【Anitube閉鎖】代わりのAnitube Xは安全?ウイルスは?

【Anitube閉鎖】代わりのAnitube Xは安全?ウイルスは?

ドットアップス編集部
最終更新日 2019/4/23 18:18
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

動画再生・動画編集のヘッダー画像
2019/8/17 05:01

    目次

  1. 「Anitube」とは?
  2. 新サイト「Anitube X」も現在閉鎖中?
  3. 大手だった「Anitube」閉鎖に伴い代理サイトが乱立
  4. 新しい無料動画サイトは特に危険
  5. 無料動画サイトは危険と隣合わせ
  6. 最近は安い動画見放題サービスが増加
  7. 動画見放題サービスのメリット・デメリットは?
  8. 「JustWatch」で複数VODからアニメを一気に検索
  9. 条件別おすすめアニメ見放題サービス
  10. 安全にアニメを楽しもう!

ネット上にはさまざまな動画共有サイトがあるので、複数のサイトを利用している人も多いでしょう。動画サイトは有名なものからマニアックなものまで幅広いですが、無料で見られるサイトはトラブルで突然閉鎖することがあります。

ここでは「Anitube」の閉鎖や、後継サイト「Anitube X」の危険性、また安心してアニメが見られる動画サイトについて紹介します。

「Anitube」とは?

「Anitube」はアニメ動画を専門に扱っている無料の動画共有サイトです。ダウンロードはできませんが、サイト内のストリーミング再生で動画が視聴できます。

アニメ専門なので、アニメ作品のラインナップはとても豊富です。ほかの動画サイトでは見られない古いアニメなども見られるため、一部のアニメファンには重宝するサイトといえるでしょう。画質はそこまで良くありませんが、見たいアニメが見つかることを考えるとメリットが大きい動画サイトです。

海外サーバーに拠点をおくリーチサイト

なぜ「Anitube」にこれほど豊富なアニメ動画がそろっているかというと、著作権者の許可を得ず違法にアップロードされているからです。このような違法アップロードは以前から問題視されていましたが、「Anitube」のように海外サーバーを利用しているサイトは、日本の法律が適用されないため黙認されてきました。

「Anitube」に類似したリーチサイト(海賊版など違法コンテンツへのリンクを集めたサイト)は、ほかにもたくさんあります。

2018年4月に閉鎖

無料でアニメが視聴できるため愛好者も多かった「Anitube」ですが、2018年4月ついに閉鎖しました。これは日本政府が国内プロバイダーに対し、不正海賊版サイトへの遮断(ブロッキング)要請をしたからです。

これにより「Anitube」を含む3つの海賊版サイトが国内からアクセスできなくなりました。このうち2サイトは、すでに他国で行政指導を受けたり捜査当局に摘発されたりしていました。しかし日本国内からは依然としてアクセスできる状態だったのです。

新サイト「Anitube X」も現在閉鎖中?

「Anitube」の閉鎖はアニメファンのあいだで大きな話題となりましたが、すぐに後継の新サイト「Anitube X」が立ち上がりました。こちらも海外にサーバーがある動画共有サイトで、人気作品がたくさんアップロードされているなどラインナップ豊富です。

そのため「Anitube」を利用していたユーザーがこちらに流れましたが、現在では「Anitube X」もアクセスできなくなっています。

漫画村騒動から一気に厳しくなった

「Anitube」派生のサイトは、「Anitube X」のほかにも「Anitube Brasil」などがありますが、現在はこちらもアクセスできない状態です。このような海賊版サイトは今まで黙認されてきましたが、有名な3サイトがブロッキングされてからは取り締まりが厳しくなっています。

政府がブロッキングに乗り出したのは、漫画や雑誌を不正アップロードしていた「漫画村」が発端でした。このサイトを問題視した出版界や作家が著作権保護のために声をあげ、事態は動き出したのです。この騒動では、広告代理店が海賊版サイトに広告を出していたことも問題視されました。

大手だった「Anitube」閉鎖に伴い代理サイトが乱立

大手アニメ動画共有サイトだった「Anitube」の閉鎖後、代わりとなるサイトがたくさん登場しました。「Anitube X」以外にも多くのサイトがありますが、アニメファンの中で人気が高いのは限られたサイトです。これらのサイトも無料で視聴できますが、海外にサーバーがある海賊版サイトにかわりありません。

「Watch Animes」が人気だが危険?

