写真加工アプリでおしゃれにぼかす!背景・顔かくしのコツとおすすめアプリ

写真加工アプリでおしゃれにぼかす!背景・顔かくしのコツとおすすめアプリ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/20 19:48

    目次

  1. 写真をぼかす加工のメリットを学ぼう
  2. これで注目間違いなし!おすすめのぼかし方法を伝授
  3. おしゃれにぼかす!おすすめアプリ3選
  4. ぼかすだけでおしゃれな写真に早変わり!

スマホのカメラはかなり進化してきています。ほとんどの人はスマホだけで日常の写真を撮っていますが、一眼レフを使って撮影した写真はやはりかっこいいしお洒落で、憧れの対象です。一眼レフの特徴はぼかしなどを使えることですが、最近のスマホアプリならぼかしを入れられるアプリも増えてきました。本記事ではぼかしについての基本的な知識と、スマホアプリでぼかしをいれるにはどうすればいいかまとめています。後半ではぼかしを入れるのにおすすめの写真加工アプリも紹介していますので最後まで読んでみてください。

画像:著者撮影

写真をぼかす加工のメリットを学ぼう

写真をぼかすことで得られるメリットはたくさんあります。ぼかしの方法によってもそのメリットは変わってくるのですが、例えばどのようなものがあるのでしょうか。

目立たせたいものがより際立つ

ぼかし加工を入れる場合は、被写体以外の部分にのみ入れるのが一般的です。本当に写したい、目立たせたいものだけに焦点を当て他の部分をぼかすことで被写体がさらに際立ちます。プロの写真家もよくぼかしを使用していますが、メリハリがあってとても美しい写真に仕上がっています。ぼかしがあるだけでなんだかお洒落な写真にみえてしまうという効果もあります。

ぼかすことで全体的に優しい印象になる

写真の中のすべてがくっきりと写っている写真に比べ、ぼかしが入っていると柔らかい印象の写真に仕上げることができます。このような優しい柔らかい印象にしたい場合は、被写体にもほんのすこしぼかしを入れたりします。最近のインスタで流行るのはお洒落な写真と、可愛らしい写真です。全体的にぼかしを入れる方法も覚えておくと、可愛らしいインスタ映えする写真を作ることができるでしょう。

部分的にぼかすことで非日常的な写真が作れる

写真加工アプリをつかって部分的にぼかしを強く入れることもできます。部分的にぼかしが強く入った写真は非日常的で、不思議な魅力を持つ写真に仕上がります。非日常感のある写真は見ているユーザーからしてもコメントがしやすいため、SNSで良い反応をもらいやすい傾向にあります。加工アプリを使うことが前提になりますので、ぼかしを入れることができるアプリをいくつかダウンロードしておくといいでしょう。

これで注目間違いなし!おすすめのぼかし方法を伝授

では、具体的にどのようにぼかし加工を入れるのが良いのでしょうか。一般的な方法から少し珍しい方法まで3つ紹介します。

部分的にぼかしてメリハリを付ける

これが最も一般的なぼかし方です。メインにしたい被写体以外の部分をぼかすことで、被写体だけをくっきりと目立たせます。ボケている部分とのメリハリがつくことでまるでプロが撮ったかのような写真に仕上げることができるでしょう。ただ被写体がとても目立つ方法なので、画角や光の加減など、撮るのが上手かそうでないかが分かりやすくなってしまう方法でもあります。普段からよくカメラで写真をとっている人や、一眼レフで写真を撮るのが好きだといったような上級者向けの方法かもしれません。初心者でこの方法を使いたい場合は、自動で補正をかけてくれる写真加工アプリを使うと比較的綺麗にぼかしをいれることができます。

文字を組み合わせてみる

ぼかすだけではなんだか物足りないという人は、ぼかしに文字を組み合わせてみましょう。プリクラと同じで文字や絵を付け足すとオリジナリティのある写真にすることができます。手書き文字を入れることができるアプリもありますし、あらかじめ用意された雛形から選んで挿入することができるアプリもあります。文字ではなくスタンプなどでもいいでしょう。友達と遊びに行った時に撮った集合写真や自撮りなど、賑やかな雰囲気の写真に適した加工方法だと言えます。逆に、カフェでのお洒落な写真やかっこ良く決めたコーディネートの写真などはシンプルな方がオシャレ感が増すため、文字やスタンプを入れるのは控えたほうがいいかもしれません。

