編集部のおすすめポイント

  • 健康的な食事を食べてダイエットに挑戦しよう

  • 3週間で減量を目指してみよう!

  • 摂取したカロリーを計測することが可能

  • 目標を達成してより健康になろう

Lifesum: Diet & Macro Trackerのスクリーンショット

App Storeより引用
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその1
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその2
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその3
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその4
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその5
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその6
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその7
Lifesum: Diet & Macro Tracker | スクリーンショットその8

Lifesum: Diet & Macro Trackerの特徴・編集部レビュー

食事計画やカロリー計算をアプリ1つで管理OK!

あなたの毎日の食事やカロリー計算を管理して、健康的な生活をサポートします。簡単なテストを受けて、ケトンダイエットから炭水化物ダイエットまで、ライフスタイルに合ったダイエットプランを提案します。

消費カロリー・食べた物のチェックが一箇所で行える

自分が食べた物とそのカロリー、更には消費カロリーまで一カ所で管理することが出来ます。数週間に食べたもの等も見返すことが出来、様々なデータを比較することが出来ます。

面倒なカロリーや栄養情報の入力はバーコードスキャンで簡単に!

バーコードスキャンで栄養情報やカロリーをアプリに自動で入力できるから、商品パッケージを見ながら入力する手間が省けます。続けていくことで、毎日摂取したカロリーを管理することができます。

美味しいダイエットメニューを見つけられる

このアプリでは自身の食生活やパフォーマンス管理の他にも、専門家が考案した美味しいダイエットメニューも紹介され、適切な食事選びのアドバイスを受けることも出来ます。

食事メニューを改善!健康を取り戻すためのレシピを検索!

ケトン生成レシピや低炭水化物レシピなど、あなたの悩みに合わせたダイエットメニューを簡単に検索することができます。カロリーや栄養情報も掲載しているので、目標達成に役立てることができます。

食生活で反省すべき点がすぐに見つかる

一日の食事内容から、カロリーの算出はもちろんの事「タンパク質」「炭水化物」の過剰・不測の判定を行ってくれる機能が便利です。毎日チェックすることが出来るので、理想とのギャップを埋めやすく、課題を放置するリスクも低くなります。

おいしそうなレシピを探してみよう

ダイエットを行っていても何も食べなくてはすぐに挫折してしまいます。そこで、ヘルシーだけれどもおいしく食べられそうなレシピを探してみましょう。カロリーが記載されているので安心です。

栄養素に関する知識を深めよう!

健康的な肉体を手に入れるためには日々摂取している食品にどのような栄養素が含まれているのかを知っておく必要があります。炭水化物や脂質、たんぱく質を項目ごとに調べられます。

完璧な献立を立てることが可能!

あらかじめ献立を決めておけば食べるものに迷う心配がなくなります。レシピに合わせて必要な食材をリストアップすることができるので買い物に出かけた際に活用してみましょう。

Lifesum: Diet & Macro Tracker のアプリレビューを投稿する

レビューを閲覧するには会員登録が必要です。

ドットアップス では、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

「Lifesum: Diet & Macro Tracker」スペック・仕様

開発者
Lifesum AB
リリース
2008年8月3日
サイズ
197.81 MB
価格
無料
ダウンロード

Lifesum: Diet & Macro Trackerの順位推移表

順位推移表が見つかりません

美肌・薬膳レシピのアプリが気になる方はこちらをチェック

美肌・薬膳レシピのアプリ一覧

ストアに接続中...

をダウンロード

まだ会員登録してないかた

ドットアップスでは、毎日スマホゲームに関するお得な情報や、イベント情報をお届けしています。
登録して最新情報をいち早くGETしよう!!

利用規約をご確認、ご同意の上、「連携」を行なってください。