「Anitube X」にアクセスできなくなってから登場したのが「Watch Animes」です。このサイトは現在でも規制されていないため視聴できます。最新作品が多めですが、古いアニメもあるので全体的に充実しているといえるでしょう。

サイトの言語は基本的に英語です。ただし動画音声は日本語のため、英語が苦手な人でも問題なく見られます。「Watch Animes」はもともと「Anitube.xyz」というサイトだったという情報もあり、どうやら「Anitube」と繋がりが高いサイトのようです。

メモリをすべて使う

「Watch Animes」はすでに利用者が多い人気サイトになっています。しかし、視聴する際にトラブルが発生する恐れがあるので注意しましょう。動画再生にはそれなりにメモリが必要ですが、このサイトではメモリすべてが占有されたという報告があります。

メモリはPCが一度に処理できる容量のことで、メモリが少ないと同じ作業でも余分に時間がかかりスムーズなPC作業ができなくなります。通常の動画視聴ではそこまでメモリ不足にならないので、動画側に問題があると考えられます。

CPUが100%になる

メモリ以外にも、CPU使用率が100%になったというトラブルも発生しています。CPU使用率は、プログラムがどのくらいCPUを使用しているかを示すものです。

「Watch Animes」の動画に100%使用してしまうと他の作業ができなくなってしまいます。PCの動きが重くなり、動作もカクカクします。通常の動画ではこのようなトラブルはほとんど起こりません。CPU100%が続く場合は、ウイルス感染も考えられるので注意しましょう。

新しい無料動画サイトは特に危険

「Anitube」の代理サイトとしてすでに多くの人から利用されている「Watch Animes」ですが、メモリやCPUの占有などさまざまなトラブルが起こっています。

長年利用されているサイトはそれなりにトラブルが少ないことを示していますが、新しくできた無料動画サイトは危険度が高いので注意が必要です。

「Anitube」や「Anitube X」でもウイルスの報告があった

すでに閉鎖された「Anitube」やアクセス不可状態の「Anitube X」ですが、実はこれらのサイトでも過去にウイルスが報告されています。長年ユーザーに利用されてきたサイトなので、利用者全体からすればトラブルは少なめかもしれません。しかし、まったく危険がないわけではないのです。

このような海賊版サイトでの動画視聴は今のところまだ合法ですが、ウイルスの危険は常に付きまとっていることを覚えておきましょう。

無料動画サイトで起きたトラブル例

実際に起こったトラブルの例としては、以下のようなものがあります。これはアニメを視聴している間にウイルスに感染したというトラブルです。

  • ハードディスクが動き続けて動作が遅くなる
  • ウィルス駆除ソフトが起動しなくなる
  • クイック検査では見つからない木馬型ウィルスに感染した
  • おかしなプログラムを勝手にダウンロードされた
  • PCが異常な動きをするようになった

それ以外にも、個人情報を盗まれるフィッシング詐欺にあったという報告もあります。フィッシング詐欺では、各種サービスのログイン情報やネットショッピングで利用しているクレジットカード情報が盗まれてしまうので注意しましょう。

無料動画サイトは危険と隣合わせ

好きなアニメが見られる無料動画サイトはとても便利ですが、その分なにかあった場合の被害は大きくなります。このようなサイトの利用は自己責任になるので、いざトラブルに遭遇しても、サイトに助けを求めたりサポートを受けたりできません。デメリットも大きいことを忘れないようにしましょう。

無料動画サイトのメリットとは?

さまざまな危険と隣り合わせの無料動画サイトですが、それでも利用者が後を絶たないのはそれだけ便利だからでしょう。ネットには動画視聴できるサービスがたくさんあります。もちろんアニメ専用の動画配信サービスも存在しています。それでも無料動画サイトを利用することには、どんなメリットがあるのでしょうか。

無料で視聴できる

「Anitube」のようなサイトを利用する最大のメリットは、なんといってもお金をかけずに動画が視聴できることです。テレビや一部の動画配信サービスでも無料視聴は可能ですが、時間が決められていたり話数限定だったりと、なかなか自由には見られません。

無料動画サイトの場合は、動画が削除されない限り見逃した回をいつでも見られます。また、数話分一気に視聴できるのも便利な点でしょう。コストをかけずに自分のペースでアニメ視聴できるのが無料動画サイトの利点といえます。

無料動画サイトのデメリットとは?

