアプリを使う事がおすすめです。

大手企業が手掛ける、口コミ評価の高い婚活アプリなら、安心して使う事ができます。たくさんの方に祝福される結婚式になる事を心から願っています!

関連するアプリ一覧ページ: 出会い・マッチング

こちらの記事もおすすめ!

出会い・マッチングのヘッダー画像
2019/9/21 05:01
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

ストアに接続中...