Twitterのツイートの削除方法と一括・選択消去のおすすめツール5選

Twitterのツイートの削除方法と一括・選択消去のおすすめツール5選

ドットアップス編集部
最終更新日 2019/5/20 14:19
関連するアプリ一覧ページ: SNS・コミュニティ SNS 話題のSNS Twitter
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおすすめ!

SNS・コミュニティのヘッダー画像
2019/8/20 05:00

    目次

  1. ツイートを削除するとどうなる?
  2. 具体的な方法とは?
  3. ツイートの一括削除や選択削除におすすめのツール5選
  4. 削除する際の注意点
  5. 不要なツイートを削除して見栄えを良くしよう!

短文を気軽に投稿できるTwitterは、日本でもすっかりおなじみのサービスですが、気軽さゆえに油断しているとツイートがどんどんたまってしまい、見栄えが悪くなってしまいます。

実はツイートは簡単に削除できます。さらにTwitterとの連携が可能なツールを使えば、効率的にツイートを削除することができます。

今回は、Twitterのツイートの削除方法や一括・選択削除に使えるおすすめツールの使い方を解説します。

ツイートを削除するとどうなる?

Twitterのツイートを削除するとタイムラインから消えてしまうため、自分はもちろん、自分をフォローしているユーザーもツイートを見ることができなくなります。検索結果からも消え、ユーザー名や単語、ハッシュタグでツイートを検索しても表示されません。

消したツイートがリツイート(RT)や「いいね」の対象だった場合でも、やはり見ることはできません。後ほど詳しく解説するように外部サイトに消したツイートが残っている可能性はありますが、Twitter内では一切見ることができなくなります。

具体的な方法とは?

ツイートの削除は専用ツールを使わなくても簡単にできます。スマートフォンやパソコンのブラウザ、PCのTwitterクライアント、スマホアプリなど、Twitterの閲覧や投稿が可能な環境があれば、ツイートの削除ができます。

ツイートに誤字・脱字があったり間違った内容のツイートをしたりしたときのために、基本的なツイートの削除方法だけでも覚えておきましょう。

1.スマホで削除する場合

まずはスマホでツイートを削除する方法を解説します。多くの人が使っているTwitterの公式アプリでツイートを削除してみましょう。ほかのアプリやブラウザでも基本的な手順は変わりません。

アプリを起動すると、タイムラインか自分のプロフィール画面にツイートが表示されます。タイムラインを表示したい場合は、画面左下のアイコンをタップしてください。プロフィール画面を表示したい場合は、画面左上の自分のアイコンをタップして「プロフィール」を選択してください。

自分のツイートが表示されたら、消したいツイートの右上にあるアイコンをタップして「ツイートを削除」を選択します。確認のポップアップが表示されるので、「削除」をタップするとツイートの削除が完了します。

2.PCで削除する場合

続いてPCでツイートを削除する方法を解説します。パソコンのブラウザでTwitterのサイトにアクセスしてツイートを消してみましょう。この記事ではGoogleChromeを使用していますが、Internet ExplorerやFirefox、Safariなどのブラウザでも削除方法は変わりません。

まずはブラウザでTwitterのサイトにアクセスしてログインします。タイムラインかプロフィールページに自分のツイートが表示されます。画面左上の「ホーム」をクリックするとタイムラインが表示されます。

画面右上の自分のアイコンをクリックして「プロフィール」を選択するとプロフィールページが表示されます。

ツイートが表示されたら、消したいツイートの右上にあるアイコンをクリックして「ツイートを削除」を選択します。確認のポップアップが表示されるので、「削除」をクリックするとツイートの削除が完了します。

ツイートの一括削除や選択削除におすすめのツール5選

削除するツイートが少なければ、先に解説した方法で簡単に削除できます。しかし、前述の方法だとツイートを1つずつしか削除できません。複数のツイートを削除したい場合、1つ1つのツイートに対して同じ操作を繰り返さなければならないので、非常に面倒です。

このような悩みは、ツイートの削除に特化したTwitter連携ツールを使うことで解決できます。連携ツールを使えばツイートの一括削除や選択削除ができます。ツールによってはツイートの削除以外にもさまざまな機能が付いているものもあります。

以下でツイートの削除に使えるおすすめのツールを5つ厳選して紹介します。

1.ツイートの削除やお気に入りの解除が手軽にできる「ついイレ」

「ついイレ」は、iPhone、Andoroid用のTwitter連携アプリです。ツイートの削除や「いいね」したお気に入りツイートの解除がスマホで手軽にできます。ツイートの削除とお気に入りの解除以外に目立った機能はありませんが、その分簡単に使えるので、誰にでもおすすめできるアプリです。