課金したり手続きしたりせず自由に見られる無料動画サイトですが、もちろんデメリットもあります。大きなトラブルにあった場合は、むしろデメリットの方が大きくなってしまうでしょう。無料動画サイトを利用するデメリットとしては、以下の4つが挙げられます。サイト利用に不安を感じている場合は参考にしてみてください。

ウイルス感染の危険性あり

1番のデメリットは、ウイルスに感染する危険性が高いことです。PCがウイルスに感染すると、動作がおかしくなるだけではなく、大切なファイルやPCそのものが壊れたり、重要な個人情報が盗まれたりします。少しでも動作がおかしいと感じたら、ウイルスチェックソフトで検査しておきましょう。

その際、無事に駆除できたからといって安心はできません。同じ無料動画サイトで数回ウイルスに感染した例もあるので、セキュリティレベルを上げたり利用そのものを控えたりするなど対策したほうが良いでしょう。ウイルスに感染してしまったら、好きな作品を視聴しても心から楽しめなくなってしまいます。

見たい番組が配信されていない

無料動画サイトで見られる作品はあくまで第三者によってアップロードされたものです。どんなに作品数が豊富でも、自分が見たい番組が配信されているとは限らないので注意しましょう。

このようなサイトは最新作が多く、過去のアニメが少ない傾向にあります。タイトルを見つけても、動画そのものは削除されているパターンも多いです。また、数話分は問題なく見られても途中から動画が見つからなかったり、飛び飛びにしかアップロードされていないこともあります。

せっかくの楽しい気分が台無しになるだけではなく、逆にストレスがたまってしまうでしょう。

サイトがいつ閉鎖するかわからない

海外の無料動画サイトはいつ閉鎖するかわかりません。毎日利用していても、ある日突然消えてなくなることも考えられます。特に海賊版サイトは、今後取り締まりが厳しくなる可能性があるので気を付けたほうが良いでしょう。

実際「Anitube」も突然アクセスできなくなりました。長く利用するなら、なるべく閉鎖の心配がないサイトを利用するのがおすすめです。仮に閉鎖するとしても、企業の運営サイトなら事前に通知されるため、慌てる心配もないでしょう。

海外サーバーにアップロードされていて重い

動画はなるべく快適に視聴したいですが、無料動画サイトの場合は重いことが多いです。これは使用しているサーバーが関係しています。無料動画サイトは海外の安いサーバーを借りているため、混雑時はアクセスが集中し動作が重くなります。

時間をズラせばある程度は改善できますが、視聴するタイミングが限られてしまうでしょう。有料動画配信サイトはこのような部分が考慮され、ユーザーの環境に合わせていくつかの画質が選べます。無料動画サイトは快適に視聴できないパターンが多いので注意しましょう。

百害あって一利なし

さまざまなメリットがある無料動画サイトですが、トラブルの可能性を考えるとデメリットのほうが大きいといえます。

手続き不要でいつでも無料視聴できるのは大きな魅力です。しかしこれらの動画は、あくまで違法アップロードされたものなのです。海賊版サイトを利用すること自体がグレーゾーンなので、なるべくほかの安全なサイトで動画視聴することをおすすめします。

また無料動画サイトでの視聴は、有料配信サービスと違ってウイルスに感染する可能性が高いです。動画視聴を楽しみたいのにウイルスに感染してしまっては元も子もありません。安心して動画視聴できるのが1番でしょう。

最近は安い動画見放題サービスが増加

現在では無料動画サイト以外にもさまざまな動画配信サービスがあります。有料のためコストがかかりますが、定額で見放題となるため基本的にはお得でしょう。値段や配信本数はサービスによって異なります。最近は安価で見られるサイトも増えているため、アニメファンの利用者も多くなっています。

432円で2700作品以上のアニメが見放題

特に安価でお得なのは、月額432円で2700本以上のアニメが見放題になるサービスです。ワンコイン以内とリーズナブルな上に、配信作品も新作から旧作まで幅広くそろっています。

リアルタイムで放送されているアニメの見逃し配信もあるので、仕事でテレビが見られない人でも安心です。また久しぶりに見たいと思うような懐かしい作品にもアクセスしやすくなっています。無料動画サイトのように突然削除されることもないのでゆっくり視聴できるでしょう。

動画見放題サービスのメリット・デメリットは?

