編集部のおすすめポイント

  • 病気や事故などで前頭葉の機能障害の方は、実行機能の計測法に有効

  • カード分類機能で指示に合わせてカードを4つに分類

  • 障害の大きさを知りたい時は、全てのカードの分類にかかった時間と間違えた回数で結果がわかる

Winsconsin Card Sorting Test J Freeのスクリーンショット

App Storeより引用
  • Winsconsin Card Sorting Test J Free | スクリーンショット

Winsconsin Card Sorting Test J Freeとは?

JFreeは、WCSTで行う学習の変化での柔軟性や抽象的思考の評価に使われる課題の一つ

JFreeは、WCSTで行う学習の変化での柔軟性や抽象的思考の評価に使われる課題の一つです。高次脳機能障害や脳卒中、ADHDなど、前頭葉の機能障害の方の実行機能の計測法に有効です。試験方法は、カードの3つの属性の色や記号、数を用います。カード分類機能で指示に合わせてカードを4つに分類していきます。64枚分類します。カード1枚に付き1画面のペースで進んでいきます。画面には何問目なのか表示されており、途中で中止もできます。全てのカードの分類にかかった時間と間違えた回数で結果がでます。障害が大きいと数値が大きくなります。精密検査の有無の参考にもできるテストで、簡単に課題に取り組めます。

Winsconsin Card Sorting Test J Freeの特徴・編集部レビュー

前頭葉の機能障害の方の実行機能の計測法に使われる

JFreeは、WCSTで行う学習の変化での柔軟性や抽象的思考の評価に使われている課題です。高次脳機能障害や脳卒中、ADHDなど、前頭葉の機能障害の方の実行機能の計測法として有効です。

カードの3つの属性の色や記号、数で試験する

試験方法は、カードの3つの属性の色や記号、数を用いて、全てのカードの分類にかかった時間と間違えた回数で結果がでます。障害が大きいと数値が大きくなるので、精密検査の有無の参考にもできるテストです。簡単に課題に取り組めます。

カード分類機能は64枚答えていく

カード分類機能で指示に合わせてカードを4つに分類し、全部で64枚分類します。カード1枚に付き1画面のペースで進んでいき、画面には何問目なのか表示されており、途中で中止もできます。

Winsconsin Card Sorting Test J Free のアプリレビューを投稿する

レビューを閲覧するには会員登録が必要です。

ドットアップス では、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

「Winsconsin Card Sorting Test J Free」スペック・仕様

開発者
Takuya Kawakami
リリース
2016年3月31日
サイズ
3.1 MB
価格
無料
カテゴリ
勉強・教育
ダウンロード

Winsconsin Card Sorting Test J Freeの順位推移表

順位推移表が見つかりません

勉強・教育のアプリが気になる方はこちらをチェック

勉強・教育のアプリ一覧

ストアに接続中...

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。