編集部のおすすめポイント

  • 子供にピアノの鍵盤で遊ばせたいときに便利

  • 自動演奏機能は、加速度センサーでスマホを置いた場所が楽器になる

  • 子供は自由に音を鳴らせ、叩いた鍵盤の音が鳴る

どこでも楽器のスクリーンショット

App Storeより引用
  • どこでも楽器 | スクリーンショット

どこでも楽器とは?

どこでも楽器は、子供向けの鍵盤でピアノとギター、ドラムの音が鳴る

どこでも楽器は、子供向けの鍵盤でピアノとギター、ドラムの音が鳴ります。子供にピアノの鍵盤で遊ばせたいときに便利です。鍵盤は、ボタンをタップして鳴らしたい音を選択します。楽器はピアノとギターとドラムの3種類で鍵盤で演奏します。keyを選択すると、子供は自由に音を鳴らせます。叩いた鍵盤の音が鳴るので、音の違いを理解するのに役立ちます。自動演奏機能があります。playを選択します。加速度センサーが使われており、スマホを置いた場所が楽器になります。テーブルに置いた場合、テーブルを叩いた時に反応し録音した音が鳴ります。子供は夢中になり、音楽に興味を示すようになります。

どこでも楽器の特徴・編集部レビュー

幼児でも自ら遊べる!3種の音色と録音機能で知育や親子クイズなど幅広く活用可能!

子供は自然と音楽に反応を示すようになりますが、演奏は楽器を購入したりレッスンに通わせたりと比較的大きなコストが発生します。「どこでも楽器」はアプリ内のピアノ鍵盤のみで気軽に演奏できますので、遊びの程度で良い、という家庭にもおすすめです。鍵盤は幼児でも覚えられるドからドまでとなっており、音色はピアノ、ギター、ドラムの3種から選択できます。音色を変えることが指だけでなく脳への刺激にも期待できますので、知育玩具のひとつとして活用してみるのも良いでしょう。また、録音機能の活用例として挙げられるのが、親子や2人で遊ぶ音あてクイズです。1演奏保存のみですが同じ音色を繰り返し聞けますので、出題側も忘れてしまった、なんてミスも防げます。このほか、加速度センサーも備えているため、例えば端末を家具に設置し、近くを叩いて録音内容を流すことも可能です。

子供にピアノの鍵盤で遊ばせたいときにおもちゃになる

どこでも楽器は、子供向けの鍵盤でピアノとギター、ドラムの音が鳴り、子供にピアノの鍵盤で遊ばせたいときに便利です。鍵盤は、ボタンをタップして鳴らしたい音を選択します。

ピアノとギターとドラムの3種類を鍵盤で演奏できる

楽器はピアノとギターとドラムの3種類で鍵盤で演奏します。keyを選択すると子供は自由に音を鳴らせ、叩いた鍵盤の音が鳴るので楽器や音の違いを理解するのに役立ちます。

自動演奏機能は加速度センサーで置いたところが楽器になる

自動演奏機能は、playを選択します。加速度センサーが使われており、スマホを置いた場所が楽器になります。テーブルに置いた場合、テーブルを叩いた時に反応し録音した音が鳴ります。子供は夢中になり、音楽に興味を示すようになります。

どこでも楽器 のアプリレビューを投稿する

レビューを閲覧するには会員登録が必要です。

ドットアップス では、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

「どこでも楽器」スペック・仕様

開発者
SHIGEYUKI TAKAHASHI
リリース
2011年10月15日
サイズ
24.51 MB
価格
無料
ダウンロード

どこでも楽器の順位推移表

順位推移表が見つかりません

シンセサイザー(音響合成ピアノ)を演奏するのアプリが気になる方はこちらをチェック

シンセサイザー(音響合成ピアノ)を演奏するのアプリ一覧

ストアに接続中...

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。