スマホが遅い!?回線速度がわかるスピードテストアプリ5個を徹底比較

スマホが遅い!?回線速度がわかるスピードテストアプリ5個を徹底比較

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/7/19 16:16
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

趣味・エンタメのヘッダー画像
2019/12/11 05:00

    目次

  1. スマホの回線速度が遅くなる理由
  2. アプリでわかるスマホの回線速度
  3. どれがおすすめ?スピードテストアプリを比較
  4. 快適な回線速度でスマホを使おう!

日々スマホを利用していると「何故か回線速度が遅くなった」と感じることがあるかもしれません。

実は、スマホの回線速度が遅くなるということはよくあることです。そこで、この記事ではスマホの回線速度が遅くなる理由と簡単に回線速度をチェックできるアプリを紹介します。

突然回線速度が遅くなったと感じた場合はぜひ、参考にして対処してみてください。

画像: 著者撮影

スマホの回線速度が遅くなる理由

まずはスマホの回線速度がなぜ遅くなるのかをみておきましょう。理由としてはさまざまなものが考えられますが、よくあるのは次の3つです。

スマホを利用していて何故か回線速度が遅くなったと感じたらこちらをチェックしてみましょう!

通信制限にひっかかった

基本的にスマホの回線契約では、利用できる高速通信の容量に上限が設けられています。通常、通信容量は契約の時に選び、少なければ1~3GB程度、多い契約の場合は30~50GBとなっています。

この容量を使い切ってしまった場合、通信自体は利用できますが大手キャリアの場合は128kbps、MVNOの場合は200kbps程度まで回線速度が落ちてしまいます。

契約によって通信制限適用時の速度が異なる可能性はありますが、いずれにせよ通常時と比べてかなり遅くなると考えておいてください。

頻繁に通信制限に引っかかる場合は契約の見直しが必要です。

回線が混雑している

前述した通信制限以外にも遅くなる理由はいくつもあり、その中でも多いのが回線の混雑によるものです。スマホの回線も固定回線と同様に多くの人が利用すると輻輳し、回線速度が落ちてしまいます。

回線の混雑による速度の低下はMVNO利用時によく見られます。これは、MVNOは大手キャリアから一定の帯域を買い取って事業を行っているためであり、価格を抑える代わりに契約者1人あたりの通信容量が少ないことによるものです。

