王に俺はなるのレビュー、序盤の流れと攻略のコツ

王に俺はなるのレビュー、序盤の流れと攻略のコツ

ドットアップス編集部
最終更新日 2018/8/14 14:43
関連するアプリ一覧ページ: スマホゲーム RPG(ロールプレイングゲーム)

    目次

  1. 一夫多妻から子どもの育成まで!何でもありの王権闘争RPG
  2. プレイ動画もチェック
  3. 科挙に合格し官吏となったプレイヤーは王権闘争に巻き込まれる
  4. 序盤の流れ
  5. 攻略のコツ
  6. 王に俺はなるのレビュー

一夫多妻から子どもの育成まで!何でもありの王権闘争RPG

▲ハーレムでモテモテライフを送りたいあなたに

国一番の王位を目指す出世シミュレーション

「王に俺はなる」は以前「我が野望」というタイトルが名前を変更したもので内容に変化はありません。背景は中国の清時代で、没落した親の元に産まれたプレイヤーが父の意志を継いで科挙となり、王位を目指すシミュレーションRPGです。

清時代の背景とはいったものの、登場する人物が戦国時代の武将であったりとバラバラです。またシステムも他に類を見ない斬新なもので、女性と結婚したり、子どもが産まれたりします。他にも悪者を牢屋に入れて罰することもできたりと特徴的なゲームです。良い意味での雑さを感じられるでしょう。

プレイ動画もチェック

ハーレムライフも勢力の糧に

主人公は基本女性にモテモテで、登場する女性の多くと結婚(縁談)することができます。しかも人数の制限はなく、何人でも妻をめとります。相手の女性は探訪というコンテンツで出会えますが、課金専用の女性もいます。もし気になれば検討してみてはいかがでしょうか。「私は一途を貫く」といった人にも離婚システムが用意されています。

ただ結婚するだけでなく、子どもも確率で産んでくれるリアリティあるシステムです。産む子どもの数に制限はないですが、育成する枠に制限はあります。子どもが成人したら他プレイヤーの子どもと結婚させることができ、勢力(強さの目安)が上昇するため、どんどん子どもを作って世に送り出しましょう。

勢力を伸ばすための属性システム

門客(仲間)には武力・知力・政治・魅力の属性が設定されています。属性はステータスのようなもので、武将はそれぞれ得意とするものが異なり、昇級(レベルアップ)のときに増加する値も異なります。属性4つを合わせた数値が門客の総合能力であり、門客全てを合わせた数値が勢力です。

属性値はゲームの攻略に影響してきます。1人の門客だけでは頭打ちになり効率の面で悪いため、複数育てましょう。

科挙に合格し官吏となったプレイヤーは王権闘争に巻き込まれる

▲正義の行いはときに悪者を呼ぶ

プレイヤーは科挙に合格した官吏になって、王位を取ることが目的です。王位もメインストーリーのクリア、お金をたくさん稼ぐなど、分野別に用意されているので自分に合った方法で目指してみると良いでしょう。正義感の強い主人公は王位を目指す過程で王権闘争に巻き込まれ、命を狙われることになります。

生き残る方法はただ1つ、門客を集め勢力を増やすことだけです。幸い主人公の志についてきてくれる人はたくさんいます。人とのコミュニケーションを忘れずに味方を多くつけましょう。

官吏としての役割を果たそう

このゲームの目的は勢力を増やすことですが、官吏としての執務を忘れてはいけません。それが勢力の拡大へ繋がります。政務・経営・関所、この3つがゲームで行うことになる基本的なことです。政務は民の間で起きた出来事を2択でどう処理するかでもらえる報酬が変わってきます。

経営は銀錠(通貨)、食糧、兵士を収集するシステムで、収集量はそれぞれ門客の知力・政治・魅力の属性値の総合で決定されます。門客の属性値が高ければ高いほど、収集できる量も多くなるわけです。主に銀錠は門客の昇級、食糧は兵士の招集、兵士は敵との戦いで使うもので、どれも必須の資源ですから門客はしっかり昇級させておきましょう。

関所で悪者を退治せよ

関所はメインストーリーとなるコンテンツで、主人公が清に潜む悪者を退治していく様子が描かれます。退治するといっても操作はタップだけなので難しくありません。昔のソシャゲ感覚でどんどん討伐しましょう。影響するのは武力と兵士です。兵士がなくなると敗北してやり直しになってしまいます。とはいえ失うものは兵士だけなのであまり気にする必要はないです。

ですがメインストーリーが進むほどに敵の兵力が増し、一度の戦闘で減る兵士数も万を超えます。そこで気にしておきたいステータスが武力の値です。これが高ければ高いほど戦闘時に減る兵士の数を抑えることができます。政績稼ぎにも重要なので、ある程度兵士と武力が増えたらこちらも進めておきましょう。

序盤の流れ

▲まずはアカウントを作成しよう

起動すると最初にアカウントとパスワードを求められます。Facebook、Google、Twitterでのログインも可能です。新たにアカウントを作成する場合も自動で生成してくれるため手間はかかりません。

▲アバター作成、男女それぞれ10種類

次にキャラメイクです。性別、アバター、名前を決定します。アバターはそれぞれ10種類あるので好みで選びましょう。どれを選んでも変わりはありません。ちなみに主人公が女性であっても女性と結婚します。

▲主人公の父親、この後…

病に伏せている父親から家名を高めてほしいと頼まれます。そして主人公は三年後状元(科挙の最終試験で最も優れた成績を修めた者)の官位付きに就任します。

▲これからお世話になる華安

世話係の華安と話してチュートリアルスタートです。最初に華安を含む5人の門客が仲間になります。それぞれ異なる属性に秀でた者なので、満遍なく昇級させることでバランスが良くなります。