アプリを起動するとホーム画面が表示されるので、画面右上のアイコンをタップして設定画面を表示します。

設定画面の上側に表示されている「ログイン」をタップします。

ポップアップが表示されるので、「開く」をタップします。

Twitterが開いたら、「ついイレ」と連携します。上の画像はTwitterの公式アプリで開いた場合の画面です。画面右下の「連携」をタップします。

連携が完了するとホーム画面に自分のツイートやリツイートが表示されるので、消したいツイートを選びます。消したいツイートをタップすると、色が緑に変化します。

ツイートの選択が終わったら、画面右下の消しゴムアイコンをタップします。

ポップアップ画面の「削除する」をタップすると、ツイートが削除されます。

全く同じ手順でお気に入りツイートの解除もできます。ホーム画面の「お気に入り」をタップすると、お気入りツイートが表示されます。後はツイートの削除と同じ手順です。

ついイレ App Store ページ

2.大量のツイートを短時間で一括削除可能な「黒歴史クリーナー」

「黒歴史クリーナー」は、大量のツイートを一気に削除したい人におすすめのTwitter連携ツールです。3200件ものツイートを約10分で一括削除できます。ブラウザでサイトを開くことで機能するツールですが、一度削除を実行すれば、ブラウザを閉じても作業を継続してくれます。特定の日付のツイートの削除など、オプション機能も充実しています。

「黒歴史クリーナー」は公式サイトにアクセスするだけで使えます。この記事ではPCからサイトにアクセスして削除してみましょう。サイトにアクセスしたら「Twitterでログイン」をクリックします。

Twitterにログインすると、認証画面が表示されます。「連携アプリを認証」をクリックすると、ツールが使用できるようになります。

連携できたらホーム画面の「削除設定ページ」をクリックします。

削除画面が表示されるので、「タイムライン」をクリックします。

画面下にある「削除を開始する」をクリックすると、新着3200件のツイートの削除が始まります。ブラウザを閉じても作業は継続されており、約10分で削除が完了します。

リプライが付いているツイートやふぁぼられているツイート(「いいね」されているツイート)を削除せずに保護することもできます。「リプライを保護」「ふぁぼられを保護」をONにするだけです。

特定の日付のツイートのみを削除することもできます。「日付を指定」の「from」「to」をクリックするとカレンダーが表示されるので、日付を入力して削除します。

「全ツイート履歴」をクリックすると、全てのツイートを削除できます。ただし、ツイート履歴をTwitterのサイトからダウンロードして「黒歴史クリーナー」にアップロードする必要があります。全ツイート履歴のダウンロード方法は後ほど解説します。

黒歴史クリーナー 公式サイト

3.消したいツイートを個別で選んで削除する「twitools」

「twitools」は、「一括削除したいけどこのツイートは残したい」というときに消したいツイートを個別に選択できるTwitter連携ツールです。ツイートの削除だけでなく、2人のユーザーのフォロー関係を確認する機能やリツイートされたツイートの確認をする機能もあります。

まずは「twitools」のサイトにアクセスします。画面右上の「login」をクリックします。

Twitterが開いたら、ログインして「twitools」を認証します。

認証が完了すると再び「twitools」のサイトが開くので、「ツイート選択削除」をクリックします。

自分のツイートやリツイートが表示されます。ツイートの左上にチェックボックスがあるので、削除したいツイートにチェックを付けます。

画面下にある「削除!」をクリックすると、ツイートが削除されます。

ツイートの数が多いと一度に画面に表示されない場合があります。画面上か下にある「次のページ」「前のページ」をクリックして新たなツイートを表示しましょう。

twitools 公式サイト

4.古いツイートを自動で削除する「TweetDelete」

「TweetDelete」は、ツイートを自動的に削除してくれるツールです。ツイートを保存する期間をあらかじめ指定しておくと、その期間を過ぎたツイートが自動で削除されます。サイトは全て英語であり日本語バージョンはありませんが、英語を理解できなくとも簡単に使えます。

まずは「TweetDelete」のサイトにアクセスします。「I have read and agree to the TweetDelete terms(規約を読んで同意)」にチェックを付けて「Sign in with Twitter」をクリックします。

Twitterの画面が表示されるので、ログインして「TweetDelete」を認証します。

画面に期間の入力画面が表示されます。デフォルトでは「three months(3カ月)」です。ほかに「1週間」「2週間」「1カ月」「2カ月」「3カ月」「半年」「1年」から選べます。

日付の下にある「DELETE ALL MY TWEETS before activating this schedule」にチェックを付けると、全てのツイートが削除されてしまうので、注意してください。

「Post to my feed to let my friends know I activated TweetDelete」にチェックを付けると、フォロワーにTweetDeleteを使用したことをツイートします。「Follow@Tweet_Delete for future updates」にチェックを付けると、「TweetDelete」のTwitterアカウントをフォローします。必要であればチェックを付けましょう。

「TweetDelete」をクリックすると、指定期間外のツイートが削除されます。

TweetDelete 公式サイト

5.一括削除も選択削除もできる「TweetEraser」

「TweetEraser」は、ツイートの一括削除や選択削除ができるTwitter連携ツールです。無料版と有料版の2種類がありますが、ツイートを削除するだけであれば、無料版でも3200ツイートまでなら一度に削除できます。

有料版だと取り込めるツイート数が無限になり、さらに削除したツイートを保存しておいて復元する機能やお気入りを解除する機能もあります。

この記事では無料版の使い方を解説します。まずサイトにアクセスしてプランを選びます。「Free Eraser」が無料版です。「Just sign with Twitter」をクリックします。