現在は有料の動画配信サイトを利用している人が増えています。スマホのオプションとして手軽に利用できるパターンも多いため、昔に比べて有料サービスがだいぶ身近になってきたといえるでしょう。

動画配信サイトには1作品ずつ支払いするものと定額の見放題サービスがありますが、やはり見放題サービスのほうがお得です。ここでは動画見放題サービスのメリットやデメリットについて紹介します。

動画見放題サービスのメリット

動画見放題サービスの1番のメリットは、なんといっても気兼ねなくたくさんの動画が見られることでしょう。作品ごとに課金が必要な動画サイトでは、1作品につき300~500円ほどかかります。新作ほど料金が高いので、複数の新作を視聴すると一気にコストが高くなってしまいます。

その点、見放題だと料金を気にせず楽しめるでしょう。それ以外にも、下記のような5つのメリットが挙げられます。

動画が高画質

有料の動画見放題サービスでは、高画質で動画が楽しめます。サイトによって対応している画質はさまざまですが、主要サイトのほとんどは基本的に高画質対応です。なかには4Kに対応しているサイトもあるので、画質にこだわる人にとっては嬉しいメリットといえるでしょう。

また、高画質なためストレスなく視聴できるのもポイントです。画質はユーザー側で選べることもあるので、状況に合わせて切り替えると良いでしょう。

サーバーのスピードが早い

動画視聴時にもっともストレスになるのが動きの遅さです。無料動画サイトの場合は、アクセスが集中したり動画自体が重かったりするため、動画がカクカクしてうまく再生できないことがあります。

有料の動画見放題サービスの場合はサーバーのスピードが速く、基本的にはこのようなトラブルはありません。再生がスムーズなので、余計な時間もとられず快適に動画が楽しめます。連続視聴する場合もストレスなく見られるので重宝するでしょう。

ダウンロードでオフライン再生できる

動画見放題サービスのほとんどはダウンロードにも対応しています。動画をあらかじめダウンロードしておけば、オフライン環境でも快適に再生できます。通勤通学などの移動中に視聴したい場合は、スマホやタブレット端末に保存しておくと良いでしょう。

お気に入りの動画は1度ダウンロードしておくと便利です。特に好きなアニメがシリーズになっている場合は、シリーズ分を一気にダウンロードしておくことで好きなシーンをいつでも確認できます。

アニメ以外にもドラマや映画などコンテンツが豊富

「Anitube」のような無料動画サイトもラインナップは豊富ですが、動画見放題サービスでは常にそれ以上の作品が配信されています。無料サイトに比べると比較的古い作品も楽しめるのが嬉しいポイントでしょう。

動画見放題サービスのなかにはアニメ専門チャンネルもありますが、ドラマや映画などバラエティ豊かに取り揃えているサイトも多いです。アニメ以外にも見たい作品がある人なら、さらに多くの作品が楽します。

閉鎖やウイルスの心配もない

有料動画サイトは大手の会社が運営していることがほとんどです。そのため、突然閉鎖したりウイルス感染したりする心配がありません。何かトラブルがあった場合はサイトに問い合わせできるので安心でしょう。

動画配信が終了する場合は、あらかじめ終了時期が確認できます。楽しみにしていたアニメの続きが急に見られなくなったという事態には陥らないので安心です。

動画見放題サービスのデメリット

無料動画サイトに比べて、有料の動画見放題サービスにはさまざまなメリットがあります。配信作品はすべて合法なので気兼ねなく視聴できます。安全面の保障を考えると、なるべく動画見放題サービスを利用したほうが良いでしょう。動画見放題サービスのデメリットは、基本的には以下の1つだけです。

お金がかかる

唯一のデメリットはお金がかかる点です。海賊版サイトは無料で視聴できるうえ、会員登録や支払方法の手続きなど面倒な手順がありません。気軽に使えるのがメリットですが、その反面大きなリスクを背負うことになります。

動画見放題サービスはどうしても手続きの手間や毎月のコストがかかるため、利用をためらう人もいるかもしれません。しかしその分、大きなメリットが得られます。長期的に考えると、課金して動画視聴したほうがお得といえるでしょう。動画見放題サービスには無料期間も設けられているので、まずは試しに利用してみることをおすすめします。

「JustWatch」で複数VODからアニメを一気に検索

有料の動画配信サービスのメリットがわかったところで、次に気になるのは「どのサイトにどのような作品があるか」でしょう。しかし、1つ1つのサイトを逐一チェックするのは時間がかかります。

そのようなときにおすすめなのが「JustWatch」です。このサイトを利用すると、複数の動画配信サービスの配信プログラムを一気に検索できます。

特定のアニメを見たいときは横断検索しよう

「JustWatch」は、「Netflix」「Hulu」「dTV」「U-NEXT」「GYAO!」「Amazonプライム・ビデオ」など、国内でよく利用されている動画サイトに対応しています。特定のアニメを見たい場合は、まず画面右上の検索窓にタイトルを入力して検索してみましょう。

検索結果画面では、どの動画配信サイトで見られるかがアイコンで表示されます。定額見放題サービスの範囲内で見られるのか、1作品ずつの有料レンタルで見られるのかも確認できます。レンタルの場合は値段が一目でわかるため便利でしょう。