全体的にふんわりとぼかす

全体的にぼかしを入れる方法もあります。あまりメジャーではない方法ですが、その分、他のユーザーの目を引くことができるでしょう。被写体も含めて全体にうすくぼかしをいれることで、不思議な印象の写真に仕上げることができます。明確に写したい被写体がある場合よりは、ぼんやりと風景などを写したい場合に向いている方法です。ぼかしを薄く入れるというのがポイントで、ぼかしを強くいれてしまうと全体がぼやけすぎて何が何だか分からない謎の写真が出来上がってしまうので注意してください。ただSNSに自分が写った写真を投稿したいけれど個人情報が気になる、と言った場合はあえてぼかしを強めに入れてみるのもありかもしれません。

おしゃれにぼかす!おすすめアプリ3選

具体的におすすめのアプリを選びました。ぼかしの入れ方がアプリによって違うので、3つともダウンロードしておくと場面によって使い分けることができて便利です。

優しい印象なら「Soft Focus」

画像:著者撮影

優しい印象のぼかし加工を入れたい人には「Soft Focus」がおすすめです。「Soft Focus」は、シンプルな写真加工アプリです。ぼかし・明るさ・暖かさ・色合い・彩度を変更することができます。また縦横比の変更にも対応しているので簡単な加工だけなら「Soft Focus」だけで充分です。「Soft Focus」のぼかしは全体的に入れるタイプで、薄めのぼかしをいれるのも簡単です。全体的にぼかしをいれて柔らかい、優しい印象の写真を作ってみましょう。UIは非常にシンプルで、画像を選択してその画像に加工を入れるだけです。難しい設定画面などもないので、あまり写真加工をしたことがないという人でも比較的簡単に使い方を理解することができるでしょう。

ぼかし初心者におすすめ「BlurCamera」

画像:著者撮影

ぼかしを使うのに慣れていない人や、部分的にぼかしを入れた写真を作りたいという人におすすめなのが「BlurCamera」です。「BlurCamera」は「ぼかしカメラ」と銘打っているアプリで、ぼかしを入れるのをメインの機能としています。ぼかしを入れたい写真を選択し、写真を指でなぞるだけの簡単操作でぼかしを入れることができます。指でなぞった部分だけがぼかされるので、全体的にぼかしを入れたい場合にはあまり向きませんが特定の部分をぼかしたい時には「BlurCamera」がぴったりです。SNS投稿時に顔を隠すためのぼかしにも使うことができるでしょう。画像編集中のアドバイスも軽妙で、楽しい気分で編集をすることができます。

ぼかすだけでは物足りない人に「キラキラ加工 Lite」

画像:著者撮影

ぼかすだけでは物足りない人、フィルターもかけたいという人におすすめなのが「キラキラ加工 Lite」です。「キラキラ加工 Lite」には3つの編集モードがあります。画像編集の初心者むけに機能を絞ってわかりやすくした「簡単モード」、ある程度自分で編集することができる人向けの「標準モード」、画像編集に慣れている人におすすめの「高機能モード」の3つです。自分の編集レベルに合わせてモードを選択しましょう。「キラキラ加工 Lite」ならぼかしを入れるだけではなくキラキラ加工も同時に入れてくれます。ぜひぼかしと同時に「ちりばめる」機能を使ってふわふわ、キラキラした写真を作ってみましょう。

キラキラ加工 Lite公式サイト

ぼかすだけでおしゃれな写真に早変わり!

いかがでしたか。今回はぼかしについての解説と、ぼかし加工ができるおすすめアプリを紹介しました。ぼかしを上手に使うのはなかなか難しいですが、全体的にふんわりとぼかしを入れるだけでも柔らかく素敵な印象の写真になります。まずは写真加工アプリを使って、写真を全体的にぼかすことから始めてみましょう!

カテゴリ

最新アプリランキング

Apple Inc.が運営するApp Storeの12月11日 18:12 のランキング情報を元にランキング記事を構成しています。

ストアに接続中...