MVNOを利用している場合多くの人がスマホを集中して利用する平日12:00~13:00などは通信制限時並に回線速度が遅くなることが多いので注意してください。

この時間に頻繁にスマホを利用する場合はWi-Fiを利用することをオススメします。

速度が遅いWi-Fiに接続している

こちらはWi-Fiを利用している時に考えるべきポイントです。速度が遅いWi-Fiに接続している場合は当然のことながらスマホの速度も遅くなります。

Wi-Fi利用時に速度が遅いと感じたら別のWi-Fiに切り替えたり4Gなどのモバイル回線に切り替えて使うのがオススメです。

いくつかのWi-Fiに接続できる場合は切り替えながら回線速度をチェックし、最も快適に利用できるスポットに接続しましょう。

アプリでわかるスマホの回線速度


画像: 著者撮影

回線速度が遅くなったと感じた場合は回線速度を測定できるアプリを活用してチェックするのがオススメです。

アプリを利用すれば本当に回線速度が遅くなっているのかを知ることができるでしょう。

回線速度測定アプリでチェックできることは次のようなものです。

自分の回線速度

自分のスマホの回線速度を測定するアプリですので、どのアプリを利用しても自分の回線速度を知ることができます。

そのため、速度が遅いと感じたらまずは測定アプリでチェックしてみましょう。

基本的にテキストベースのWebサイトの閲覧やSNSの利用には1Mbps、動画の快適な視聴のためには10Mbps程度必要です。

この数値を大幅に下回っていたら快適とはいえないので、Wi-Fiの利用や接続先の変更などの対策しましょう。

周囲と比較した回線速度

測定アプリの中には周囲の人と速度を比較できる機能を持ったものもあります。

こちらを利用すればその地域の人と比べて回線速度が遅いのかどうかをチェックすることができます。

地域全体で遅くなっていたりする場合は回線事業者側の混雑が原因の場合がありますのでWi-Fiを利用して回避しましょう。

周囲の回線速度の平均値など


画像: 著者撮影

周辺エリアでスマホを利用している人の回線速度の平均値を見られるアプリも存在します。

回線速度には地域によって差があることもあり、自分の利用しているエリアの平均がどれくらいなのかを理解するのは原因を調査する上で役立ちます。

こちらも上手く活用してみてください。

どれがおすすめ?スピードテストアプリを比較

ここからはおすすめのスピードテストアプリを紹介します。

回線速度が遅いと感じたらぜひ、使ってみてください。

Speedtest.net Speed Test


画像: 著者撮影

こちらは最も有名な回線速度測定アプリで、ワンタップで測定できる便利さがポイントです。

見やすいUIで直感的に使え、回線速度の他にPINGを測定できるので回線が安定しているかどうかもわかります。

もちろん、測定データは履歴として残るので後で比較してチェックすることもでき、とても便利です。

ただし、平均値を見られる機能や周囲と比較できる機能はついていません。

Speedtest.net公式サイト

Speedcheck Internet Speed Test


画像: 著者撮影

このアプリでは回線速度やPing、測定中の安定状況などを総合的にチェックすることができます。

ただし、広告が表示されるので使いにくいと感じるかもしれません。

さらに、解析機能がついているのでこれまでの測定結果を一覧でチェックしたり平均値を求めたりすることもできます。

周囲との比較機能などはついていませんが、結果を分析して遅くなる原因をチェックしようと考えている人にはオススメです。

Speedcheck Internet Speed Test公式サイト

RBB SPEED TEST


画像: 著者撮影

RBB SPEED TESTはSpeedtest.netと並んで有名な回線速度測定サービスです。

このアプリで測定できるのは回線速度とPingでワンタップで測定可能です。

さらに、今までに測定した回線速度のデータから平均値を計算したりパケットロス率を表示する機能もありますので高機能です。

また、全国平均や機種別の平均、キャリア別の平均までチェックできるのでとてもオススメのスピードテストアプリです。

RBB SPEED TEST公式サイト

ドコモスピードテスト


画像: 著者撮影

ドコモスピードテストはその名の通りNTT DOCOMOがリリースしているスピードテストアプリです。

とはいえ、ドコモ以外のキャリアを利用している人でも利用できるのでとても便利です。

このアプリの最大の特徴は測定がとても早いことで、10秒程度で完了します。

他にも周辺エリアの平均速度やWi-Fiスポットの検索、対応エリアの検索機能などもついているのでオススメです。

ドコモスピードテスト公式サイト

Wi-Fiミレル


画像: 著者撮影

Wi-FiミレルはWi-Fiの電波強度や混雑状況をチェックできるアプリです。

そのため「Wi-Fiが遅いと感じた時に有用」なアプリとなっています。

Free Wi-Fiがたくさんあるところなどでは混雑状況をチェックしながら空いているWi-Fiに接続するのがオススメです。

ただし、このアプリではスピードテストを行うことはできないので別のアプリを併用する必要があります。

Wi-Fiミレル公式サイト

快適な回線速度でスマホを使おう!

今回は「スマホの回線速度が遅くなった」と感じた時に使えるスピードテストアプリを紹介しました。

実際に回線速度をチェックして遅いことに気付けばWi-Fiの利用や接続先の変更などの対策がしやすくなることでしょう。

なるべく快適な回線速度でスマホを利用するためにもぜひ、これらのアプリを活用してみてください!

回線が安定していればスマホライフはもっと楽しくなることでしょう。

こちらの記事もおすすめ!

趣味・エンタメのヘッダー画像
2019/12/11 05:00
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

最新アプリランキング

Apple Inc.が運営するApp Storeの12月11日 21:12 のランキング情報を元にランキング記事を構成しています。

ストアに接続中...