作品によってはシーズンが複数ある場合があります。そのようなときは動画配信中のシーズンが表示されるので、自分が見たいシーズンを選びましょう。

該当シーズンを選んだあとは、1話ごとに配信サイトを確認できます。1話だけ見逃してしまった場合などに便利でしょう。

条件別おすすめアニメ見放題サービス

有料の動画配信サービスはたくさんあります。いざ利用しようと思っても、どのサイトを利用すればいいか迷ってしまうかもしれません。ここでは条件別におすすめのアニメ見放題サービスを紹介します。特徴を知れば、どれが1番自分に合っているかわかるでしょう。これから動画配信サービスの利用を考えている場合は、参考にしてみてください。

サービス名 値段 画質 無料期間 アニメ本数
dアニメストア 月額432円(税込) SD、HD 31日間 2700以上
U-NEXT 月額1990円(税抜) フルHD、4K 31日間 約2000
Hulu 月額933円(税抜) SD、フルHD 2週間 700以上
Amazonプライム・ビデオ 月額500円 or 年額4900円(税込) SD、HD、フルHD、4K 30日間 約1200

「dアニメストア」たくさんアニメを見たい!

「dアニメストア」は月額432円で2700作品以上のアニメが見放題となる動画配信サービスです。リーズナブルな上にラインナップも豊富なので、多くのアニメファンに利用されています。テレビ放送中の最新アニメから古い作品まで幅広く見られます。

有名な動画配信サイトのほとんどはドラマや映画もセットですが「dアニメストア」はアニメのみです。とにかくアニメが見たいという場合は「dアニメストア」が良いでしょう。

また他の動画サイトに比べて料金が安いので、コストを抑えながらたくさんのアニメを楽しみたい人におすすめです。

「U-NEXT」高くても作品豊富なほうがいい!

アニメ以外にもドラマや映画を一緒に楽しみたい場合は「U-NEXT」も検討すると良いでしょう。「U-NEXT」では90000本以上の作品を配信しており、そのうちアニメは2000作品(レンタル220作品)です。映像以外にも雑誌70冊以上が読み放題なので、雑誌もチェックしたい人にちょうど良いでしょう。

月額1990円(税抜)と他社サービスに比べると割高ですが、料金内に1200円分のポイントが含まれています。1ポイント=1円として利用可能なため、見放題に含まれない新作映画や漫画、ラノベの購入に利用できます。高くても幅広く充実した作品を楽しみたい場合は「U-NEXT」が良いかもしれません。

「Hulu」特定(バンダイチャンネル)のアニメが見たい!

特定のアニメが見たい場合は「Hulu」もおすすめです。海外ドラマに強いイメージの「Hulu」ですが、2014年9月に有名アニメ動画配信サイト「バンダイチャンネル」とパートナーシップを締結してからは700以上のアニメ作品が楽しめるようになりました。

バンダイはアニメ制作会社サンライズを傘下にもつため、ガンダムなどのサンライズ作品に強いです。ほかのサイトでは見られない作品も多いので、好きなアニメがバンダイ系列の場合は「Hulu」を試してみると良いでしょう。

ドラマや映画などアニメ以外の映像も充実しており、その総数は約50000本にのぼります。月額933円(税抜)でHD画質の映像が楽しめるのも嬉しいポイントです。

「Amazonプライム・ビデオ」安くいろいろ見たい!

Amazonのユーザーなら「Amazonプライム・ビデオ」も良いでしょう。料金は月額500円、年額4900円の2種類から選べ、年会費を選べば月に408円という最安値になります。アニメの見放題作品は約1200本で、最新アニメから旧作まで幅広くそろっています。

アニメ専門の動画サイトに比べると本数は少ないですが、映画やドラマ、独自映像コンテンツなども充実しているので、いろいろ楽しみたい人におすすめです。

また料金内でAmazonミュージックやPrime Readingにも対応しているため、会員対象の音楽や電子書籍も読み放題となります。普段からAmazonを利用している人には重宝するでしょう。

安全にアニメを楽しもう!

「Anitube」をはじめとする無料動画サイトは、便利な反面さまざまな危険がひそんでいます。著作権の関係から、今後は一層取り締まりが厳しくなっていくかもしれません。

最近は低コストで多彩なアニメを楽しめる動画配信サービスが増えています。安全にアニメを楽しむためにも、有料の動画見放題を利用してみると良いでしょう。

記事画像:著者撮影

こちらの記事もおすすめ!

動画再生・動画編集のヘッダー画像
2019/8/17 05:01
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

最新アプリランキング

ストアに接続中...