▲経営で資源収集

次に経営について学びます。商業が銀錠、農業は食糧、兵士召募が同等の食糧を消費して兵士の収集です。回数には制限があり、初期状態は3回までしかできませんが官位が上がっていくと最大値は増えます。0回になっても1回分回復するまで数分(能力により異なる)なので、こまめに覗いておくといいでしょう。

▲昇級は大量に銀錠を消費する

昇級には銀錠を消費します。華安の特徴は「均衡」なのでどの属性も平均的に上昇し、レベルが高くなるほど上がる値も増えます。そのかわり消費する銀錠も多くなっていくので、使いすぎに気を付けましょう。

▲資質を伸ばして能力アップ

門客には属性別の資質が複数個設定されていて、属性の資質が多いほど、昇級のときの上がり幅も多いです。資質は巻物、書籍経験、宝典で伸ばすことができます。巻物の入手機会は多いですが確率なので必ず上昇するとは限りません。書籍経験は100%ですが、アイテムや書院でコツコツ経験をためる必要があります。宝典はレアアイテムです。

▲関所での戦闘画面、武力が重要

次に関所へ行くよう勧められます。悪さをする奴らがのさばっているので、戦闘で退治しましょう。戦闘開始を押すと自動で終わるまで戦ってくれます。兵士の数も重要ですが、相手より武力が上回っていないと、相手の兵士と同等以上の兵士を消耗してしまうので、関所へ行くつもりならせめて相手と同等の武力を目指しましょう。

▲不足している資源がもらえる回答を選ぼう

政務処理では画像のような2択を迫られます。どちらを選んだからといって民の評価が悪くなることはないですが、もらえるものが異なります。政績は微々たるものですが、ゲームが進むにつれ上がりにくくなってくるのでコツコツためることも重要です。現状の勢力や資源を見て足りないものを補うような選択をしましょう。

攻略のコツ

勢力を大きく伸ばすには

▲属性はアイテムで増やそう

勢力は門客全ての属性総合値で決まります。属性は昇級することで上がっていきますが、値としては小さめです。しかも銀錠を使い、レベルによっては10万を超える額を要求してくるため、そのうち気軽にできなくなってくるでしょう。ですから昇級に詰まったら属性を上げるアイテムである「属性丸」を使いましょう。属性を上げるアイテムは何種類かに分かれていて、指定して上昇するものやランダム指定のものがあります。なかには値を5,000上昇させるものもあるため、手に入ったら積極的に使ってください。

アイテムなので数に限りはありますが政務処理やイベントなどで入手する機会は多くあります。

華安を侮ってはいけない

▲最初はいまいちな華安ですが…

華安はゲームを始めて最初に門客になってくれるキャラクターであり、プレイヤーの経営を補佐してくれる重要なキャラクターです。華安の属性傾向は「均衡」で昇級すると全ての数値が偏りなく上昇します。資質も少ないし事前情報を知らないで遊んだ人は大抵パッとしない印象を受けるのではないでしょうか。

ですが華安の本番は美人システムが解放されてからです。ストーリーを進めるとそう遠くないうちに結婚することになります。その初めての相手となる「薛霊芸(せつれいうん)」を寵愛すると美人経験値がたまります。これは美人特技を昇級させるために必要で、内容は特定門客の属性を上昇させるものがほとんどです。薛霊芸に対応する門客が華安で、美人特技を解放して昇級すると、もりもり華安の属性値が上昇していきます。

特技の解放には親密度が一定値まで達していないといけませんが、最初の特技解放条件である10程度なら無課金でもイベントでもらえるアイテムを使えばすぐに達します。もちろん他の美人にも対応する門客はいますが、手間を考えると華安は破格のコスパで強くなるキャラクターです。

食糧と兵士のバランス                                   

▲バランスよく属性を上げよう

兵士は関所を進めるために必須の資源で、何百万何千万の数を要求します。いくらあっても困ることはありませんが、兵士は招集するときに同等の「食糧」を消耗します。ですから食糧と兵士に対応する属性の「政治」と「魅力」の値は極力同程度になるよう調整しましょう。大きく差がついてしまうと、兵士が欲しいの食糧が足りなくて招集できないといった事態が発生します。特に属性丸や美人特技は効果のあまりぽんぽん使ってしまいがちなので注意してください。

課金はするべき?しないべき?

▲120円で伊達政宗は安い?

王に俺はなるはシミュレーションでありながら、他人との競争要素が薄く時間をかけられる人なら、上位を目指さない限り十分無課金で遊べるゲームです。課金の元宝も毎日もらえますし、装備ガチャもありません。無課金を貫くのも1つのスタイルですが、もし課金してもいいと考えているならまずは元宝60分(120円)だけ購入してみましょう。

初回チャージ特典で門客の伊達政宗がついてきます。門客はいて困るものではありませんし、120円ならジュース1本我慢するだけです。コストにしては属性値の伸びも良く、長い間役に立ってくれるでしょう。もちろんいなくてゲームに詰まるといったことはないので、課金するかどうかはあなたの自由です。

王に俺はなるのレビュー

他の似たようなゲームにはない斬新なシステムが目を引きます。子どもは何人でも生まれるため、色々と突っ込みたくなるようなことはたくさんありますが、それを含めて楽しめました。ポチポチと推していくだけなので簡単な操作性も良いところです。

ある程度までは延々と続けられるのですが、途中から資源が足りなくなるためテンポが悪くなります。段々と長時間の待ちを要求される点が残念です。

総合評価 4.1

関連するアプリ一覧ページ: スマホゲーム RPG(ロールプレイングゲーム)

カテゴリ

最新アプリランキング

Apple Inc.が運営するApp Storeの11月21日 06:11 のランキング情報を元にランキング記事を構成しています。

ストアに接続中...