Twitterの認証ページが開きます。ユーザー名とパスワードを要求されるので、入力して認証します。

「TweetEraser」が開くので、画面横にある「Tweets」をクリックします。

ポップアップ画面が表示されます。メールアドレスを入力するとニュースレターが届くようになりますが、無理に入力する必要はないので、「Cansel」をクリックします。

自分のツイートが読み込まれて表示されます。ツイートの内容だけでなく、リツイートや「いいね」の数、添付画像の有無なども表示されます。

削除したツイートの左横にあるチェックボックスにチェックを付けます。表示されているツイートを全て削除したい場合は、画面上にあるチェックボックスにチェックを付けると、全ツイートにチェックが付きます。「Delete Tweets」をクリックしてツイートを削除します。

TweetEraser 公式サイト

削除する際の注意点

先に解説したアプリやツールを使えば簡単にツイートが削除できますが、ツイートを削除する際にいくつか気を付けておきたいことがあります。ツイートの復元が難しいことや削除したツイートが表示される可能性があること、Twitterとツールの連携についての注意点などです。

以下でツイートを削除する際の注意点について解説します。

1.一度削除すると戻すことはできない

最初に解説した通り、ツイートを削除するとタイムラインや検索結果からも削除されてしまうので、基本的に元に戻すことはできません。削除したツイートが多数リツイートされていたり「いいね」されたりしていても、一度削除されてしまうと元に戻すことはできません。

ツイートを削除する際は、本当にツイートを削除しても問題ないのかをよく考えてから削除する必要があります。

念の為削除前にバックアップを取るのがおすすめ

削除前にバックアップを取ることで削除したツイートを復元することができます。ツイートのバックアップは、Twitterの設定画面から行います。Twitterにログインしたら、画面右上のアイコンをクリックして設定画面を表示します。

設定画面左側の「ユーザー情報」をクリックします。

画面下にある「全ツイート履歴をリクエストする」をクリックします。履歴のダウンロード準備が整ったら、登録されているメールアドレスにダウンロードリンクが送信されます。ツイート数が多いとリンクの作成に時間がかかることがあります。メールが届いたらリンクをクリックします。

zipファイル形式で履歴がダウンロードできます。

2.削除してもキャッシュが表示される場合がある

Twitterからツイートを削除した場合でも、ほかのウェブサイトや検索エンジンでキャッシュが表示される可能性があります。Googleなどの検索エンジンにキャッシュが残ってしまうと、検索結果に表示されることがあります。

Twitterと連携しているほかサイトにツイートが残る場合もあります。ツイートを記録する「twilog」や「いいね」したツイートを記録する「favolog」などに削除したツイートが残っている場合は、「twilog」や「favlog」からツイートを削除しましょう。

3.引用RTされた場合はコメントが残ってしまう

引用RTされたツイートを削除した場合、自分のツイートは削除されますが、相手のコメントは残ってしまいます。引用RTとは、リツイートする際に自分のコメントを付けてリツイートすることです。

引用RTされたツイートを削除すると、自分のツイートは消えてしまって確認できなくなりますが、相手のコメントはそのまま残ります。自分がツイートをした痕跡が残ってしまうので、相手のコメントの内容次第ではツイート内容を推測される可能性があります。

4.自分のツイートを別アカウントがコピーして投稿した場合は削除されない

自分のツイートを別アカウントがコピーして投稿した場合(いわゆるパクツイ)、自分のツイートは削除されますが、相手のツイートは削除されません。パクツイは相手が人のツイートを自分のツイートであるかのように見せかけてツイートしているので、相手がツイートを削除しない限りどうすることもできません。

パクツイはツイートの内容次第では著作権違反になるので、相手にパクツイであることを指摘して削除してもらった方がよいでしょう。

5.ツールで一括削除した場合はアプリ連携を解除する

今回紹介したアプリやツールは、全てTwitterとの連携が必須ですが、ツールを連携したままにしておくことはおすすめしません。アプリやツールの連携をそのままにしておくと、アプリが勝手に投稿を行ったり個人情報を利用されたりする(いわゆるスパム連携)可能性があります。

一度連携したアプリの解除は、Twitterの設定画面で簡単にできます。先に解説した方法で設定画面を表示して「アプリと端末」をクリックします。

連携しているアプリの一覧が表示されるので、アプリの横にある「許可を取り消す」をクリックすると、連携が解除されます。アプリを使うたびにTwitterと連携するのは一見面倒そうですが、どのアプリも連携にそれほど時間はかかりません。セキュリティを重視するのであれば、きちんと連携を解除しておきましょう。

不要なツイートを削除して見栄えを良くしよう!

過去にツイートした内容を一括で削除したい人も少なくないでしょう。今回紹介したアプリを使えば、たまったツイートを効率的に削除できます。不要なツイートを削除して自分のタイムラインの見栄えを良くしましょう。

記事画像:著者撮影

関連するアプリ一覧ページ: SNS・コミュニティ SNS 話題のSNS Twitter

こちらの記事もおすすめ!

SNS・コミュニティのヘッダー画像
2019/8/20 05:00
  • この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ

ストアに接続中...